総当たり 組み合わせ ソフト

でも、3つ4つの組み合わせとなると、もう人間にはムリです。 ・5~20人での総当たり戦:リーグ表と試合順序(Excelファイル) 「名前」シートのA,B,C,…に名前を入力すると、 他のシートのリーグ表と試合順リストに自動的に名前が入ります。 5人から8人用のファイルには、個人用と団体用のシートがあります。 本ソフトの組み合わせ方法では、特定のチーム番号を固定化しています。上記の例では①です。 このため、固定のチーム番号(①)が常に最初の組み合わせになり、毎回、第1試合に当たってしまいます。 今回は、いくつかの項目リストをもとに、その組み合わせの全パターンデータを、Excel を使って作成する手順について調べます。 また、それを自動生成するマクロを作成します。 長くなったので記事を2回に分けます。今回は Excel 2010 と 2013 に対応した手順です。 組み合わせデータを得る手順を紹介します。この手順で作られた組み合わせの結果は単純なクロス結合とは少し異なるので注意が必要です。など。今までピボットテーブルで「データモデル」や「リレーションシップ」なんて使ったことはありませんでしたが、 将来のバージョンではなくなる可能性が高いです。本手順は以下の記事を参考にさせていただきました。  Excel 2013 なら「ピボットテーブル」を使う方法があります。ピボットテーブルは Excel 2013 より、複数のデータシートから結合したデータを集計できるように進歩しました。それなら、クロス結合も簡単に出来るようになっているものと当然期待しますが、 今回は、いくつかの項目リストをもとに、その組み合わせの全パターンデータを、Excel を使って作成する手順について調べます。 また、それを自動生成するマクロを作成します。 長くなったので記事を2回に分けます。今回は Excel 2010 と 2013 に対応した手順です。 ソフト詳細説明. 計算の正確さ、使いやすさ、楽しさを追求した本格的な計算サイトです。メタボが気になる方の健康計算、旧暦や九星のこよみ計算、日曜大工で活用される斜辺や面積の計算、高度な実務や研究で活きる高精度な特殊関数や統計関数など多彩なコンテンツがあります。 こんにちは、エクセル使いこなし隊 隊長の吉井良平です。いろんなスポーツの大会の記録を、エクセルで作られている方も多いですよね。今回は、大会運営に役立つエクセルのテクニックをまとめてみました。 ・スポーツ少年団の保護者会役員になって、招待大会を開くことになった方・学校の部活の顧問になって、クラブを強くしようと練習試合を開かれる学校の先生など、初めて大会を運営される方向けに、お役にたてれば幸いです! どれを使っても、とても「簡単に」とは言えません。それでも、一番お手軽な手順を1つだけ紹介しよう、と、思ったのですが、・・・そうもいかないのです。Excel のバージョンによって、使える機能が異なるからです。お手元の Excel のバージョンから以下の手順を参考にしてみてください。Excel 2010 までの古めの Excel の場合、使える機能は「MS クエリは昔からある技術者向けの機能で、外部のデータベースやファイルから取り込んだデータを SQL というデータベース用言語で操作できます。今回、SQLを書かなくても クロス結合できる手順を調べましたので紹介します。(画面キャプチャは Excel 2013 です。2010 以前では UI や手順が一部異なる可能性があります)「クエリウィザード」で「MSクエリは Excel 2016 など最近の Excel でもかろうじて残っていて、この手順もまだ使えるようですが、 総当り方式対戦組み合わせソフトの対応動作環境; ソフト名: 総当り方式対戦組み合わせソフト: 動作OS: Windows 8/7/Vista/XP/2000/NT: 機種: IBM-PC: 種類: フリーソフト 作者: 岡田 稔 目次 招待試合など参加チーム数が多い場合は、各会場ごとにチームを振り分けないといけませんよね。時間があれば、抽選やあみだくじをして決めれば良いのですが、時間がない時はエクセルの関数を使うというのも一つの手です。まず、準備としてチーム名の一覧を入力しておきます。その後で、名前は何でも良いのですが、「ランダム」という名前のタイトルを作ります。タイトル行の名前は何でも良いですで、チーム名の横に、ランダム値を発生させる関数、RAND関数を入力していきます。入力するのは、=RAND() だけで、一番上の行に入れたら、後は一番最後のチームまで計算式をコピペします。オートフィルでコピペできますあとは、ランダム値で並べ替えをすれば、ランダム順の並びになります。ランダム値で並べ替え 1つの会場に4チームとか決まっている場合は、先ほどの並べ替えをした表から、順番に4チームずつ拾っていっても大丈夫です。ただ、チーム数や会場数が多い場合は、数を数えるのも面倒だったりしますよね。そんな時には、関数を使って組分けをしてみましょう。 まず、並べ替えた順番で、1から順番に連番をふっておきます。連番をふりますこの連番を、会場ごとのチーム数で割ります。小数点が出ると困るので、この場合はROUNDUPという、割り算の結果を切り上げする関数を使います。会場ごとの定数で割って切り上げこれで会場ごとに、チームの割り振りができましたね!あとはフィルターなどを使って、振り分け結果をコピペするだけで組み分け表ができます。  結果の集計は、競技ごとにいろいろな集計方法があるので、各競技で共通して使えそうなテクニックを紹介します。 星取表などを作る際に、得点さえ入力すれば、○や●を入力しなくてよくする方法です。得点から勝ち負けを判断するには、IF関数という関数を使います。得点が多いと○、少ないと●上記の例だと、左側の数字が右側の数字より多い場合には○、それ以外の場合には●という式になっています。ルール上引き分けがない競技であれば、これだけの式で、勝ち負けの判断ができます。 サッカーなどは引き分けのルールがあるので、ここにもう一つ ”もし得点が同じであれば△” という条件を付け加える必要があります。ちょっとややこしくなりますが、元々のIF関数に、さらにIF関数を付け加えることで対応可能です。計算式は、=(IF関数,(IF関数))という計算式になります。ちょっとややこしいですけど・・・  サッカーなどは引き分けがあるので、勝ち点を計算する必要がありますよね。勝ち点を計算する際は、先ほど作った記号の数を数えていきます。記号の数を数える際は、COUNTIFという関数を使います。目で追って数えるよりも早くて正確なので、集計にはエクセルの力を借りましょう。*数の数え方については、別記事でも詳しく紹介しています。「何勝何敗という数字を数える場合は、COUNTIF関数で○と●の数を数えるだけで大丈夫です。サッカーの場合は、勝が3点、引き分けが1点という計算になるので、少しややこしいですがCOUNTIFで数えた○の数に3を掛けて、△の数を足すことで計算できます。これも少しややこしいですけど・・・少しややこしいですが、チーム関係者にこういったことが得意な方がいるはずなので、そういった人の力も借りてオリジナルのフォーマットを作っておけば楽ちんです^^ 勝ち点だったり、勝率だったり、タイムだったり、いろいろな基準がありますが、データを利用して順位を表示するには、RANK関数というのを使います。=RANK(数値,範囲,順序)という計算式で、順序の部分を省略すると降順(大きい順から)、1を指定すると昇順(小さい順から)の順位が出ます。数式をコピペする際に、範囲の位置がずれないように絶対参照にしておくことを忘れないでくださいね。*絶対参照については、別記事でも紹介しています。「順位は、並べ替えができたらその方が分かりやすいですけど 勝った方のチーム名を赤字にするなどして、勝敗を分かりやすくするためには、条件付き書式の機能を使います。ホーム → 条件付き書式 → 新しいルール と操作してください。条件付き書式の設定数式を使用して、書式設定するセルを決定 → 数式の部分に得点が多い方という条件を設定 → 書式を設定する(文字色を赤にするなど)数式を使用して書式を設定条件付き書式の設定の際は、数式を入れる際に、自動的に絶対参照になります。他のセルに書式をコピーをする場合には、絶対参照を外すのを忘れないようにしてくださいね。($マークをトル)  大会運営に関するアンケートをとる場合には、Googleフォームを使ってみるのも良いと思います。大会プログラムにQRコードを印刷しておけば、自分の試合が無い時で、手持無沙汰な時に書いてくれる人もいるかもしれませんよ。エントリー用紙の代わりにGoogleフォームを使うことができる場合は、活用してみても良いと思います。Googleフォームの使い方 ⇒   現段階で思いつく限りのテクニックをまとめてみました。私はスポーツ用品の会社で働いていたので、大体は網羅できているんじゃないかと思いますが、まだまだ困っていることがあるかもしれません。もし分からないことがあれば、遠慮なく連絡くださいね。特殊なものは有料になるかもしれませんが、一般的なものでしたら回答して記事にします^^ この記事が気に入ったら最新記事をお届けします。・仕事が忙しすぎて、自分の時間が持てないとお悩みの方・事務作業で手いっぱいで、これ以上新しい仕事を受けられないとお悩みの方デスクワークの改善方法には、決まったやり方があります。このE-Bookを手にして、今より楽して仕事をこなしましょう! ゲートボール成績表のエクセル関数について確認が遅くなって申し訳ございません。①勝数 ②得失点差 ③総合得点 ④内容勝ちというように、4つ目の基準を作るのが良いと思います。(便宜上0.1を足す、ということではなく、基準をもう一つ作る)具体的なフォーマットが分からないので、フォーマット上できない解決法かもしれませんが、取り急ぎ連絡させていただきますね。 デスクワークラボ 代表の吉井良平です。昭和48年生まれ(ふたご座B型)、広島県在住のITコーディネータです。趣味は囲碁。(ヘボ碁です)働いている人の立場に立った「現場目線の」記事を書くよう心がけています。「働き方改革」というと大げさですが、ちょっとした創意工夫で仕事が楽になるようなことを考えるのが好きです。多忙にてブログも更新できず、お仕事のご依頼にも充分にお応えできませんが、何かありましたらお問合せフォームからご連絡下さい。©Copyright2020

また、それを自動生成するマクロを作成します。長くなったので記事を2回に分けます。今回は Excel 2010 と 2013 に対応した手順です。たとえば、洋服の色とサイズ、入試の学科と試験科目、タスクの分類とステータスのように、私たちが普段扱っている「データ」というものは、ある程度決まった項目内容(種別や区分)を組み合わせるものが多いです。業務によっては、これら項目の組み合わせを全て網羅したデータを書き出すという作業をすることがあります。この「組み合わせ」というのはなかなかやっかいです。それが2つのリストの組み合わせなら、コピー&ペーストの単純労働で何とかなるでしょう。 表形式(テーブル)のデータ構造を操作する基本的な機能も備えていることになります。ということは当然、基本であるクロス結合もできるはずで、 いくら調べてもそのような機能はみあたりません。仕方ないので、リスト内容を全てピボットテーブルの行ラベルに展開するという小細工を使って、 ここ数ヶ月アクセスが圧倒的に多い記事。 2コート4チーム、2コート5チーム、3コート6チーム、3コート7チーム【総当り】 せっかく作ったのでこれも上げてみる… ここ数ヶ月アクセスが圧倒的に多い記事。   せっかく作ったのでこれも上げてみる。 【2コート6チーム総当り】   【2コート7チーム総当り】  【2コート8チーム総当り】  ※ 参考に、実際に練習の時に2コート8チームまわしを使った記事 外部の様々なデータベースからデータを取り込んで集計や分析をできるようにする関係上、 まず精神がくじけます。組み合わせによるパターンの数はリスト内容の数の掛け算になるので、 shegoさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか? たとえばそこらをフラフラしているエンジニアを捕まえれば、ジュース1本でも喜んでやってくれるでしょう。Excel はデータベース・ソフトではありませんが、 リーグ表を作成してくれるフリーソフトってありますか? ご参考までにhttp://www.vector.co.jp/soft/win95/home/se380656.html?site=n

特定の文字列を総当りで組み合わせたものを表示できるものを探しています。例えば「おしえてぐう」と入力すると「しおえてぐう」「しえおてぐう」…といったように全ての組み合わせを見たいのです。検索してみましたがパスワードを生成す いくつもあることがわかります。ええ、全部試してみました。まあ、できたといえばできたのですが・・・、 総当たり戦をしたときの試合数の計算方法について書きました。試合をする人やチームの数をn とすると、1試合ずつの総当たり戦をしたときの試合数は、次の式で計算することができます。n(n-1)÷2例として、5人のテニスプレーヤーがいて、1試合ずつ Powered by 引用をストックしました引用するにはまずログインしてください引用をストックできませんでした。再度お試しください限定公開記事のため引用できません。 ちゃんと使えるようになると便利なのかもしれません。 ‘“–‚è•ûŽ®(ƒXƒPƒWƒ…[ƒ‹•ûŽ®)‚Ì‘g‚ݍ‡‚킹‚ðŽx‰‡(—vExcel)¡ ƒ\ƒtƒg‚ÌŠT—v ƒ†[ƒU[‚Ì•]‰¿( 参加者(チーム)名のリストファイルから対戦のすべての組み合わせを作ります。 作った一覧はテキストで保存が可能です。 またリストファイルを元に対戦表をhtml形式で出力することもでき …