天体写真 カメラ 安い
天体写真を撮影する機材でまずは手に入れたいのがカメラですね。でも初心者の内はどれが天体写真に向いているデジカメなのかわからないと思うので、私なりにおすすめな一眼レフカメラを3点ピックアップしたいと思います。 ?画面周辺部では星像の崩れはあるものの程度は良好。作例を色々見てみましたがニコン14-24㎜F2.8よりちょっと収差が目立つかなという所です。周辺減光はニコンと同じくらい。これで価格がニコンの半額ということを考えると驚異的な性能ですね。総じて良いレンズだと思います。星空の撮影にもってこい。ただ、これを使っているニコンユーザーは14-24㎜F2.8に浮気心が出てくるという話もちらほら聞くので、使い込むと細かな不満が出てくるのかな・・・(純正に目がいくのは常ですが)。でも、14-24㎜F2.8も完璧なレンズではないですよ。今年に2月にシグマより発表された14-24㎜F2.8という明るい広角ズームレンズ。スッペク的にはニコン純正と同じです。まだ何も詳しい情報はありませんが、長年定評のあるニコン純正、コストパフォーマンスに優れたタムロン製がすでにある中での発売なので、何かしら尖った性能があることに期待しています。Artラインですし。もし、純正以上の性能を発揮するのなら多少高くても使ってみたいです。ちなみに、シグマHPに作例が上がっています。これを見る限りなら結構良いかもしれませんね。このレンズは16㎜スタートなので上のレンズと比べると広角感は劣りますが、それでも16㎜は広いです。また、出玉レンズではないので丸枠フィルター使用可なのは便利ですね。このレンズは周辺部まで星像が良いとの評価が多いです。確かに作例を漁りましたが収差等はよく抑えられていると感じました。周辺減光や歪みも比較的穏やかとのとこ。ただ、逆光に弱くゴーストが激しいとの評価も多いです。近くに街頭などがある場合は困ることがあるかもしれません。なんだかトキナーって取っ付きにくいですよね。タムロンと同じくらいの価格なのでそっちに目が行きがちです。焦点距離12㎜という超広角でF2.8の明るいレンズです。魚眼ではないですよ。Laowaは中国のレンズメーカー”Venus Optics”が生産・販売しているレンズシリーズです。かなりの広角ですが歪みや周辺減光はかなり抑えているとアナウンスされています。ですが、開放F値では星像が甘く周辺減光も大きいとの書き込みもあったのでちょっと使うのが怖いレンズですね。まだまだ作例等が少ないです。ちなみに、マニュアルフォーカス。焦点距離14㎜の超広角なのにF1.8を実現した出玉レンズです。私はこのレンズを使用していますが、開放F1.8だと周辺部に収差が見られ星像が崩れます。ただ、そこまで目立たないです。また、絞ってF2.8にすれば周辺部まで星像は綺麗になります(ニコン14-24㎜F2.8の開放と同程度)。周辺減光や歪みはよく抑えられている。私はこのレンズを購入してからニコン14-24㎜F2.8で星を撮る機会がぐっと減りました。サムヤンは韓国メーカー。日本ではあまり知名度は高くありませんが、海外では星の撮影でメジャーなレンズとなっています。サムヤン14㎜F2.8は何よりも安い。しかも、開放F値でも周辺部で星像が良いことで定評があります。一方で、歪みや周辺減光が大きいようですね。また、個体差も大きいようで買ったけど片ボケだったという話も耳にします。この辺をどう捉えるか。ちなみに、出玉レンズ、マニュアルフォーカスです。これは先ほどのレンズの次世代に当たります。開放F2.4なので少し明るい。価格は倍以上になっていますが、歪みや周辺減光は大分改善されているようですね。開放時の星像も周辺部まで綺麗とのこと。全体的にブラッシュアップされているようです。上の旧製品よりも価格的な魅力は薄いですが、シグマ14㎜F1.8と比べれば安い。作例を見る限りシグマ14㎜をF2.4まで絞った時よりもサムヤンの開放F2.4の方が星像は綺麗な感じです。これも出玉レンズ、マニュアルフォーカス。Irixは聞きなれないメーカーですが、スイスのメーカーです。製造は韓国サムヤンと噂されています。たまに使っている方を見かけますが、まだまだ情報が少ないですね。歪みはかなり良く抑えられていると強調されています。一方で、レビューサイトの画像を漁ってみると、収差の影響で星像は結構崩れると感じました。ちなみに、マニュアルフォーカス。個人輸入すると大分安いみたい。カールツァイスのカッコ良いレンズ。マニュアルフォーカスです。このレンズで星を写すと全体的で良好であるものの、周辺部では多少星像が乱れるようですね。周辺減光はこの画角では平均的とのこと。使ったことがないのでアレですが、カールツァイスのレンズは性能以上の魅力を感じます。ただ、高い。焦点距離20㎜の広角でF1.4という明るさ。F1.4はF2.8よりも2段も明るいです。理論上ではiso6400のところをiso1600で撮影できることになります。ただ、開放F1.4では画面周辺部で星像は大きく崩れると言われます。1段絞りF2にすると改善はするものの星像はまだ若干崩れたまま。さらに1段絞りF2.8なら実用的かなと思います。また開放F値では周辺減光はかなり大きいが、歪みは平均的らしい。明るさと星像を天平にかけて使うようですね。考えて使うレンズです。焦点距離24㎜で開放F1.4という明るいレンズ。ただ、開放F1.4だと画面周辺部では収差の影響で星像は大きく崩れます。2段絞りF2.8くらいにすると実用的かなと。周辺減光も開放F値だと大きいらしい。20㎜F1.4と似た傾向。どれくらい星像の乱れを許容できるかですね。F1.4の明るさを生かしきれないのが歯がゆいです。また、24㎜は超広角ではないので日周運動による星の流れを考慮し、どうISO感度とシャッター速度を調整していくか自分で好みを考える必要がありますね。これも焦点距離24㎜で開放F1.4の明るいレンズです。これは先ほどのシグマよりも星像の崩れが少ないように思います。星像は開放F1.4でもそこまで大きくは崩れていない印象です。もちろん、絞るのが良いのでしょうが、なんとか開放付近〜F2でも使えそうな感じではあります。マニュアルフォーカスですが、星の撮影に強いレンズ。ただ、サムヤンは個体差で当たり外れがあるのが気になりますね。 ちなみに、今回は画角の点で省きましたが焦点距離35㎜のレンズは以下のものがあります。両方ともF1.4で明るいです。APS-C専用レンズだと明るい広角レンズが少ないです。その中でもトキナーのレンズがよく星空の撮影に使われています。フルサイズ換算約16-30㎜でF2.8通しで使用できます。16㎜なら十分広角感があり星空も大胆に撮影できますね。星像については開放F2.8では画面周辺部はやや緩めな印象だと感じました。絞ればある程度は改善するでしょうが、APS-C機はフルサイズ機に比べ高感度耐性が劣るので絞りたくないですよね。周辺減光は穏やか。フルサイズ換算約21-30㎜でF2通しで使用できます。先ほどのレンズよりも1段明るいです。それだけISO感度やシャッター速度に余裕が出ますね。開放F2だと画面周辺部の星像が崩れますが程度は少なくトキナー 11-20㎜の開放F2.8よりも良さそう。また、1段絞りF2.8にするとより星像の崩れは改善されるようです。周辺減光は平均的。換算約21-30㎜はそこまで広角ではありませんが、トキナー 11-20㎜よりも明るく写りも良いようです。これは迷いますね。ちなみに、今回は画角の点で省きましたが以下のものもあります。シグマはすごいです。上のレンズの中で使ったことがあるのが1本しかないのでおすすめも何もありませんが、とりあえずシグマ14㎜F1.8は良いレンズですよ。どれほど収差を許容するかによりますが、焦点距離14㎜で開放F1.8を使えるのは大きいです。歪みや周辺減光も少ない。また、F2.8まで絞ればキレが増します。そして、APS-C機ユーザーだと周辺部はトリミングになるので開放F1.8でも収差は目立たないと思います。F1.8ならフルサイズ機に劣る高感度耐性を補えますね。また、換算21㎜になり広角感も楽しめます。あと、評価の高いサムヤン XP 14㎜F2.4も試してみたいですね。このレンズがすごいという声がちらほら。気になります。でも、シグマ20㎜F1.4 Artもいいな。好きなレンズを選べば良いと思いますが、迷ったら高い方です。星空撮影のレンズはこだわり過ぎるとキリがありませんね!ある程度妥協も必要です!カメラ趣味を始めてしばらくはどうしても凡庸性の高いレンズであることを重視するのですが、もうレンズ沼の深みにはまった生存不可能な人だと少々の欠点は目をつぶっても目的に特化したレンズを買えますね。星景だとAFが要らないわけでMFしか作れない海外製のメーカーでも付け入るスキがありますね。星撮りと言いましても車で乗り付けて撮る分にはいいのですが、山に登って撮るとなるとあまり大きいレンズ(それを乗っける大きい三脚)はネックなわけでして、私がよく拝見するアルプスで星の写真を撮る人はサムヤンを使ってるみたいです(理由をはっきり聞いたわけではないですが)。Labattさんコメントありがとうございます!私はその典型かもしれません。最初はシグマ18-200㎜で満足していましたが、ついにはシグマ14㎜F1.8を手にしています笑アルプスで星を撮ってみたいです!サムヤンの人が多いのですね:)こんにちは!ブログを拝見しいつも楽しく勉強させてもらっています!ニコンマウントはレンズの選択肢が色々あって悩ましくも楽しそうですね!私は現在、キヤノンとソニーのシステムを使っていますが、D850がヤバいくらい気になってます。7R3も気になりますが、個人的に好きな写真家や作品がことごとくニコンの方の作品です。果たしてボディが良いのか?レンズが良いのか?ワイズさんのD850のレビューを心待ちにしています〜(笑alligator farmさんこんにちは、コメントありがとうございます!そこもニコンの強みだと思っています:)D850いいですよね、でも7R3も相当良いらしいですよね!二機とも次世代の先駆けになりそうなカメラですね!私はキャノンの方の写真が好きだったりします笑まだ品薄なようですが早めに手にしたいと思います笑今回の記事はとても勉強になりました!