キングダム 信 矛
信が盾を持ち出す理由:麃公将軍は龐煖(ほうけん)に破れている. 紀元前236年、秦は趙に向かって進撃を開始しました。総大将はそして極秘裏の任務である趙の都、邯鄲の喉元、要衝の鄴の攻略に当たるのが完全なるスピード勝負の今度の戦い、信の武器に変化が起きました。そう、受け継ぎながら、今まで扱えなかった王騎(おうき)の矛を手にしたのです。 キングダムファン向け:キングダムに関する関連記事:この記事の目次 ですが、キングダムファンからは、戸惑いの意見も出ています。実際に、信も王騎の矛を握っては見たものの、まだ大きさに慣れてなく、むしろ、重さで戦闘力を殺しそうで  確かに今回の趙との戦いはラスボス級の総大将は王翦とはいえ、鄴を落す極秘任務を受けている信が王騎の矛とは、いささか背伸びが過ぎるのではないか?とも思えなくもありません。一体、原作者の原先生の意図は何なのでしょうか? しかし、よくよく考えてみると、信の手柄は背伸びの連続でした。王騎将軍の矢となって、趙の馮忌(ふうき)の首を切り落とした時は、たった100名の飛信隊で数十万の趙兵の只中をかいくぐるという相当に無茶な事をしていました。 そもそも、最初に信がついた任務は昌文君(しょうぶんくん)と壁(へき)くらいしか味方がいない弱小の秦王政(せい)を守り、王弟、成蟜(せいきょう)の王位纂奪計画を阻止する事でした。背伸びも背伸び、当時の実力者・ それが最近は、信も体格なども立派になり大将然と振る舞う事が多くなり、安定感はあるのですが初期のヒリヒリするような絶体絶命感は薄れてきたように思います。 今回の趙攻略戦は文句なしに今までで一番激しい戦いになるでしょう。飛信隊も新メンバーが大量に入りトラブルも起きそうです。今回の戦いでは、不慣れな王騎の矛でヒリヒリするような極限の戦いを繰り広げる、原点に戻った信が見られる気がします。 関連記事:関連記事: そして、今回、信が王騎の矛を使い始めたメインの理由は、紀元前236年、信が、武神・これは、根拠がない事ではありませんで、紀元前236年に趙は、燕を討つという記述があり、その総大将が龐煖なのです。 キングダム501話では、燕のオルド将軍が、秦に気を取られている隙に趙の北辺を掠め取ろうと侵入しています。これは、史実とは逆ではありますが、これで趙が龐煖を討伐に向かわせれば、キングダムと史実は合致するのです。 そして、信が激戦を繰り広げる鄴(ぎょう)は邯鄲(かんたん)の真下、史実によれば、龐煖はその近辺の鄣(しょう)まで戻ってきます。そこで戦争が起こるとは書いていませんが、そこで信と龐煖は、最期の最期で遭遇する可能性が大なのです。 その時、どのような武器で龐煖を討つかと言えば、それは因縁の王騎の矛しかありません・・  いや、待てよ、麃公のキャプテンアメリカみたいな盾もあったなでも、あれは受け継いではいなかったような気がする。さすがに、あの派手な盾は、使う人を選ぶよなぁ・・まあ、いずれにせよ、そういう事です。 以上の事からポイントを纏めてみると、王騎の矛は信に背伸びをさせギリギリ、ヒリヒリの戦いを思い出させる小道具としての役割と、対趙戦の終盤、燕との戦いから戻ってきた龐煖を王騎の矛で倒す為の伏線の役割を果たすのだと考えられます。 さあて、予想は当たるでしょうか? キングダムファン向け:キングダムに関する関連記事:関連記事:  &…三国志にも曹操… キングダム最新刊4……キングダムに登…始皇帝が死ぬと…コメント (1)トラックバックは利用できません。そはじめての三国志は「ゆるく」「たのしく」「わかりやすく」をコンセプトにした歴史エンタメメディアです。(®登録商標:第5800679号)Copyright © キングダム信が王騎から矛を受け継いだのはいつ何巻? 信が王騎から矛を受け継いだのはなぜ? 王騎将軍から受け継いだ矛を使い始めた場面ですが、この後に龐煖を倒すことになりましたので、この王騎の矛を使い始めた場面は龐煖を倒す伏線だったのかな? 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった! 紀元前236年、秦は趙に向かって進撃を開始しました。 総大将は 王翦(おうせん) 、副将は 桓騎(かんき) と 楊端和(ようたんわ… キングダムは下僕であった信が秦王・政と出会い、戦場で活躍して出世していく中華戦国のストーリーです。その主人公である信は、李信と名乗ることになり将軍に昇格することになりました。それだけ戦場で多くの活躍をしてきた李信ですが、この李信の活躍を支えてきた武器として王騎から受け継いだ矛があることはあまりにも有名です。この王騎の矛についてはペンや箸などで商品化されてきましたが、この信が王騎から受け継いだ矛はいつ何巻で使うようになったでしょうか?また王騎から矛を受け継いだのはいつ何巻のことなのでしょうか?こちらの記事では、キングダム信の王騎から受け継いだ矛についてご紹介していきます。最後までお楽しみください♪Contents王騎将軍から受け継いだ矛を使い始めた場面ですが、この後に龐煖を倒すことになりましたので、この王騎の矛を使い始めた場面は龐煖を倒す伏線だったのかな?なんて思います。王騎と麃公、そして摎を倒した龐煖を、王騎の矛で討ち取れたことは信にとっては嬉しいことだったでしょうね。— comic-search (@search_comic) まずキングダムの信ですが、六大将軍であった王騎が龐煖(ほうけん)に敗れて亡くなった時にその王騎将軍から矛を受け継いでいます。(単行本16巻 第172話「継承」)六大将軍というのは刻一刻と情勢や戦況が変化する中で、独断で戦いを展開することを許された将軍たちのことで、秦王・政は六大将軍を復活させると言っていました。それはさておき、王騎がなぜ信に矛を渡したのか?その点は定かではありませんが、王騎将軍は信に厳しい言葉を投げかけてもいましたが、その点は以下の肆氏(しし)の言葉が何かのヒントになるのかもしれません。それは肆氏が政の弟である成蟜(せいきょう)の反乱の味方をして敗れた後のこと。肆氏は信についてこんなことを語っていました。「半年前の反乱の失敗・・・時間をかけて検証し分析していくといくつか答えが出た両軍の将であった大王と成蟜の器の違いが最大の要因ではあるがそれとは別にこちらの計をことごとく粉砕した者がいる信じ難(がた)いことだが そいつはたった一人で朱凶 ムタ 左慈(さじ)を撃破した(中略)だが敗れた側だからこそ身にしみて分かることがあるあやつほど敵に回して厄介な者はいない―――」(単行本8巻 第84話「刺客急襲」)そして信に対して、王騎将軍もこう言って矛を信に渡します。「素質はありますよ 信」(単行本16巻 第172話「継承」)王騎将軍も成蟜の反乱の戦いを見ていましたし、信の活躍ぶりを見聞きしていれば、確かに信がいなければ政は危うかっただろうと思える場面は他にもありました。信は必ず将来に渡って活躍する武将になる―――そう王騎将軍は予見していたと言えるのかもしれません。(引用:キングダム)ただ王騎将軍の矛はとてつもなく重たいものでした。また信は当初は剣を使っており、矛は使い慣れていません。剣と矛では戦い方に違いがあるはずですが、まず信は王騎の矛を使う前に普通の矛を戦場で使っていくことになります。(単行本35巻 第372話「討伐軍出陣」)ここで四千人将になっていた信は、政の弟である成蟜(せいきょう)を救出すべく、壁将軍と合流します。この戦いから信は矛を手にしていて、次の373話「大いなる成長」では「受け継いだ王騎将軍の矛を使う準備に入っているんだ」と河了貂(かりょうてん)の口から語られることになります。(引用:キングダム)ただ信が使っていた普通の矛は折れる時が訪れてしまいます。上の写真がその場面ですが、黒羊の戦いで慶舎を追い詰めようとする時。その時に信の矛は折れることになってしまいます。(単行本44巻 第471話「執念の追撃戦」)ただ信は矛を使っている時に、その背に剣も携(たずさ)えていました。この戦いではその剣を手にして、敵将・慶舎を討ち取ることに成功していくことになります。 (引用:キングダム)そしてキングダムの信がとうとう王騎将軍の矛を使い始める時が訪れます。それは秦の鄴攻めが行われた灼熱(しゃくねつ)の始皇11年。鄴攻めを行う前に、信の元に政が訪れます。(単行本46巻 第499話「手にする想い」)そこで重たそうな一振りの矛を、政の一人の供の者が持ってきます。この供の者も大きな体をしていますが、それでも王騎将軍の矛を重たそうに持っています。それを受け取った信も、受け取った矛の重さに手が沈んだほどでした。それだけ重たい矛だけに、その威力はすさまじいものがありました。(引用:キングダム)そして戦場で実際に使う時が訪れます。(単行本47巻 第508話「山民族の剣」)このラストの方で、信は王騎将軍から受け継いだ矛を実戦で使い始めることになります。次の509話「矛の継承者」の回で、王騎将軍の矛のすさまじい威力が見られます!ただしかし王騎将軍の矛は、かなりの重量級。よく見てみると、信はこの矛を豪快に振り遅れています・・・「このクソ矛 重すぎだろ!!」ついつい信はそう叫んでしまいますが、のちに王騎将軍を討った龐煖をこの矛で討ち取ることになっていきます。この場面は第627話「道の行方」で描かれることになります。 日本初公開となる王騎の矛が長崎に届きました‼️デカイ!!圧巻です!!ランタンフェスティバル期間中、孔子廟でみることができます!!— 長崎ランタンフェスティバル2019キングダムコラボ【公式】 (@NagasakiKingdom) また王騎の矛は、その長さや重さはどのくらいだったのでしょうか?映画キングダムで使用されたものであれば、その長さや重さが判明しています。長さは4m。重さは30キロということになっています。→もしもこの矛を大沢たかお演じる王騎将軍が振り回して、龐煖(ほうけん)と戦う場面が映画に出てくるとすればどんなシーンになるのか?この点は非常に興味深いところです。皆様こんにちは!編集部に保管してあるキングダムの武器シリーズ第二弾は王騎の矛!先日最終日を迎えたキングダム展in佐賀でも展示されていました!非常に重く、しかも2m以上あります! — キングダム公式アカウント (@kingdom_yj) また王騎の矛は、映画で使用されたもの以外にも存在しているようです。編集部に保管してあると言われる上記のツイッターの王騎の矛は、長さは2m以上と記されています。また以下ツイッターの写真の王騎の矛は、持ち手の部分の色が少し違います。グッズもコースター、クリアファイル、マグネットなどまだ在庫があるものもございます。孔子廟では王騎の矛は変わらず大人気です!!— 長崎ランタンフェスティバル2019キングダムコラボ【公式】 (@NagasakiKingdom) このように様々な場所で展示されている王騎の矛。その長さや重さはそれぞれで違いがありそうですね。 /【フォロー&RTキャンペーン開催❗️】この投稿をRTした方の中から抽選でオリジナルグッズの※フォローもお忘れなく❗️— 映画『キングダム』公式アカウント (@kingdomthemovie) また王騎の矛はいくつかの形で商品化されているようですね。まず一つ目は王騎の矛ペン。これは映画キングダムの公開記念としてキャンペーンでプレゼントされていたようです。ちなみにコレは非売品のようです。今調べるとメルカリで売られているようですが、普通に売って欲しいですね♪普通に買うわ~。 「キングダム」とカップ麺のスーパーカップがコラボ、王騎の矛を模した箸当たる— コミックナタリー (@comic_natalie) そしてこちらも非売品のようです。王騎の矛箸(はし)!このキャンペーンは2020年の6月30日までだそうで、普段はカップ麺をあまり食べませんが、ここはいくつか食べてみようかな?と思います。ただ応募するにはレシートの画像が必要のようです。レシートは大切に保管するようにしましょうね。 わが家に家宝が〜— りか⚡️ (@ririrar26292622) ここまでキングダム信が王騎の矛をいつ何巻で受け継いで、いつ何巻で使ったかについてお伝えしてきました。王騎将軍から受け継いだ矛は大きさもありますが、かなりの重さがあり威力も抜群!今後もこの矛が李信となった信の活躍を彩っていくことでしょう。ただ矛と一緒に、信は漂の剣もその背に背負っています。王騎の想いと漂の無念を受け継ぎながら、これからキングダムの李信がどのような活躍を見せていくのか?そして今後はどのような武将と李信は出会い、別の武器を受け継ぐような展開が待っているのか?この辺りの展開も今後は楽しみですね♪それではここで、キングダム信が王騎から受け継いだ矛に関する考察を終わります。最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!!        ©Copyright2020