巡業 力士 食事
 相撲部屋では力士の体を作っていくために、食事の内容や回数がうまく工夫されていることがわかりますね。力士は食事量も多いですが、それを消費するほどの激しい稽古をしているので、見た目の印象より筋肉量がとても多いです。「この力士細いな~」と思っても、実際体重を聞くと、100kgもあったりします。しっかり食べて、稽古して、どの力士も強くなっていって欲しいですね!相撲巡業の1日のスケジュールと楽しみ方!サインを貰うタイミングはいつがい...相撲で土俵に塩をまく理由は何?大量にまく力士は誰? 力士の食事 食シーン集【飯旨シーン】Meal of sumo wrestler Mukbang gracie platt. 相撲取りの食事の回数は2回、それが一般人にとっても良いことなのか危険なことなのか?力士がどうして2回なのか、一般人がマネするとどうなるのか?お伝えしようと思います。3食が良いなんて誰が決め … 相撲ライターが聞いた力士たちの食事エピソード! 相撲部屋で出される2回の食事以外にも、体を大きくしたい力士や、お腹が減ってしまう力士は、間食や夜食を食べたりしています。 巡業先などで外食をする機会も多いのです。 前回の記事の続きです。勧進元はとにかく、過酷なスケジュールの中、巡業に参加される全ての力士の方がせめて前夜だけでもゆっくりと体を休めることが出来るよう願いながら宿泊先のホテルを手配します。客室内の狭いユニットバスではなく広々とした温泉に入ってほしいなとか美味しい食事で充電してほしいなとか。今回は力士の方々のホテル事情についてさらにご紹介してみたいと思います。目次巡業ではそれぞれの開催地に1週間ほど前から先発の親方や行司さんが現地入りして準備を進めて下さいます。主に親方は開催地の有力関係者への挨拶回り、行司さんは会場や宿泊先の部屋割りなどを担当されます。宿泊先として手配するホテルはたいていビジネスホテルのようにほぼ全ての部屋が同じような広さや構成になっていますが、その部屋が何階なのか?エレベーターから近いか?などを考慮された上で行司さんが全ての部屋割りを決定します。このあたりについては勧進元がいかに良かれと思って手配していたとしても、現場を良く知る行司さんの心配りにはかないません。全てお任せになってしまうのが現実です。かつては部屋割りをホテルのフロントやエントランス付近に相撲字で四股名が書かれた半紙が貼り出されていた時代もあったようですが、最近ではそのようなことはしないようです。他の一般客の方が泊まられている場合はもちろん、完全貸し切り状態のホテルであってもそうみたいですね。やはり個人情報保護の時代と言えるのではないでしょうか。とは言っても総勢で最大280名ほどの力士や協会関係者の部屋割りをする作業は大変なことだと思いますし、部屋割りが貼り出されていないので、各自がフロントで部屋を逐一確認しなければならないので到着早々大変なことだと思います。こればかりは誰のせいでもありませんし、怪我などをされて巡業を休場することになった力士の方も心を痛めているでしょう。そして、お目当ての力士が休場すると分かれば巡業を見る楽しみが減ってしまうというお客さんもいらっしゃることでしょう。もちろん、勧進元にとっても休場者が増えるのは決して嬉しい話ではありません。なぜなら手配していた宿泊先の部屋をキャンセルしなければならないからです。たいていのホテルではキャンセルポリシーとして約1週間前までのキャンセルでしたらキャンセル料は発生しません。しかし、ほぼ全館を貸し切り状態で予約していると・・・結局、貸し切りになっていないホテルの数室をキャンセルして貸し切りホテルに回ってもらうことになり、キャンセルせざるを得なくなったホテルについては今後のことも考えて迷惑を掛けないようにしなければいけません。このあたりはまさに大人の事情が複雑に絡み合うところで、避けられるものなら避けて通りたい難題だと言えます。巡業に参加する力士一行が無事ホテルに到着して各自がチェックインを済ませると、やがて夕食の時間が訪れます。この夕食については、一般成人男性の夕食と同じ程度で構わないと協会から言われているのですが、そもそも一般成人男性の夕食と同じ量で本当に良いのか?ご飯のおかわりがあった場合にどうするのか?おかわり自由とした場合、どれだけのご飯を用意しておくべきなのかも含めて食事の量については本当に難しい問題となります。もっとも満腹になるまで好きなだけ食べて下さいと言おうものなら食事代がどれぐらいの金額になってしまうのか、想像すると怖い話になってしまいます。テレビでよく見るようなフードファイター並に大食漢の力士がいるかもしれませんし、体が完成しているからほどほどの食事量で問題ないという関取もいることでしょう。このあたりについては、わたしも勧進元として体験してみないと分からないことですが、「ほどほど」というレベル調整を考えると非常に頭の痛い話です。このあたりは本当に力士それぞれとしか言いようがありません。ただ、勧進元の立場からすると、せっかく来ていただいたからにはある程度満足してもらいたいという気持ちが全てです。食事の話についてはまだまだ書きたいことがありますので、次回に続きます。ブログランキングに参加しています!シェアするフォローする 力士の巡業前夜の過ごし方~力士の泊まる部屋と食事; 閑話休題 横綱の存在; 一度は試してみたいお茶屋さんのコストパフォーマンスは? 土俵設営の業者さん; 巡業当日の力士の昼食; 力士の巡業前夜の過ごし方~宿泊施設の手配; 吊り屋根の設置を検討 Is your theme custom made or did you download it from somewhere?A theme like yours with a few simple tweeks would really makeI downloaded my theme(simplicity2) and skin(simple-ultramarine).Thank you for your reading my blog! 前回の記事の続きです。勧進元はとにかく、過酷なスケジュールの中、巡業に参加される全ての力士の方がせめて前夜だけでもゆっくりと体を休めることが出来るよう願いながら宿泊先のホテルを手配します。客室内の狭いユニットバスではなく広々とした温泉に入ってほしいなとか美味しい食事で充電してほしいなとか。今回は力士の方々のホテル事情についてさらにご紹介してみたいと思います。目次巡業ではそれぞれの開催地に1週間ほど前から先発の親方や行司さんが現地入りして準備を進めて下さいます。主に親方は開催地の有力関係者への挨拶回り、行司さんは会場や宿泊先の部屋割りなどを担当されます。宿泊先として手配するホテルはたいていビジネスホテルのようにほぼ全ての部屋が同じような広さや構成になっていますが、その部屋が何階なのか?エレベーターから近いか?などを考慮された上で行司さんが全ての部屋割りを決定します。このあたりについては勧進元がいかに良かれと思って手配していたとしても、現場を良く知る行司さんの心配りにはかないません。全てお任せになってしまうのが現実です。かつては部屋割りをホテルのフロントやエントランス付近に相撲字で四股名が書かれた半紙が貼り出されていた時代もあったようですが、最近ではそのようなことはしないようです。他の一般客の方が泊まられている場合はもちろん、完全貸し切り状態のホテルであってもそうみたいですね。やはり個人情報保護の時代と言えるのではないでしょうか。とは言っても総勢で最大280名ほどの力士や協会関係者の部屋割りをする作業は大変なことだと思いますし、部屋割りが貼り出されていないので、各自がフロントで部屋を逐一確認しなければならないので到着早々大変なことだと思います。こればかりは誰のせいでもありませんし、怪我などをされて巡業を休場することになった力士の方も心を痛めているでしょう。そして、お目当ての力士が休場すると分かれば巡業を見る楽しみが減ってしまうというお客さんもいらっしゃることでしょう。もちろん、勧進元にとっても休場者が増えるのは決して嬉しい話ではありません。なぜなら手配していた宿泊先の部屋をキャンセルしなければならないからです。たいていのホテルではキャンセルポリシーとして約1週間前までのキャンセルでしたらキャンセル料は発生しません。しかし、ほぼ全館を貸し切り状態で予約していると・・・結局、貸し切りになっていないホテルの数室をキャンセルして貸し切りホテルに回ってもらうことになり、キャンセルせざるを得なくなったホテルについては今後のことも考えて迷惑を掛けないようにしなければいけません。このあたりはまさに大人の事情が複雑に絡み合うところで、避けられるものなら避けて通りたい難題だと言えます。巡業に参加する力士一行が無事ホテルに到着して各自がチェックインを済ませると、やがて夕食の時間が訪れます。この夕食については、一般成人男性の夕食と同じ程度で構わないと協会から言われているのですが、そもそも一般成人男性の夕食と同じ量で本当に良いのか?ご飯のおかわりがあった場合にどうするのか?おかわり自由とした場合、どれだけのご飯を用意しておくべきなのかも含めて食事の量については本当に難しい問題となります。もっとも満腹になるまで好きなだけ食べて下さいと言おうものなら食事代がどれぐらいの金額になってしまうのか、想像すると怖い話になってしまいます。テレビでよく見るようなフードファイター並に大食漢の力士がいるかもしれませんし、体が完成しているからほどほどの食事量で問題ないという関取もいることでしょう。このあたりについては、わたしも勧進元として体験してみないと分からないことですが、「ほどほど」というレベル調整を考えると非常に頭の痛い話です。このあたりは本当に力士それぞれとしか言いようがありません。ただ、勧進元の立場からすると、せっかく来ていただいたからにはある程度満足してもらいたいという気持ちが全てです。食事の話についてはまだまだ書きたいことがありますので、次回に続きます。ブログランキングに参加しています!シェアするフォローする