ジョージア ワイン 料理

商品を探すタイプから探す産地から探すサイズから探す品種から探す価格から探す特集・ワインの読み物サービス公式アカウントご利用ガイド未成年者の飲酒は法律で禁止されています。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。 アンバーワインは、ジョージアで広く食されている牛の煮込み料理やラム肉から、ワインを合わせることが難しいとされている辛い香辛料を使ったインド料理や韓国料理、ダシを使った和食まで、合わせる料理の幅が広いのも大きな魅力。 飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。 ジョージアワイン(グルジアワイン)専門店「カクイダワイン」公式通販サイトです。ユネスコ無形文化遺産に登録された8000年の歴史を持つ世界最古の「ジョージアワイン」。クレオパオラや楊貴妃を魅了したと言われるジョージアワインを輸入販売いたします。 「ワイン発祥の地」として、近年注目度が急上昇しているジョージアワイン。今回はそのジョージアワインについて徹底解説!独自の醸造法やその味わい、代表的な品種などをご紹介します。目次ジョージアは、古来シルクロードの要所として栄えた東欧の南コーカサス地方に位置する国。北はロシア、南はトルコとアルメニア、東はアゼルヴァイジャン、西は黒海と接しています。1991年にソビエト連邦から独立し、日本では2015年にロシア語読みの「グルジア」から、英語読みの「ジョージア」に変更になりました。ワイン造りが始まったのは紀元前6000年頃。ジョージアのコーカサス山脈から黒海にかけての地域でワインが造られていたことが、様々な考古学者の研究によって裏付けられています。また「wine」の語源はジョージア語の「ghvivili(グヴィヴイリ)」にあるという説も有力視されており、ジョージアはまさに「ワイン発祥の地」と言えるのです。そんなジョージアワインが、近年世界的に大きな注目を集めている理由の一つが、「クヴェヴリ」による独自の醸造法です。クヴェヴリは、上記のような粘土でできた素焼きの卵型の壺のことを指し、多くの場合、綺麗に保ちやすくするために内側は蜜蝋でコーティングされています。大きさは造り手や用途により200〜3,500ℓまでと様々。また、クヴェヴリは先端が尖っており安定しないため、一般に「マラニ」と呼ばれるセラー内の地中に埋められて使用されています。ジョージア最大のワイン産地カヘティ地方の伝統的製法は、まずブドウを「サツナヘリ」と呼ばれる木製の桶の中で踏み潰し、果皮、果肉、果梗、種と共に果汁をクヴェヴリの中に投入します。その後、土の中にあるクヴェヴリは自然と低温に保たれるため、発酵と熟成がゆっくりと進行。5〜6ヶ月後、ワインを別のクヴェヴリに移すことで自然濾過を施します。その後、ワインをさらに熟成させるか、場合によってはそのまま瓶詰めします。この醸造方法はあまりにも手間暇がかかることから、19世紀には減少していたそうです。実際には、ジョージアワインの生産量の90%程は、「ヨーロピアンスタイル」と呼ばれるモダンな醸造方法で造られています。しかし、このクヴェヴリによるワイン造りが、2013年にユネスコの「無形文化遺産」に登録されたことで、独自の文化が再度見直され、徐々にクヴェヴリによる生産は増えてきています。クヴェヴリでは、白ワインと赤ワインの両方が造られますが、特に有名なのがクヴェヴリで造られる白ワイン。通常の白ワインとは異なり、白ブドウを赤ワインのように果皮や種と共に発酵するいわゆる「その名の通り、琥珀色がかった色調の濃い外観が特徴。ドライ・アプリコットやクルミ、茶葉やスイートスパイスなどの独特のアロマを備えています。また、ブドウの果皮や種から抽出されるタンニンなどのポリフェノールが多く含まれているのも特徴で、健康にも良いことが人気の理由の一つとなっています。アンバーワインは、ジョージアで広く食されている牛の煮込み料理やラム肉から、ワインを合わせることが難しいとされている辛い香辛料を使ったインド料理や韓国料理、ダシを使った和食まで、合わせる料理の幅が広いのも大きな魅力。これに目を付けた世界のトップソムリエたちがレストランで提供することで、アンバーワインの魅力が消費者に広まり、近年ますます脚光を浴びるようになっています。オレンジワインについて詳しくはこちら:クヴェヴリやアンバーワインと共にジョージアワインを知るための重要なキーワードになるのが、少なくとも525もの数があるジョージア固有の土着品種。ワイン用ブドウであるヴィティス・ヴィニフェラ種の起源もジョージアにあることが分かっており、ジョージアの土着品種の遺伝子が、世界中の全ての品種に関連性があるということも判明しています。この525の土着品種のうち、商業用に栽培されているのは40〜45種類ほど。中でも有名なのが、白ブドウ品種の「ルカツィテリ」と「ムツヴァネ」、そして黒ブドウ品種の「サペラヴィ」です。ジョージアで最も広く栽培されているブドウ品種。「梗が赤い」という意味を持ち、香りは控えめで、タイトでストラクチャーがある力強いワインが生み出されるのが特徴です。ムツヴァネは、白い花や桃などの黄色い果実のアロマが特徴的なアロマティック品種。綺麗な酸を備えたワインが造られ、ルカツィテリとよくブレンドされます。ジョージアの赤ワイン用品種の中で最も栽培面積が広い品種。「染料」という意味があり、果肉まで赤いのが特徴。強いタンニンと酸を備えた熟成能力があるワインを生み出し、著名なワインジャーナリストであるジャンシス・ロビンソン女史も、「偉大なブドウである」と称賛しています。山岳地帯が国土の80%を占めるジョージアには、10の栽培地域があり、18のアペラシオンが登録されています。その中でも重要なのは最大産地である東部の「カヘティ」地方と、西部の「イメレティ」地方です。ジョージアのブドウ栽培面積55,000haのうちの70%を占める最大産地が、東部に位置するカヘティ地方。登録されている18のアペラシオンのうち14がこのカヘティ地方にあり、白ワインで有名な「ツィナンダリ」や、サペラヴィのセミスイートワインが造られる「キンズマラウリ」などのアペラシオンを擁します。牛や豚のグリルなどのお肉料理やシチューなど、重厚な食文化があるため、長期間果皮や種と共に発酵した力強いアンバーワインや赤ワインが多く造られています。西部を代表する産地。カヘティとは対照的に、ハーブや野菜、鶏肉やクルミなど、軽めの料理が有名。イメレティではクヴェヴリは「チュリ」と呼ばれ、地上に設置して地上の開けた空間で使われることが多いのが特徴です。また、果皮や種の熟度が低いためマセラシオン(醸し)の時間を短くするため、軽やかでタンニンが柔らかく飲みやすいワインが造られています。ワイン発祥の地というオリジナリティ、独自の製法や多様な土着品種、そして料理との相性の良さから近年ますます注目を集めているジョージアワイン。ワイン好きの方はもちろん、これからワインを飲み始める方も、ジョージアワインを通して、ワインのルーツとその奥深さを味わってみてはいかがでしょうか。第8回J.S.A.ソムリエ・スカラシップ受賞。 グルジア料理(グルジアりょうり)は、南コーカサスにあり(2015年4月まで日本国政府が使用していた外名の)「グルジア」としても知られるジョージア国で日常的に食される食物(飲料)と食器によって形成される料理を中心とした食文化のことである。ジョージア国以外でも、ジョージア料理店はもちろん、ジョージア・ワイン店、ロシア料理店などでも食べられることがある 。 ワインが止まらない定番ジョージア料理 ジョージア料理の代表格といってもよいほどの定番料理がヒンカリである。 ひき肉・玉ねぎ・各種香草を混ぜて作ったタネを、小麦粉で作った皮で包んでゆでたもの … クヴェヴリ製法とは ジョージアワインの特徴と言えば、古代から伝わる「クヴェヴリ製法」でしょう。この製法は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録され、ジョージアでは、今尚、この製法は続いています。. ジョージア(グルジア)ワインの味わいや特徴. 商品を探す特集カートに商品が入っていませんあと お買い得情報タイプから探す産地から探す品種から探すサイズから探すクチコミ評価から探す価格から探すシーンから探すワイン関連グッズ・ ルトヴェリ(Rtveli)というブドウ収穫際は秋に行われます。収穫祭はとても重要な行事で、それぞれの家で栽培したザクロ、西洋ナシ、リンゴ、桃などもいっぱい出されます。ルトヴェリの間、早朝のブドウ園では収穫祭を祝う陽気な歌で賑やかになります。ブドウはゴドリ(Godori)という桜の木の枝で編んだ大きなバスケットで集めます。またこの時期はチュルチュヘラChurchkhelaという胡桃とブドウで作るお菓子を作ります。作り方はたくさんのクルミをつなぎ合わせて小麦粉をつけ、タタラ(Tatara)、と言うブドウジュースの中にいれては乾燥させ、またタタラに入れるという作業を繰り返してできあがります。ジョージアワインはアンフォラという陶器の大きな壺を地下に埋め、自然発酵させる伝統的な製法でクベヴゥリワインを作っています。カヘティ地域のワインの歴史は紀元前6千年までさかのぼります。クヴェヴリQvevriという伝統的で独特のワイン製法で行なわれています。アンフォラという素焼きの大きな陶器をマラニというワイン貯蔵庫の地下に埋めて、そこにぶどうを皮や場所によっては茎まで一緒に入れて醸造させるのです。添加物を加えず、できる限り自然に任せるその製法はオーガニックな有機ワインを作り出します。ただこの製法は現代のステンレスタンクなどで作る製法と比べて大変手間と費用がかかるため、世界で唯一ジョージアだけがこの伝統的な製法を守り続けています。しかしながら近年の健康志向やオーガニクブームもあり、評価が見直されているのも事実です。樽やステンレスで醗酵し保管する方法が一般的ですが、ジョージアではアンフォラと呼ばれる大きな素焼きの陶器を地面に埋めて作るクヴェヴリという製法で作られます。アンフォラで数か月間熟成させ、自然発酵のオーガニックで美味しいワインを作ります。最も古いアンフォラはフラミ(Khrami)山で見つかり、紀元前6世紀のものでした。たくさんのアンフォラが東部でも西部でも見つかりました。西部と東部は、形、製造、色と装飾に関して違いがある点も特筆すべき点です。西ジョージアのアンフォラはチュリ(Churi)と呼ばれています。スプラという伝統的な乾杯をするときは、タマダ(tamada)とういう乾杯の音頭をとり、全体を仕切る人が重要な役割を果たします。タマダをする人はには敬意をもって接します。タマダは宴会の雰囲気を作って乾杯し、色々な話題をつくり、詩を歌います。ユーモアセンスを持ち、伝統的な乾杯を守るのが良いタマダと言われます。コーカサス山脈の栄養豊富でピュアなミネラルウォーターによって作られる食材がジョージア料理の大きな特徴です。料理は多くのオーガニック野菜、スパイス、そして肉を使った料理が中心です。ジョージアのチーズ・パンー別名ジョージアのピザは、いくつかの地域のスタイルがあります。ジョージアのナショナル食料:特別な技術を用いて手で食べさせられられる汁が多い肉ゆで団子。ジョージアの小籠包。またそれを味見するために訪問客はここへ帰る。