春日 地名 由来

都内主要道である春日通りも当地に由来する名前で、若干地味な土地柄ながら交通の要衝と言える場所です。 雅で優しい響きがある「春日」の地名、これは江戸初期の女性に由来するものです。 その女性が春日局(かすがのつぼね)。 あるいは、「かす(やせ地)」+「かべ(崖)」という地名か。 【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】 ・ 6世紀の中頃、安閑天皇の后であった春日山田皇后の 御名代 部であったことに由来する。 ¡¦¡¡½ÕÆüÉô¤Ï±ý¸Å¤Ï½ÕÆüÉô¤È½ñ¤­¡¢Ãæ¸ÅÁìÊɤȲþ¤á¡¢ ¹Ä¤Î¹¡¤Ç¤¢¤Ã¤¿½ÕÆü»³ÅĹĹ¡¤Î¡ô¡¡½ÕÆüÉô»ÔÇôÊÉ¡ÊÅìÉð°ËÀªùõÀþ¤Î½ÕÆüÉô±Ø¤¬¤¢¤ë¡Ë¡¦¡¡¡¦¡¡ÇôÊɤϡ¦¡¡³ùÁÒ»þÂå¤Ë¤Ï½ÕÆüÉô¶¿¤È¤¤¤Ã¤¿¡£½ÕÆüÉô¤ÏÇôÊɤè¤ê¤â¡¢¤ä¤ä¹­°è¡£¡ô¡¡½ÕÆüÉô¡Ê¤«¤¹¤«¤Ù¡Ë¡§¡¡ºë¶Ì¸©½ÕÆüÉô»Ô

自治体. 春日(かすが) 【2019/09/20:改編】 # 855位 # 古代豪族の春日氏、宇多源氏、小野氏、清和源氏の足利氏、藤原北家などにみられる。 # 古代豪族の春日氏と春日という地名由来がある。 # 長野県に多くみられ、特に伊那市付近に多くみられる。

春日町 (愛知県) - 愛知県 西春日井郡春日町(はるひちょう。 現、清須市) 春日町 (兵庫県) - 兵庫県 氷上郡春日町(かすがちょう。 現、丹波市) 春日町 (福岡県) - 福岡県 筑紫郡春日町(市制施行して春日市) 春日: 長野県、東京都、埼玉県。①長野県佐久市春日発祥。奈良時代に記録のある地名。②奈良県奈良市春日野町付近(旧:春日)から発祥。古墳時代に記録のある地名。③栃木県佐野市若松町(旧:春日岡)発祥。南北朝時代に記録のある地名。④青森県八戸市南郷大字島守春日発祥… 国道254号線の山手線内側の区間は、「春日通り」と呼ばれます。この春日通りの由来は、家光の乳母で、大奥の制度を築いた春日局にあります。文京区湯島に麟祥院というお寺があります。このお寺は春日局の願により作られたお寺です。境内には春日局の墓所もあり、春日局とゆかりが深いことから麟祥院の前を通る254号線は春日通りと呼ばれています。 「地名由来」の多くは歴史的背景があることから、明治期の旧町村別に、地図の下の町名一覧表内に現町名(“町”名省略)を整理しました。本文内の町名は当面順不同なので、同表内の町名からクリックし検索してください。 ¡ô¡¡ 春日の地名は春日神社に由来します。「筑前続風土記」の「春日神社」の項には、「春日村にあり。村の名前も此神社あるによりて名つけたり」と書かれています。 春日町(かすがちょう、かすがまち、はるひちょう) . 津の宮にあるとき、この地に天児屋根命(あめのこやねのみこと)のヒモロギ(神が宿るところ)をおかれたのが始まりとされています。そして768年、大宰府の藤原氏が、天児屋根命を祭る大和(現在の奈良県)の春日大名神を、このヒモロギの地に迎えたのが、今日の春日神社の創建とされています。春日(ハルヒ)をカスガと読むようになったのは、「ハルヒ(春日)がカスム」「春霞がカスム」という枕詞から、次第に地名のカスガにも掛かるとされ、春日をあてて使うようになったとされています。カスガの意味については、霞処(かすみが)や、神住所(カスカ)、砂れき地のことを指すなど諸説があるようです。(令和2å¹´6月30日現在)代表電話:092-584-1111 代表ファクス:092-584-1142Copyright © 2019 KASUGA City All Rights Reserved.