徳 勝龍 ニュース

中学からは中学卒業後は相撲の名門校でもある大学4年生のときに木瀬部屋に入門し、東前頭16枚目に番付を落とした2019年初場所は西十両4枚目で迎え、一進一退の末、千秋楽に負け越し。翌春場所は運良く番付が据え置かれ、9勝6敗と勝ち越して再入幕を濃厚にした。しかし、再入幕を果たした夏場所は序盤は2勝2敗だったが、翌5日目から5連敗で9日目の時点で早くも7敗と崖っぷちに追い込まれる。以降も調子が上がらず、11日目に錦木に突き落とされて負け越しが決定。さらに13日目の佐田の海戦はあっけなく寄り切られ10敗目。これで、1場所で幕内の座を明け渡すことが決定した。この場所は結局4勝11敗と大敗を喫した。なお、千秋楽の嘉風戦は寄り切りで勝利したが、嘉風は場所後の6月、出身地の大分県佐伯市のプロモーションイベントのキャニオニングで右膝に重傷を負い、翌名古屋場所を全休。秋場所中に引退したため、嘉風の現役最後の相手となった。名古屋場所は十両筆頭に番付を落としたが、初日から3連敗。その後一度も白星が先行することはなく、7勝8敗と負け越し。 秋場所は東十両3枚目で臨み、先場所同様初日から3連敗を喫したが、中盤に4連勝するなど盛り返し、7勝7敗で迎えた千秋楽、すでに十両優勝を決めていた勢を寄り切り、3場所ぶりの勝ち越しを決めた。西十両筆頭に番付を戻した九州場所は、序盤こそ1勝5敗と躓いたが、そこから盛り返し、7勝7敗で迎えた千秋楽に翔猿を寄り切って2場所連続の勝ち越しを決め、再入幕を濃厚にした。これで翔猿戦は6戦6勝である。 德勝龍 誠(とくしょうりゅう まこと、1986年〈昭和61年〉8月22日 - )は、奈良県 奈良市出身で木瀬部屋所属の現役大相撲力士。 本名は青木 誠(あおき まこと)。身長181cm、体重188kg。 最高位は西前頭2枚目(2020年3月場所)。令和2年1月場所幕内最高優勝。 医療情報サイト「時事メディカル」が伝える最新の医療ニュースに加え、気になる慢性疾患や流行中の感染症など時宜にかなった情報を日々、紹�

幕内の番付で最下位に位置する西前頭17枚目の徳勝龍(33=木瀬)が、初優勝を果たした。千秋楽の取組を写真で振り返る。--千秋楽の中入り後取… (C)2020,Nikkan Sports News.

大相撲初場所の千秋楽が26日、東京・国技館であり、西前頭17枚目の徳勝龍(33)=本名・青木誠、奈良県出身、木瀬部屋=が初優勝を果たした。

お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはここからこのサイトのナビゲーションですここからこのページの本文です<大相撲初場所>◇千秋楽◇26日◇東京・両国国技館幕内の番付で最下位に位置する西前頭17枚目の徳勝龍(33=木瀬)が、初優勝を果たした。千秋楽の取組を写真で振り返る。SponsoredPR夏の思い出を中心に、力士たちが個性豊かな絵日記を披露します。人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。16歳吉井、三番相撲2敗目「足出なくて全然だめ」懸賞減った場所から応援の“新規参入”中川健太が初防衛「結果で証明」3年前の自分超えた返り入幕の照ノ富士が4連勝「精いっぱいやるだけ」朝乃山「焦った」反省の4連勝、新大関の重圧いまもここからこのサイトのトピックスナビゲーションですここからこのサイトのフッターナビゲーションです 女子5000 五輪女子マラソン代表・一山麻緒、自己新記録で1着 前田に雪辱 [ 7月18日 18:08 ] 陸上.

その優勝インタビューでは、德勝龍自ら「自分なんかが優勝して、いいんでしょうか?」と戸惑いながら苦笑いすると、両国国技館内は大いに沸き、千秋楽一夜明け会見では「全然実感がなく夢のようだ。ふわふわしている」と笑顔で喜びの心境を語り、さらに場所10日目から終盤にかけて白星を重ねた逆転の2月24日に発表された3月場所番付では、西前頭2枚目と15枚上昇し、自己最高位も更新した。この場所では初日から5連敗するなど白星に恵まれず4勝11敗に終わったが、6日目には横綱・基本的には突き押しの力士だが、左四つの相撲もこなすことができ、巨体に似合わず変化やとったりなど機動力を活かした面も持ち合わせている。2020年1月場所中の取組を見た2020年1月場所中の報道によると幕下で足踏みしていた頃に一時期師匠であった2020年2月2日の『サンデーモーニング』で2020年3月場所終了現在

大相撲中入り後の全取組結果を掲載 - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。 新着ニュース.