嘉 風 休場
元関取・嘉風に引退報道が出ています。嘉風と言えば、右膝を6月に負傷してから回復せずに今場所は休場していましたよね。嘉風の引退報道は、この怪我が関係しているのでしょうか?また、日本相撲協会が9月12日に嘉風(尾車部屋)の引退を発表しました。通算成績649勝642敗30休(94場所)を誇る嘉風の急な引退報道。一体、嘉風を引退に導いた理由とはなんだったのでしょうか?嘉風は6月の大分合宿の際、また「右膝前十字靱帯(じんたい)損傷、右膝後十字靱帯(じんたい)損傷、右膝後外側支持機構損傷、右腓骨(ひこつ)神経まひ」との診断書を提出し、初日から休場していた。引用:6月28日に手術を受けていたものの、その後の治療に関して見通しが立っていないような状況だったといいます。引退報道が出た嘉風ですが、嘉風の師匠である尾車部屋の尾車親方は、嘉風から“引退したい”という連絡を受けたと言います。嘉風の様子を受けて尾車親方は、非常に悔しがっていた。土俵で散りたかったと思う」引用:と話しています。関取なら誰しもが土俵で散りたい!と願うはずです。それすらも叶わないとは、37歳で関取を引退することとなった嘉風。今後は「中村」親方を名乗り、引退は大変残念ですが、37歳という年齢も関係したのか、怪我からの回復も遅かった嘉風。嘉風の相撲はもう見ることができませんが、今ニュース知りました…本当にお疲れ様でした— きいこ (ノ´・θ・)ノ✨ (@music_smology) ウワーン— リエッス (@riessu) 嘉風関の引退、驚いています。— 小沢 公美子 (@suujo77) 改めていつも目が腫れて痛々しかったけど小さい身体でいつも全力なお相撲がみんな好きでした— 亜紀@ありがとう稀勢の里 (@1228qtsu1) 嘉風の引退を知り私の気持ちは迷子です。お疲れ様でした。いつも励みになる取り組みを見せてくれてありがとう — はな子 (@2_ik3) 嘉風の引退報道に対する世間の声を見ていると、嘉風はということがわかりますね。日本からそんな関取がいなくなってしまうのは、残念です。嘉風の引退報道の真相を探ってきました。嘉風の引退により嘉風ロスが始まっているようですが、今後どんな指導者になって後輩の指導に尽力してくれるのか、その活躍を見るのが楽しみです。まずは、怪我からしっかりと回復してほしいと思います。これからも元関取・嘉風を応援していきたいと思います。こんにちは!当サイトの編集者ハンターです。世の中の気になることを綴っています。こんにちは!当サイトの編集者ハンターです。世の中の気になることを綴っています。 友風 勇太(ともかぜ ゆうた、1994年 12月2日 - )は、神奈川県 川崎市 川崎区出身で尾車部屋所属の現役大相撲 力士。 本名は南 友太(みなみ ゆうた)。身長183cm、体重180kg、血液型はO型 。 最高位は西前頭3枚目(2019年9月場所、11月場所)。 十両嘉風は「右膝前十字靱帯損傷、右腓骨神経まひ」などの診断名で「現在リハビリ中であるが、今後の追加治療や治療期間に関しては 高安、左肘負傷で1カ月加療 嘉風は治療期間未定. 二場所続けて休場していたベテラン嘉風が引退を発表し、年寄 中村を襲名しました。前頭11枚目の名古屋からの連続休場で長年守った関取の座から幕下に陥落がほぼ確定していただけに、やっぱりか…という諦めと同時にあの気風のいい相撲がもう見られない寂し 二場所続けて休場していたベテラン嘉風が引退を発表し、年寄 中村を襲名しました。ただ、引退を決意するに至るまでに何があったのかがよく分からなくてなんとなくモヤモヤ感が残ります。好不調の波はありましたがまだまだ現役を続けると思われていた嘉風はなぜ引退することになってしまったのでしょう。名古屋場所が始まり、嘉風の休場の報をみたときは正直それほどの驚きはありませんでした。夏場所の成績も4勝11敗と元気がありませんでしたし。その後手術を受けたというニュースが出たときはちょっと驚いた。どこにどれくらいメスを入れるかにもよりますが、手術をすればそれなりの期間は養生が必要。年齢もいってるし大丈夫か??それでも嘉風のことですから、回復までの時間を見越した上でこの先も長く土俵に上がるために手術という選択をしたのだろうと思っておりました。休場理由として提出された診断書は『 右膝外側側副じん帯損傷 で2か月の治療を要する』でした。ただ、不思議なこともありました。今場所はお陰様で西の7枚目でした‼️名古屋場所前、尾車部屋は嘉風の出身地である大分県佐伯市で合宿を行いましたが、…手術を受ける人が合宿に参加するだろか…。そうは言いつつも、名古屋場所中は休場しながらも可愛い弟弟子の友風との愛のメッセージのやり取りが話題になったりしていたので、まさか次の場所で嘉風が引退しなくちゃならないほどのケガを負っているとは露ほども思いませんでした。これ読んでくださってるあなたもそうでしょ?秋場所直前。前頭11枚目の名古屋を全休したことで長年守った幕内から十両に転落してしまった嘉風が秋場所も全休と発表されて騒然となります。幕下陥落が確定的になってメディアに『嘉風引退か?!』の文字が躍り始めましたが、同時に名古屋場所前に受けた手術が前向きな意味合いのものではなかったことがおぼろげにわかってきました。どこの記事だったか失念しましたが、先々を見据えた手術じゃなかったことがほぼ確定(涙)秋場所を休場するにあたり、新たな診断書が提出されました。傷病名が多すぎてものすごい大けがだってことしかわからん!ただ、前十字・後十字の靭帯を損傷ってことは、ほとんど足がぶらんぶらんに近い状態です。土俵生活15年余りのベテラン嘉風が2場所連続休場の末に土俵に戻ることなく引退するかも?は騒ぐなって方が無理な一大事であります。本人が発表するまで「引退」とか言うな!とお怒りの方々も多くありました。確かにそうだ。もしかしたら幕下に下がってでも土俵に上がる決断するかも知れん。…2006年初場所の新入幕以来十両に落ちたこともなかった人に幕下に落ちても頑張って!なんて残酷なことは私はよう言わんかったけど…。ケガは6月の佐伯での合宿中に負ったものということが報道で分かりました。しかしいくら探しても『稽古中』の文字がありません。師匠の尾車親方も「嘉風は三重の病院で懸命にリハビリに励んでいるが膝が曲がらない状態」と悲しげに言うものの具体的にどういう状況でケガをしてしまったのかについて言及しませんでした。嘉風は引退を発表し、年寄中村を襲名しました。「先が見えないし年も年だし」ということでした。引退が発表されたことでいろんな報道が出ていますが、相変わらず具体的にどういう状況だったのかについては明らかにされていません。9月13日付のサンスポに出た記事に佐伯市長のこんなコメントがありました。16日に都内で嘉風の引退会見が行われる予定になっています。その席で嘉風はケガについての詳細を語るでしょうか。もしも語ることなく会見が終わるのだとしたら、嘉風にとって墓場まで持っていきたい裏事情があるに違いありませんね。【追記】嘉風の引退会見が行われ、その席上でケガを負った原因が明らかにされました。合宿地の佐伯市が行ったPRイベント中に渓流で膝を打ち付けてしまったことが原因とのことです。会見では何度も悔いが残ると口にした嘉風でしたが、引退発表から今までケガの原因を明かさなかったのはイベントに関わった人たちへの配慮があったのかもしれません。88話アップされました ええええ???そうきたか!!第88話アップされましたー!いよいよエモい!! 元関取・嘉風に引退報道が出ています。 嘉風と言えば、右膝を6月に負傷してから回復せずに今場所は休場していましたよね。 嘉風の引退報道は、この怪我が関係しているのでしょうか? また、年寄「中村」を襲名した嘉風の今後はどうなるのでしょうか?