日経電子版 解約 いつまで

月々4,200円の購読料で1日900本もの記事を読むことができ、スマートフォンやタブレットにも対応しているため、高い評価を得ています。 1. 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 SHARE日経新聞の購読を解約しました。これまで日経電子版の日経Wプランをとっていましたが、思うところあり解約。解約までの経緯、解約方法、解約したら起きること等をご説明いたします。Contentsところで上では略して「日経新聞」と書いてますし、通常そのように呼ばれることが多いのですが、正式名称は「日本経済新聞」と言います。我が国の経済の状況について報道する新聞で最大手の新聞です。経営者、ビジネスマン、投資家などの間で広く読まれています。経済に関連する記事が記載されています。つまり、企業(主として上場)の経営状況に関する記事、政府・国会の動き、国際社会の状況、株式市場・投資情報等です。スポーツ面、社会面、文化面もあります。ちなみに私は、株式投資をするのに情報を得たいと思い購読することにしました。日経新聞には、主として電子版と宅配のプランがあります。料金は以下の通りです。電子版:月4200円(税込み)宅配:月4900円(税込み)「日経Wプラン」とは、この電子版と宅配、両方を見ることができるプランのことです。日経Wプラン:月5900円(税込み)さてそんな日経wプラン、今回解約に至った理由は以下の二つです。これについては日経新聞のQ&Aがありました。A : 日経電子版、日経Wプランのご契約は月単位となります。当月末日の24時までに解約お手続きが完了されない場合は、自動で翌月も継続されます。 では解約の仕方について説明します。   全部読んだら「次へ」を押しましょう。 この辺は、普通といえば普通ですね。私の場合、これらの外に下のようなことが起きました。日経新聞を解約しても月末までは、契約継続されている状態なわけですが、この期間に解約をキャンセルすることができるんですね。いったんは解約しようと思ったとしても、思い直すことが可能なわけです。日経新聞としてはとしては契約が減ってしまっては大変、ということでしょう電話をかけて引き留めようと試みるのですね。いかがでしたでしょうか。本日は、日経新聞の解約方法についての説明でした。 CATEGORY :ムームードメインで取得したドメインをエックスサーバーに紐づけする方法次の記事 お手続きはこちらからスマートフォンやタブレットでもブラウザー表示から解約ができます。お手続きいただいた月末に解約手続きが完了し、翌月より無料会員としてご利用いただけます。※日経電子版のご契約の確認については※※ © 2017-2020 タメコム All rights reserved.

日経電子版を購読すればどちらのアプリも利用可能です。 6.2 2.「日経Wプラン(宅配+電子版)を解約」を選択します。 6.3 3.すると解約時の注意事項が表示されます。 6.4 4.最後にアンケートに協力して終了です。 7 「日経Wプラン」を解約すると起きること; 8 解約は、月末までならキャンセルできます。 9 まとめ 日経電子版には、携帯端末用のアプリと紙面そのままで見られるアプリの2種類があります。 2. 日経id決済による日経電子版(wプラン含む) の解約は「ご購読サポートトップ」画面の「契約内容の確認・変更・解約」からお手続きください。 さらに詳しい説明はヘルプセンター 「解約」 をご覧ください。.