女ともだち 柴門ふみ 原作 ネタバレ
女ともだちはあの人気マンガ家「柴門ふみさん」の作品が再ドラマ化されたもの! 高校時代から親友の女性2人はそれぞれの持つ女性としての悩みがあった。 ドラマや映画、漫画を楽しんでますか?ドラマは視聴率が言われるこんな時代だからこそVODで自分の好みで作品を楽しもう!ドラマや映画、漫画の情報・コラム配信メディア「UDIラボ東京」ドラマのあらすじやネタバレ情報、視聴率などをチェックしよう! 漫画原作のドラマ「女ともだち」のネタバレ・感想、あらすじやキャスト情報などを1話から最終回、最終話・結末まで紹介していきたいと思います!このドラマは、柴門ふみさんの漫画原作で、1983年から連載がスタートしているんですけど、TBS系列で1986年にテレビドラマ化も一度されている作品です!そんな「女ともだち」を2020年4月かたBSテレ東で原沙知絵さん主演で再度ドラマ化されます!それでは今回は新しくドラマ化される「女ともだち」についてと、原作漫画の感想などを紹介していきたいと思います!もくじ「女ともだち」の連載開始は1983年。今回のドラマ化では時代設定を令和にアレンジ。女の幸福(しあわせ)は、男によって決まるのだろうか。ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!» 原沙知絵、18年ぶり連ドラ主演…4月期ドラマ柴門ふみ原作「女ともだち」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース — きみすたすとりーと@撃ち抜けポピパ (@sazankuwata) DV離婚し、不感症だが大学の同級生との不倫関係をやめられないバツイチのシューズデザイナー。1980年代に多くの女性たちの支持を集めた柴門ふみさんの名作を令和となったこの時代によみがえらせる事は深いメッセージがあるように感じます。今回、セツという女性を演じさせていただく中で、私自身も人生とは、幸せとは何か、改めて考えるいい機会になりそうです。この作品を通して女性達が抱える現実的な悩みにも注目して頂き、多くの方々にも自分自身の人生と照らし合わせて考え、何か感じていただけたらと思います。セツの高校時代からの親友で、何度も浮気を繰り返してしまう夫を捨てきれない迷える主婦。柴門ふみ先生の漫画や映像化されている作品を見ていました。そして、芸能生活20年目のこの時期に、こういった作品、役柄に挑戦させていただくことは、緊張もありますし、楽しみでもあります。原さん、監督、スタッフさんに助けて頂きながら、一生懸命頑張りたいと思います。おそらくいつの時代も、これがリアルなんだろうなと胸が苦しくなります。もがいたり苦しんだりする中で、何かを見つけられるキッカケになればいいなと思っています。主人公セツの不倫相手。ちさとの夫で浮気を繰り返す売れっ子カメラマン。セツ(原沙知絵)と、ちさと(磯山さやか)は高校時代からの親友。今日もちさとの働くダイニングバーにやって来るセツ。セツの恋人でもあり不倫相手でもある平井保の妻に、二人の関係がばれてしまった。それなのに別れないと言う平井。セツの話を親身になって聞くちさとだったが、彼女自身は夫の不倫に悩まされていた。ちさとの夫は、売れっ子カメラマンのミツル。自分がいない間に家庭を乗っ取られる妄想に苛まれるちさと。新進のシューズデザイナー乾セツ(原沙知絵)が昼営業が終わった時間に、小野沢ちさと(磯山さやか)の働くダイニングバー『アミーゴス』にやって来る。席に着くなり白ワインを飲み干すセツ。親友のちさとは何かあったのだと察する。良いニュースと悪いニュースがあるというセツ。一つは取引先のイタリアメーカーからの引き抜きの話。もう一つは不倫相手の平井(袴田吉彦)との関係が彼の妻にバレたのだ。イタリア行きを迷うセツは、その話を平井にまだしていない。一度結婚に失敗しているセツは、ちゃらんぽらんな平井との関係に心地よさを感じていた。不倫男と別れるチャンスであり、一流になれるチャンスなのに決められないセツ。セツが仕事からマンションに帰って来ると部屋の明かりがついていた。平井がセツの誕生日を祝うために料理を作って待っていたのだ。特別に3つの願いを叶えてあげるという平井にセツは・・・。夜、眠れないちさと(磯山さやか)に蝉の鳴き声が聞こえるが、窓を開けると止む。隣のベッドは空のまま。翌日、アミーゴスに出勤したちさとはその話をするが、皆に一笑される。ロシア語の本を見つけたセツ(原沙知絵)は、また翻訳の仕事を始めようかと言うちさとに幸せな主婦が働き始めるには原因が、と勘繰る。浮気はしょっちゅうのミツルだったが、今度はちょっと違う気がすると言うちさとは、明日から実家の九州に帰っている間にミツルが女を連れ込むのではないかと言う想像に苛まれていた。ちさとが家に帰ると、ミツルは何事もなかったように帰ってきており、幸せなひと時が訪れるが・・・。妊娠検査薬の判定が陽性で悩むセツ(原沙知絵)は、産婦人科の前を通りかかったが素通りする。一方、ミツル(竹財輝之助)から衝撃の告白を受けたちさと(磯山さやか)はショックから立ち直れないでいた。そんな二人は、いつものようにアミーゴスへ。ちさとはシフトが入ってないのでくつろいでいる。カウンターには波子(おのののか)という綺麗な女が座っていて、登良松はうきうきとたくさんの料理を並べていた。最近嫌な夢を見てよく眠れないと言う波子は、昔、医者の卵に人生最悪の振られ方をしたと言う。ついつい聞き耳を立ててしまっていたセツとちさとは波子の食べきれない料理をシェアしながら話を聞くことに。ところが、波子から22回プロポーズされたことがあると聞いて度肝を抜く。そんな波子を振った男とは・・・?産婦人科で妊娠を告げられたセツ(原沙知絵)は、アミーゴスを訪れる。ちさと(磯山さやか)がいれてくれたいつものワインに手をつけられずにいると、登良松(八十田勇一)が料理を出してくれるが、吐き気を催し、トイレに駆け込む。心配してやって来たちさとはセツの妊娠に気づく。平井(袴田吉彦)に話したのか尋ねるちさとに、自分以外の男に愛情を注ぐのが許せないから「男なら堕ろせ」と言われたと答えるセツ。怒ったちさとは平井に電話すると言い出す。電話に出た平井は能天気な調子で答え、ますます激昂したちさとは・・・。アミーゴスには、ちさと(磯山さやか)の出版社時代の元上司・裕美子(渡辺真起子)がやって来ており、ちさとにロシア語の翻訳の仕事を依頼していた。夫のミツルが1週間帰ってこず、一度はチー助(鳥越壮真)を連れて出ていく決意をしたちさとだったが、帰ってきたミツルと鉢合わせ、上海に出張に行っていたと土産のスカーフを渡され、うやむやになってしまう。アミーゴスで仕事中に、もらったスカーフをしているちさとを見てセツ(原沙知絵)はまだ惚れてる証拠と笑う。ところが、そのスカーフが大問題に・・・。今日もアミーゴスを訪れているちさと(磯山さやか)の出版社時代の元上司・裕美子(渡辺真起子)は、不倫問題に揺れるセツ(原沙知絵)とちさとを笑うが、必殺仕事人に見える裕美子にも恋愛に夢中だった頃があるという。裕美子は黒歴史と自嘲するが、王子様を待つシンデレラのように15年も元恋人が探してくれるのを待っていた。行き先を知らせずに引っ越し、転職して文言の編集者になった裕美子は、いつでも渡せるように自分が編集した『初恋』という本を持ち歩いていた・・・。産むか生まないか決められず、悩みながら歩いていたセツ(原沙知絵)は、マミ(凛美)を見かけて思わず駆け寄るが人違いだった。一方、小野沢家には右手に怪我をしたミツル(竹財輝之助)が帰ってくるが、理由を聞かないちさと(磯山さやか)。手当てをしながら、ミツルのいる日常に幸せを感じる。そんなちさとに「自分はどうしていい夫になれないのか」というミツル。そんな頃、ちさとのいないアミーゴスにミツルの浮気相手チャコ(片山萌美)がやって来る。ちさとを探す様子に亮(須賀健太)は・・・?昼過ぎのアミーゴス。ちさと(磯山さやか)は、セツ(原沙知絵)に出て行ったきり帰ってこないミツル(竹財輝之助)の話をしていた。セツはミツルの浮気相手を殴ってやりたいと憤る。アミーゴスにはランチ中の章子(上地春奈)がいて、二人の話を聞いており、一番悪いのは相手の女ではなく、男ではないかと言う。34歳で妊活したい章子は、客観的にはいい夫に見える光一(飛永翼)との関係に悩んでいた。セツとちさとは流れで章子の話を聞くことになり・・・。ちさと(磯山さやか)のことを気にしながらアミーゴスを覘いたセツ(原沙知絵)がちさとと見間違えたのは七海(森田涼花)の親友の礼子(小島藤子)で、お金を取られて男に捨てられたと言って大騒ぎを始める。七海はその男を探し出し、礼子の代わりに会ってお金を返してもらうよう交渉するという。他人の恋のいざこざは蜜の味。セツはちさとを誘ってその交渉に立ち会うことに。ところがやって来たのはその男の同僚の小森(市川知宏)だった。イケメンサラリーマンの小森に漫画家志望の彼氏と同棲中の七海はボーっとなり、誘われた飲みについていくが・・・。セツ(原沙知絵)が交差点で信号待ちをしていると、誰かに背中を押される。犯人に心あたりのあるセツは平井(袴田吉彦)に電話をかけ、ふたつめのお願いとして、あることを聞く。そして、駅で待ち伏せするのだが・・・。一方、ミツル(竹財輝之助)の帰ってこない小野沢家では、学校へ行く支度をしているチー助(鳥越壮真)が「パパは?」としつこく聞いてくるので、「うるさい」と怒鳴りつけてしまうちさと(磯山さやか)。夜も眠れないちさとは、未練がましく取っておいたミツルのパジャマを洗濯する。アミーゴスで「人生やり直すなら一人でやり直す」と宣言するちさとは、セツに「夜、付き合ってほしい」と頼んで・・・。開店準備中のアミーゴス。七海(森田涼花)が窓を拭いていると押しのけるようにしてセツ(原沙知絵)が泣きながら入って来る。時を同じくしてちさと(磯山さやか)も「聞いてよ~」と泣きながらやって来る。ミツル(竹財輝之助)が帰ってきて喜ぶチー助(鳥越壮真)は、ちさとのためにミツルと二人で朝食を作るが、絵空事の幸せそうな食卓が耐えきれず、飛び出してきたのだ。一方、セツは、平井(袴田吉彦)の姪、マミ(凛美)から、平井の妻の妊娠を告げられ、ついに平井に別れの電話をしたのだと言う。これからどうなってしまうのか、亮(須賀健太)と七海が途方に暮れていると、あろうことかミツルと平井がちさととセツを探して次々にやって来て・・・。通勤途中、昔の恋人の残像を見た亮(須賀健太)は自転車から転んで怪我をする。アミーゴスで、亮の手当てをするちさと(磯山さやか)とセツ(原沙知絵)は、亮の話を聞いて、実は亮がゲイだったことを知る。流産したセツは平井(袴田吉彦)と別れ、イタリア行きを決めていた。一方、ちさとはどっちつかずのまま。予感通り、元彼、祐太(和合真一)と再会した亮は、祐太の口から彼が結婚したと聞かされる。それを祝福する亮だったが、後日、アミーゴスに祐太がその相手を連れてきて・・・。前回のドラマ通りなら、セツは妊娠してしまいます。不感症でありながら妊娠をした事に本人も驚きの様子。そして、イタリア行きを決意するのですが、そこでまたトラブルが発生してしまいます。2020年版のドラマ「女ともだち」はどうなっていくのか!1話:あなたの星を買いませんか今回、再ドラマ化にあわせて、改めて読み返してみると、精一杯強がって生きるヒロインが、「東京ラブストーリー」や「恋する母たち」の登場人物たちの原型であったのだと、気づきました。また、この40年で女性の置かれた環境は大きく変わりましたが、男と女の意識のすれ違いや不倫トラブルは変わらないものだと、改めて感じております。いつの時代も変わらない女性の純情と強がりを味わっていただければ、と思います。昭和感があり、絵も古いです。そんな女性の葛藤を描いている感じです。もう少し自分を大切にして生きてほしいですね。これだけたくさんの話、たくさんの登場人物があって誰にもどこにも共感できなかったことにビックリ。私とは違う考えの人物ばかりでした。絵について…会話中の人物の座ってる位置が逆になってるコマ時々あります。わざと?だとしたらどういう心理描写なのか謎。ひと(特に女性)の思惑、嫉妬、羨望がうまく出ていると思います。今はそういう感情をきれいに隠した方がかっこいいのかしら。お話はたくさん長く続くようですが、1つ1つは短い区切りで進んでいくのでしょうか??これならめちゃコミでも読みやすそう。先が気になる!みたいな読み方じゃなくて、少しずつ読みたい感じです。いいおばはんになって、なんとなく無料だったし、内容どんなだったか忘れたなぁなんて思いつつ読んだが、、、時代の感覚の違い?自分が年とったのも、もちろんあるが、なんだか全然面白いと思えなかったどの話も世の中を妬んで拗ねた主人公ばかりで、読み進めるごとに疲れました。ドラマ「女ともだち」はひかりTVと、ネットもテレ東で全話配信されるかと思われます。見逃し配信はTVerで配信されると思うので、TVerで楽しめるのは嬉しいですね!もう、本当に怨みのように言ってしまいますが、「絶メシロード」がTVerで配信されていないのは悲しくて仕方ないですし、残念で仕方ないです・・・。何はともあれドラマ「女ともだち」はTVerで配信されると思います!放送局や日時も紹介しておこうと思います。■ テレビ大阪それでは二度目のドラマ化となる「女ともだち」を楽しみましょう! 希空ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています!