ラッセル クロウ 代表作

1.ラッセル・クロウのハリウッドデビュー作【1995年】 2.ラッセル・クロウの男気が光る、ハリウッド初主演作品!【1997年】 3.ラッセル・クロウがアカデミー主演男優賞を受賞した作品【2000年】 本作についてクロウは、「私が監督になるためにこの映画を選んだのではない、この映画が私を監督に選んだのだ」と語っています。彼にとっての渾身の一作、見逃すわけにはいきませんね!ライアン・ゴスリングと共演したアクション・コメディ映画『ナイスガイズ!』。
ブラドックとジョーの無敵コンビもかっこよくて、"サノバビッチ"を「最高だ!」と訳させる信頼関係ゆえのジョークを織り交ぜた会話は面白かった^^ (全体的に2人のジョークやユーモアはオシャレ。) ただひたむきに娘を愛した小説家の父親ジェイクを、ラッセル・クロウが好演しています。ラッセル・クロウが本格映画デビューをしてから20年以上、2014年に遂に映画監督デビューを果たしました。戦争に向かった3人の息子の行方を捜すために旅立つ農夫の物語で、自身が主演も務めています。オルガ・キュリレンコ、ジェイ・コートニー共演。

壮大なスケールの本作で、イギリス軍サプライズ艦の英雄的な存在であるジャック・オーブリー艦長を演じたラッセル・クロウ。その勇敢さだけでなく、ポール・ベタニー演じる親友の軍医との友情や少年兵士達との心の絆も織り交ぜて描き感動を与えてくれました。 守りたい人のために プライドを捨てて、世間に屈辱的な姿を晒し、自分の身を削ってまで戦う…そんな姿の中に本当の強さを垣間見れた気がします。 本作でラッセル・クロウはジャン・バルジャンの正体に気付くジャベール警部を演じ、珍しい歌声を披露しています。とても良かったです。

私立探偵マーチをライアン・ゴスリングが、示談屋ヒーリーをラッセル・クロウが演じ、凸凹コンビの二人のコミカルな掛け合いが大きな見所。ラッセル・クロウには珍しい痛快コメディ映画です。伝説的なモンスター映画を復活させてシリーズ化していくという、ユニバーサル・ピクチャーズのプロジェクト「ダーク・ユニバース」。そのの第一弾である『ミイラ再生』のリブート版が『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』です。 メインキャストの一人で、幼少期に母親が父親に殺されるのを目の当たりにした過去を持つ刑事「バド・ホワイト」を、ラッセル・クロウが演じました。いつの時代も乗り越えないと身に付かない能力を持つ者に出会った時には尊敬する者と妬む者が現れる。 ラッセル・クロウ(55歳)と言えば2000年にオスカーを受賞した「グラディエーター」が代表作ですが、 その他にも「la コンフィデンシャル」、「ビューティフル・マインド」、「インサイダー」等、特に1990年代後半から 2000年前半にかけて、オスカー・レースに絡む映画で好演し、ハリウッドのトップ男優のステータスを獲得していた存在。 映画『2003年に女優2005年6月6日、滞在中の2006年9月に亡くなった2010年5月、主演した『2001年に『いとこに大半の作品を ノーベル経済学賞受賞の実在の天才数学者、ジョン・ナッシュの半生を描く物語。 本作でラッセル・クロウが演じたのは悪を見つけて破壊する秘密組織を率いるヘンリー・ジキル博士。 目次 ラッセル・クロウの他の代表作は、「プルーフ・オブ・ライフ」(2000年)、「マスター・アンド・コマンダー」(2003年)、「シンデレラマン」(2005年)、「アメリカン・ギャングスター」(2007年)、「ワールド・オブ・ライズ」(2008年)、「ロビン・フッド」(2010年)、「ノア 約束の舟」(2014年)などがありま … ラッセル・クロウは、無法者ベン・ウェイド(クリスチャン・ベール)との出会いによって騒動に巻き込まれる牧場経営者ダン・エヴァンスを演じています。デンゼルワシントンとラッセルクロウ。この二人の演技は渋い。特にデンゼルワシントンの優しさが見えつつも時折見せる狂気。ただ、どこか双方ともに入り込んでしまう。個人的には終始ファンクやソウル中心の音楽が、エンディングにミドルにかわる時代の流れの表し方が好きです。全編ニューヨークロケを敢行したクライム・サスペンス。ニューヨークの麻薬王へと着々と登りつめて行くギャング(フランク・ルーカス)を虎視眈々と狙う刑事リッチー・ロバーツをラッセル・クロウが演じています。 こんにちは、北陸の厳冬にも負けない男、daimaです。(引用元 : Bertrand Russell: the everyday value of philosophy | Clare Carlisle | Opinion | The Guardian)さて、あなたはこの知的な顔つきの老人をご存知だろうか。そう、この人こそは1950年にノーベル賞を受賞した、20世紀を代表する知の巨人、バートランド・ラッセル卿(Bertrand Arthur William Russell 1872 - 1970)だ。ラッセルの業績は幅広く、中でもフレーゲの集合論の矛盾を … 『グラディエーター』などのラッセル・クロウが主演のみならず監督デビューを果たした人間ドラマ。第1次世界大戦中のトルコ・ガリポリの戦いに出兵し消息不明となった3人の息子たちを捜すべく、 … そして、そのボロボロな強さを 必死に支える奥さんも素敵でした。 数少ない、映画館で2回観たい映画。遺された娘の物語が、映像によって滑らかに語られていく様子はお見事。まだ観ていない方には是非映画館で見て頂きたい映画です。 『グラディエーター』に通じる屈強な兵士としてのロビン・フッドを、ラッセル・クロウが演じました。ビクトル・ユゴーが書いた不朽の名作小説を原作とする同名ミュージカルの映画版。 荒くれガンマンが集う田舎町で、ただ一人良識を守ろうとする牧師コートに、まだハリウッドではそれほど知られていないオーストラリア俳優であったラッセル・クロウが抜擢された作品です。マフィア同士の抗争で荒れ果てた1950年代のロサンゼルスを舞台に、元刑事を含む6人の男女が惨たらしく殺された「ナイトアウルの虐殺」事件を追う3人の刑事の物語。 ラッセル・クロウ (2001) ダニエル・デイ=ルイス (2002) ジョニー・デップ (2003) ジェイミー・フォックス (2004) フィリップ・シーモア・ホフマン (2005) フォレスト・ウィテカー (2006) ダニエル・デイ=ルイス (2007) ショーン・ペン (2008) ジェフ・ブリッジス (2009) 「非協力ゲームの均衡の分析に関する理論の開拓」でノーベル経済学賞を受賞した実在の数学者ジョン・ナッシュの実話に、映画的脚色を加えた物語。「暗号解読の強要」により精神が追い込まれて行く主人公ジョンを、ラッセル・クロウが演じました。ナポレオン戦争の真っ只中、海を超えて各国に侵攻していたフランス軍に果敢に挑むイギリス軍の無敗伝説を持つ艦長を描いた海洋アクション大作『マスター・アンド・コマンダー』。世界的なベストセラー小説の映画化で、『いまを生きる』の名匠ピーター・ウィアー監督が指揮をとりました。 リドリー・スコット監督による、帝政ローマ時代を舞台に、皇族らの確執に巻き込まれて将軍から奴隷に身を落とした主人公マキシマスの転落と復讐の物語。ラッセル・クロウが主人公を演じた同作品は、1億8000万ドルを越える興行的成功を収め、アメリカで「ローマ・ブーム」を巻き起こしました。真の天才にはそれなりの障壁があるんですね! 厳しい状況を生き抜いた実在のボクサーであるジム・ブラドックを、ラッセル・クロウが演じました。50年代の西部劇映画の傑作『決断の3時10分』のリメイクであり、ラッセル・クロウとクリスチャン・ベールが主演を務め大ヒットを記録しました。西部劇不遇の21世紀では珍しく、大衆に受け入れられた作品でもあります。 イングランドの獅子王リチャード1世の名の下、十字軍の兵士としてフランス軍と戦っていたロビンは、リチャード王の王冠を持ち帰る命を帯びた騎士ロバートの暗殺現場に遭遇。ロバートの遺言に従い、彼の剣をノッティンガムに持ち帰ることを約束するが……。 ただ一つのパンを盗んだ罪で19年服役した男ジャン・バルジャンが、司教との出会いで闇の底に沈んでいた心を救済され、過去を封印して市長にまで上り詰めるが……。 アメリカが大恐慌時代に突入する時代。華やかな経歴を持ちながらも年齢に勝てず、ライセンスを奪われてしまったボクサー、ジム・ブラドックは、家族を養うために怪我を隠して試合を続けるも、子供たちを手放さざるを得なくなり……。