マラソン 暑さ 対策

ゴールデンウィークに入り、最高気温が25度近くまで行くようになりました。 2020年に開催される東京オリンピック。オリンピックの開催時期は、7月中旬から8月中旬だ。これは、IOC(国際オリンピック委員会)によって決められていることで、開催時期を変更することはできないと言う。開催時期に関しては、放映権を獲得する巨大スポンサーの意向が大きく、巨大ビジネスとなっているオリンピックの開催時期は、資本主義の上で決まっているらしい。皆さんご存知の通り、この時期の東京は、猛暑の中の猛暑。外に立っているだけでも汗がにじみ出てきて、水分なしには命の危険すら感じる。さらに、ランナーにとっては、長距離を走ることは非常に厳しい時期だ。ちなみに俺も、なお、東京オリンピックのマラソンは、女子マラソン:8月2日にそれぞれ予定されている。招致段階では、マラソンのスタート予定時刻は7時30分だった。そこで、真夏に開催される東京オリンピックのマラソンにおける、暑さの対策について、どのようなことが行われているのかしっかり調べてみた。東京オリンピックのマラソンコースは、2018年5月に国際陸上競技連盟(IAAF)の承認を得て、正式に決定した。残り5kmからの上り坂が、選手たちにとっては非常にタフで、猛暑の中のコンクリートジャングルを走る非常に厳しいレースになりそうだ。皇居、東京タワー、浅草と、東京の観光名所を一通り押さえているコースだが、夏場の大会であり、坂もあることからタイムはあまり期待できなさそうだ。東京マラソンのコースにおける、スタート時刻7時30分からゴールが想定される10時頃までの気温については、多くの研究者が調査を行っており、気温の高さに警鐘を鳴らしている。このあたりは、毎日新聞のこちらの記事が分かりやすい。また、学会の全国大会のポスター発表で、マラソンを走っている時間帯の体感気温に近いMRT(放射熱を平均化した気温)を測定した発表があった。そのポスター発表の中の図は、こちら。マラソンコース上の各地点における、スタート予定時刻のMRTは30度そこそこだが、9時半ころには35度を超え40度近くに達している場所もあることが分かる。1984年8月5日のロサンゼルスオリンピックの女子マラソンにて、ガブリエラ・アンデルセン選手が熱中症か脱水症状か、ふらつきながらゴールしたシーンは、一度は目にしたことがあるのではないだろうか。大会組織委員会は、この暑さへの対策として、いくつかの方法を検討していた。大きくは、2つある。1.スタート時刻の変更2.路面の暑熱対策の2つだ。招致段階では、マラソンのスタート時刻は「7時30分」だった。が、少しでも涼しい時間帯に走る、ということでスタート時刻を「7時」に変更するように大会組織委員会が動いているようだ。2018年7月18日に、IOCに時刻変更について提案し、承認されたため、正式にスタート時刻が変更となった。朝ランをしている俺としては、思ったよ。「7時半も7時も変わらんよ。」と。真夏のこの時期、7時を過ぎると既に太陽がビルの上から照っており、強烈な紫外線を浴びながら走ることになる。どうせならば、19時スタートとか、朝5時スタートとかの方が良いのではないかと思った。朝5時だと、沿道の観客の数が少なくなってしまいそうだが、、、暑いアスファルトの上を走るマラソンにおいて、どうすれば選手や観客に優しい路面になるかについて、国は検討委員会を立ち上げていた。2015年に発足した検討委員会は、こちら。約1年半におよぶ検討によって、・遮熱性舗装:熱エネルギーを吸収しにくい塗料でアスファルトをコーティングする舗装・保水性舗装:気化熱による温度低下が期待できる、水を吸収しやすい素材を塗る舗装の大きく2つの方法で、マラソンコース上、マラソンコース近隣を舗装することに決まった。これらの舗装をほどこした路面を現地試走した際の資料は、こちら。これらの対策で、少しは体感温度を下げられる見込みはありそうだが、「まぶしい」「滑った」などの意見があったようで、実際に走ってみないと何とも言えないと思った。なお、東京都環境局の発表では、2020年までにマラソンコースに関わる136kmの路面の舗装を行うことになっている。現時点でも、100km以上は舗装されているようだ。東京オリンピックのマラソンについて、暑さの対策はいくつか行われていることが分かった。しかし、4年に一度のスペシャルな大会に標準を合わせている選手にとって、「マラソンの本番の気温は30度だからね。」との現実を突きつけられるとなると、非常に厳しいと言わざるを得ない。「暑さの中、自分の最高のパフォーマンスを発揮すること」は、「マラソンを速く走ること」とは、また別の課題のようにも思える。そもそもマラソンのシーズンって、秋から春先の涼しい、または寒い時期だ。マラソンは、冬季オリンピックの種目にした方が良いのかもしれない、とすら思う。アスリートにとっての最高の舞台、オリンピック。また、その裏にある放映権などをめぐる巨大ビジネスと資本主義。路面舗装などの地道な検討と、その工事を行うことで潤う施工業者。今回の調査では、オリンピックの華やかな一面に隠れた、影の部分を垣間見たような気がした。一市民ランナーとして、東京オリンピックでのマラソンが、史上最高のレースになって欲しいと思う。

37℃を超える猛暑の中、ベジタブルマラソンin彩湖(ハーフマラソン)を走りました。 暑さ対策をまったくせずに走ったので、本当に苦しいレースになりました。 第13回ベジタブルマラソンin彩湖。気温37℃を超える猛暑の中、なんとか完走しました。 | かめの歩みも千里 RUNNETに掲載された記事、大会データ、記録、写真、イメージを含むすべての無断転載を禁じます。 夏のマラソンは暑さ対策が必要.

暑さにやられて脚がケイレンしたり、体調が悪くなってリタイアせざるを得ない状況になる可能性も除外できません。 私の体験だと、気温が15℃以上の場合のフルマラソンは、こまめに給水や暑さ対策をしても脱水症状を起こすリスクが高くなります。 マラソンの暑さ対策はグッズだけじゃない!!! マラソン用として、暑さ対策以外でもたくさんのグッズが販売されています。 ですが、その前にまず対策できることを覚えておきましょう! 暑さを避ける. 熱い季節のマラソン大会で怖いのは熱中症。特に日差しのキツい日のランは要注意。自分で気をつけていても熱中症になるときがあります。熱中症にならないための対策と注意点をまとめました。 少し重たくなってしまいますが、ボトルポーチを装着して飲み物を携帯しながら走るのが良いと思われます。気温が高いとフルマラソンを走るには厳しすぎる条件ですので、自分で携帯した飲み物で早め早めに給水しつつ給水所も活用するのが手堅いでしょう。 2.路面の暑熱対策. このコーナーでは、ランナー同士が気軽に情報交換できるRUNNETの人気Q&Aコミュニティ 暑さによる負荷は、環境による避けるべき負荷です。

3人娘の親父がランニングを中心に、日々の出来事をそこはかとなく綴る。当ブログの記事は、リンクフリーです。最近のベスト:引用をストックしました引用するにはまずログインしてください引用をストックできませんでした。再度お試しください限定公開記事のため引用できません。