槍 矛 戟 違い
矛がイラスト付きでわかる! 矛(矛槍)類に属する長柄武器の総称。 槍や戟の原形でもある。 槍のように長い柄を持つが、突くことよりも『斬る』ことに向いている。 矛とは、矛(矛槍)類に属する武器の総称である。 英語では、「Pike(パイク)」等と訳される。 鉾、戈、戟、槍、桙とも書く。古代から平安末期に至るまで用いられた、双刃 (もろは) の突き刺しのための長柄 (ながえ) の武具。 古墳などに広幅で刃もない青銅製の非実用のものが副葬され、かつ記紀に天沼矛 (あまのぬぼこ) の島生みの伝説があるように神秘的・宗教的な性格もあった。 ただし、矛は槍より構造がやや複雑なため、それだけ材料が要る≒コストがかかる難点もありました。また、両者の基本的な攻撃特性として、やがて時代が進むにつれ、鎌倉~南北朝ごろになると、長柄武器の主流はすっかり矛から槍へと移り変わっていきますが、槍の中には、刃の接合部がソケット状に「先祖返り?」を起こす者もいました。しかし、それでも矛ではなく袋槍(ふくろやり)などと呼ばれ、矛が再び戦場の主役に返り咲くことはありませんでした。長い柄の先端に刃がついて、突くなり斬るなり叩くなりして敵を倒す。槍も矛も、言ってしまえばただそれだけの武器(道具・手段)に過ぎませんが、それらが ほこもしくはぼう矛とは、矛( 矛(矛槍)類に属する長柄武器の総称。  柄の先に 俗に いわゆる 西洋における代表的な矛槍。  中国で明王朝時代に製造された、比較的に新しい矛類。  中国の 攻撃対象として見ること。攻撃的な感情を誰かに向けることを指す。 矛/鉾/戈/鋒/戟(ほこ)とは。意味や解説、類語。1 両刃の剣に柄をつけた、刺突のための武器。青銅器時代・鉄器時代の代表的な武器で、日本では弥生時代に銅矛・鉄矛がある。のちには実用性を失い、呪力 (じゅりょく) をもつものとして宗教儀礼の用具とされた。 矛(ボウ/むのほこ):長い柄の先に両刃の剣を付けて、突き刺す。 戛(カツ/頭型ほこ):首を切り落とすほこ(戈)の意か、あるいは頭の形をかたどった飾りほこ。 戟(ゲキ/枝羽ほこ):引掻ける戈と、突き刺す矛の合体型。

平安時代は薙刀が主体で、中世に槍が出現すると薙刀はほとんど使われなくなったっと言われます、確かに、平清盛を見ていると、槍はありません。一方で戦国時代のシーンだと薙刀は、女性が訓練するのに使われているぐらいで、戦闘には全 ただし、矛は槍より構造がやや複雑なため、それだけ材料が要る≒コストがかかる難点もありました。 また、両者の基本的な攻撃特性として、槍は刃が鋭利で刺突に適し、矛は刃が広く(厚く)、その重量を活かした斬撃に適しています(もちろん、例外もあります)。 スキル1:『虚栄の矛戟』 得意武器が「槍」「刀」のキャラの 攻撃力 20% up(ex攻刃枠)/最大hp 10% up: 虚空の楔槍の評価/使い道 虚空の楔槍の評価 ヘイローでの銀片集めは十天衆が必須.