サペラヴィ ワイン グルジア

カヘティ地方 のムクザニ地区で造られる、 『ジョージア(グルジア)で最もメジャーな地区』 の赤ワインです。 選りすぐりの酵母から発酵された『サペラヴィ100%』で造られ、3年間オーク樽の中で熟成を … 商品情報、Q&A、レビューで回答を検索 有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 サペラヴィ種100%のやや重口ワイン。 ジョージア(グルジア)有数のぶどう栽培地域“カヘチ地方”アラザニで、遅摘みのサペラヴィ種100%を使ったやや甘口の赤ワイン。 明るいルビー色で、フルーティ&フレッシュな味わいです。

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、グルジア(ジョージア)ワイン サペラヴィ 陶器瓶 750mlを 食品・飲料・お酒ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。 この商品を購入した、Amazonコミュニティーのメンバーである出品者、メーカー、またはカスタマーが質問にお答えします。 質問を入力してください。

ジョージアワイン(グルジアワイン)専門店「カクイダワイン」公式通販サイトです。ユネスコ無形文化遺産に登録された8000年の歴史を持つ世界最古の「ジョージアワイン」。クレオパオラや楊貴妃を魅了したと言われるジョージアワインを輸入販売いたします。 世界三大美女と呼ばれる楊貴妃やクレオパトラも愛飲していたと言われるジョージアワイン。その歴史はフランスやイタリアなどよりも古く、ジョージアは「ワイン発祥の地」でもあります。そんなミステリアスな魅力に溢れたジョージアワインの特徴や、おすすめの銘柄を厳選して紹介します。あなたはジョージア(グルジア)のワインを飲んだことがありますか?グルジアはヨーロッパとアジアの境にある『旧ソビエト連邦』に属していた国で、『トルコ』や『アゼルバイジャン』などと隣接しています。日本では2015年より呼び名が変更となり、現在では『ジョージア』という名称で呼ばれています。ジョージア(グルジア)の位置する『コーカサス地方』では、一説によるとその歴史は現在ワインの産地としても知られている『フランス』や『イタリア』などよりも古く、今回は『ワイン発祥の地』として、現在人気となっている目次クヴェヴリ(Qvevri)とは、丸い大きな土壺でのことで内側はオーガニックの蜜蝋でコーティングされています。クヴェヴリを使ったワイン造りは伝統的かつ自然なもので、野生酵母に頼り添加物は加えません。地方によって製法は異なりますが、主要産地のカヘティでは、マラニ(Marani)と呼ばれるセラーで、サツナヘリ(Satsnakheli)と呼ばれる木製の槽を使ってぶどうを踏み潰します。クヴェヴリ製法で造られた白ワインは、黄金から琥珀色の色調を帯びたものに仕上がり、これがその味わいは、ナショナル・ワイン・エージェンシーによると、ジョージアには、525種の土着品種があり、国際品種の割合は僅か5%に過ぎません。土着品種が大半を占め、混植されている畑も多いため、品種ごとの栽培面積や生産量は把握することができません。ただ、全栽培面積のうち、サペラヴィ(Saperavi)は赤ワイン用の土着品種です。全土で広く栽培されており、東部のカヘティ地方が主要産地。ルカツィテリ(Rkatstelli)は東部のカヘティ地方の主要品種で、ジョージアにおける栽培面積は第1位。テーブルワインから高品質ワインまで幅広く造られます。その他、『約500種』以上のブドウ品種が現存している『唯一無二』な環境もジョージア(グルジア)の特徴です。氷河期の末期、今から約1万年前に現在のワイン用ぶどうの原種であるヴィティス・ヴィニフェラがカスピ海、コーカサス地方に出現しました。人類が食用に貯蔵していたそのぶどうが発酵し、偶然の賜物としてワインのようなものができたと推定されています。つまりジョージアは、以前はロシア語のグルジアと呼ばれていた国で、場所は※コーカサス地方:カスピ海と黒海に挟まれたコーカサス山脈とその周りを囲む低地からなる面積約44万平方キロメートルの地域。古来シルクロードの要所として栄えた世界文化の交差点。アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニアの3カ国は「コーカサス3カ国」と呼ばれる。気候は、冬も温暖と言われていますがそれは黒海沿岸やトリビシ周辺に限ったこと。国土の80%は丘陵地帯のため、夏は30度を超え、冬は氷点下に気温が下がることもある寒暖差差の大きい大陸性気候です。つまり、東部と西部では気候が全く異なり、おすすめのジョージアワインを厳選して紹介しましょう。カヘティ地方の白ワイン用の品種である『ルカツィテリ』と『ムツヴァネ』のブレンドにより、フレッシュで『白桃』のような瑞々しい味わいの辛口タイプになっています。カヘティ地方 のムクザニ地区で造られる、選りすぐりの酵母から発酵された『サペラヴィ100%』で造られ、3年間オーク樽の中で熟成を行います。深みのある色合いで、『凝縮した果実味』に力強い『タンニン(渋み)』と『滑らかな余韻』のあるフルボディタイプです。ジョージア(グルジア)の中部、『カルトリ地方』でブドウ栽培には『ビオディナミ農法』を取りれ、ナチュラルなワイン造りを行っています。品種は綺麗なオレンジ色で、『レモネード』のような甘やかで『濃密なコクと風味』のある力強いオレンジワインです。カヘティ地方の生産者『チョティアシュヴィリ』が『クヴェヴリ製法』で造る『オレンジワイン』です。土着品種の濃いオレンジ(褐色に近い)色合いで、その色同様に風味も『黄桃』や『マンゴー』のような『黄色い果実』の濃厚さが感じられます。また余韻に『程よいタンニン(渋み)』と『ビター』な味わいもあり、ジョージアで最も古いワイナリーの1つ自社畑のみで栽培された『サペラヴィ』100%を使用して、内側を『カシス』や『アメリカンチェリー』のような『濃い果実味』にサペラヴィ特有の『タンニン(渋み)』が溶け込んだフルボディタイプです。ジョージア東部にある赤ワイン用の土着品種『サペラヴィ100%』で、発酵にはベリー系の『赤い果実』のような酸と果実味のバランスが良く、『スパイシー』で『心地良いタンニン(渋み)』もある上品な味わいです。『ラチャ-レチフミ地方』という産地のワイナリー『フヴァンチカラ』の造る滑らかな果実味の『やや甘口』タイプですが、後味にアレクサンドゥレウリ種特有の『タンニン(渋み)』も感じられるコクのある味わいです。ワインの発祥とも言われるまた、近年人気となっている『オレンジワイン』も『ジョージア(グルジア)』が発祥で、今日『話題の生産者』達が造る『オレンジワインの礎』ともなっています。おすすめのオレンジワインも見てみる:樽による『発酵・熟成』されたワインとは一味違う、 詳しくは「今すぐチェック」からご確認ください。 ワイン発祥の地であるグルジア、今はジョージアと呼びますが、そこで作られるワインは他とは違う製法で作られていて、無添加で作られるグルジアワインは健康にも良く、肌にも良いと人気です。そのグルジアワインの特徴や歴史、おすすめのグルジアワインをご紹介します。 コーカサス地方にある国「ジョージア(グルジア)」。日本にいるとなかなか聞くことのない国名ですが、実はワイン発祥の地と言われている国なんです!今回はジョージアワインの歴史やおすすめの銘柄について紹介します。