芸能人 マネージャー 年収

芸能人と共に行動するマネージャーは、芸能界に関わることができる職業として人気です。憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。しかし、芸能人マネージャーは芸能人とは違い、裏で支える縁の下の力持ちなので、華やかな仕事は少ないです。この記事では、芸能人マネージャーになる方法、仕事内容、年収をご紹介します。また、この記事を見て自分の給料や働き方に不満のあるマネージャーの方や、芸能・エンタメ業界に転職したいと感じた方は、大手転職サイト「リクルートエージェント」に登録してみましょう。芸能人マネージャーになるには、芸能事務所に入社する必要があります。採用基準は事務所ごとに大きく異なりますが、大手芸能事務所は新卒の採用が多いのに対して、中小芸能事務所は中途採用や縁故採用が多いようです。芸能人マネージャーになるために必要な資格は特にありません。ただ、担当の芸能人を送迎する仕事がありますから、自動車免許は必須と言って良いでしょう。また、中小芸能事務所は「学歴不問」としていることが多いですが、大手芸能事務所では大卒者に限定していることが多いです。芸能人マネージャーには、不規則な生活に耐えられる体力、担当芸能人が仕事に集中できるように配慮する気配り、臨機応変に動ける行動力、関係者との関係を円滑に保つコミュニケーション能力などが求められます。最近では、芸能人マネージャーを養成する学科を設置した専門学校が増えているようです。このような専門学校は、芸能事務所にコネクションを持っていますから、就職にも有利でしょう。芸能人マネージャーを養成する専門学校は、 ■東京スクール・オブ・ビジネス(東京) ■東放学園音響専門学校(東京) ■大阪スクールオブミュージック専門学校(大阪) ■日本マンガ芸術学院 名古屋校(愛知) ■専門学校 札幌ビジュアルアーツ(北海道)など、大都市に集中している傾向です。芸能人マネージャーの仕事は、スケジュール管理、営業活動・出演交渉、タレント養成など多岐にわたります。担当芸能人が出演するテレビ番組・イベントなどのスケジュールを把握し、送迎、現場でのフォローなどを行います。また、遠隔地での仕事の場合は、移動手段や宿泊施設の手配をするのも芸能人マネージャーの仕事です。テレビ局、番組制作会社、イベント主催者などに担当芸能人を売り込むと共に、オファーのあった仕事の出演交渉を行います。また、担当芸能人のブランド価値を高めるために、どの仕事を受けて、どの仕事を断るのかを戦略的に考えるのも芸能人マネージャーの仕事です。担当芸能人の長所を見極めて他の芸能人と差別化し、ブランド価値を高めるための方策を考えて、アドバイスするのも芸能人マネージャーの仕事です。人気が出る前の芸能人を担当している芸能人マネージャーは、この仕事がメインだと言っても良いでしょう。芸能人の仕事に平日/休日、昼/夜は関係ありませんから、帯同する芸能人マネージャーの生活も不規則になります。また、地方を転々と移動して、なかなか家に帰れないことも少なくありません。そのため、結婚・出産を機に仕事を離れると、復職するのは難しい仕事と言えます。例外としては、担当の男性芸能人と結婚して、妻&マネージャーとして仕事を続けることでしょうか。芸能マネージャーの仕事は様々なものがありますから、オールマイティーになんでもこなせることが重要です。マネージャーに必要なこととして、担当する芸能人の方を心から思いやる気持ちが挙げられます。芸能界という派手な業界で、マネージャーは決して目立つ仕事ではありません。担当の芸能人が気持ちよく、ストレスなく仕事に取り組めるようにサポートする仕事です。そのため陰で誰かを支えたり、他人のことを優先して考えられる人が適任だと思います。さきほども言ったようにマネージャーの仕事はサポートがメインになります。そのため褒められたり、自分の仕事の結果が目に見えるというとはあまりありません。そのため自分のことで達成感ややりがいを感じる機会が営業などの一般企業に比べ少ないと言えるでしょう。しかし、他人のことを自分のことのように喜べる人にとっては、芸能界はとてもあっているかもしれません。担当芸能人が賞を取っているところを想像してみてください。とっても幸せな気持ちになってきますね。まず、担当の芸能人からの信頼を得ることが大切です。そのためには一般常識はもちろん礼儀正しさ、場の空気を読む、約束を守るなど当たり前なことはできることは当然必要です。また、マネージャーは芸能人を売り込むために、周りに頭を下げなければなりませんし、毎日たくさんの芸能関係者と仕事をするので、気を遣うことが得意な人が向いてるでしょう。芸能界は一般企業よりもコネや信頼関係が仕事につながりやすいです。コミュニケーション能力が高く、他人に好かれやすい人が成功しやすいと言えるでしょう。芸能人を売り込むための積極性も必要不可欠です。芸能界は同じ仕事というのがあまりありません。そのため毎回新しいことができる刺激がある一方予期せぬトラブルにその場で判断する力が求められます。急に仕事が決まったり、仕事が長引いたりすることもあるので自分のプライベートの予定は立てづらいかもしれません。また、深夜まで働くことや朝がとても早いこと、仕事で地方をまわるなど生活リズムが崩れやすい仕事でも体調を壊すことないタフさも求められます。芸能マネージャーは激務の割りに年収が低いと言えます。年収300万円未満の割合が高く、500万円を超えるのは極めて稀です。芸能人マネージャの給与体系は、芸能事務所によって大きく異なります。大手事務所は、普通のサラリーマンと同様に、勤続年数に応じて上昇する基本給と各種手当が支払われます。また、社会保障制度、休暇制度などが整備されている事務所も多いです。給料の上がり方としては、実力が認められ、売れっ子のマネージャーを担当するようになると徐々に給料が上がっていきます。そのため実力がない場合給料が上がりづらいでしょう。一方、事務所の規模が小さくなるほど、このような制度が整っていない事務所が多くなります。特に、個人事務所になると芸能人の人気に大きく左右されるようです。この記事を見てマネージャーの仕事に興味を持った方はリクルートエージェントでマネージャーの求人を探すことをおすすめします。芸能マネージャーは大変なあまりに辞めてしまう人も多いため、求人は少なくありません。また環境に不満を感じる方も転職サイトで今よりも良い条件の芸能事務所を探してみましょう。職務経歴や希望条件を登録しておくと企業や転職エージェントからオファーが届き、その中から自分に合うものを探すことができ流ので、まずは無料で会員登録しておきましょう。

This site may earn a portion of sales from 年収4000万を超えると、上記の表より、所得税で45%もの税金を納める必要があります。 また、所得税とは別に、住民税の10%が差し引かれることになります。 つまり、年収4000万円を超える高所得者は、約55%が税金として納めることになるのです。 reserved. 芸能人マネージャーの年収. マネージャー単体の年収ではありませんが、参考になるでしょう。 ・アミューズ 福山雅治・吉高由里子・寺脇康文などが所属 平均年収:641万円(平成25年) ・サニーサイドアップ 中田英寿・前園真聖などが所属 平均年収:549万円(平成25年) not be reproduced, distributed, transmitted, cached or otherwise 芸能マネージャーの平均年収 芸能マネージャーの平均年収は推定500~600万円. Cookie Statement. 初任給や給与と同様に、芸能マネージャーの平均年収は所属する企業によって大きく異なり、正確な数値は発表されていませ … 転職サイトのマイナビ転職が紹介する芸能マネジャーの転職・求人情報の一覧です。マイナビ転職だけに掲載の求人など、豊富な転職情報や、転職ノウハウに加えて、スカウト、仕事適性診断など転職支援サービスも充実。 芸能マネージャーで年収1000万円は可能? 芸能人の長者番付で著名なタレントの年収額が発表される度、多くの人が「芸能界は儲かる」というイメージを強く持ちます。 The material on this site may

Use of and/or registration on any portion of this site 統計情報 出典元: Indeed.com で芸能マネージャーの375件の検索結果: 芸能マネージャー、新卒採用 芸能、企画営業などの求人を見る。 芸能マネージャー達が明かす仕事の本音。芸能マネージャーの平均年収は?やりがいは?労働時間は?良いところも悪いところも含めて丸分かりの本音投稿サイト。

タレントのスケジュール管理・仕事の獲得・プロデュースなどで多忙な芸能マネージャー。不規則な休暇と勤務時間が長いことを特徴とする仕事ですが、給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?この記事では、芸能マネージャーの収入面について解説します。芸能マネージャーとして働くには、芸能事務所や芸能プロダクションに試験を経て就職し、芸能マネージャーの職に就いて収入を得るのが一般的でしょう。基本的に学歴を問われることはありませんが、募集要項で一番多いのは「高校卒業以上かつ30歳以下」といわれています。会社の規模にもよりますが、大手の芸能マネージャーの芸能マネージャーに限りませんが、大手芸能プロダクションの2020年度新卒採用募集要項の初任給は以下の通りです。芸能プロダクションの数は小さな事務所を含めると数百以上もあるといわれる中、誰もが耳にしたことのある名の通った上記のような事務所では、新卒者や中途採用を含め最低でも20万円以上の初任給は確保されていることがうかがえます。また年俸制を導入している事務所もあり、初任給や給与面は企業の給与制度によって色々であることがわかります。芸能プロダクションにおける、大学などを卒業または卒業見込みの新卒者の募集人数はとても少ないことが特徴です。年度によって異なりますが、多くても10人に満たないこともあり、とても競争率が激しい世界のようです。新卒者の枠が少ない芸能マネージャーは中途採用の募集も多く見られます。それは仕事を辞める人の割合が多いことが考えられるでしょう。不規則な生活やストレスによって体力的・精神的にタフな人でなければ勤め上げることが難しいことが理由とされています。特に中途採用の場合は営業経験者や業界経験者が優遇される傾向にあるので、実績や年齢が評価対象となることがあり、初任給は新卒者平均の20万円を大きく上回る場合もあると考えられます。中途契約または未経験での採用では契約社員やアルバイトとしての採用も多く見られます。仕事の経験や実績を積んで下積みを経てから正社員として登用されることも少なくありません。タレントが売れるか売れないかは芸能マネージャーの手腕にかかっています。芸能界は実力主義の世界なので、最初は先輩マネージャーについて仕事を覚えたり雑用をこなしたりしながら収入アップを狙うことが一般的とされています。芸能マネージャーの給与額は、プロダクションの規模やその会社の給与計算方法によって異なるので一概に断言することはできません。また厚生労働書による正確な統計も出されていません。一般的には芸能プロダクションのとはいえ多くの芸能プロダクションは中小規模が大多数を占め、大きな事務所は全体数からみれば少ないのが現状です。規模が小さな事務所ほど経営基盤が弱いことが多いので、芸能マネージャーまで利益が廻ってこないのが現実といわれています。芸能マネージャーとして働く上で給与面と同様に重要なことは「待遇の有無」です。社会保険・残業代・有給休暇制度などの各種手当ては会社の規模が大きい程充実しています。もちろん中規模や個人事務所などの小規模の会社でもきちんと待遇面のサポートがある場合もありますが、事務所によっては全くない場合もあります。上記のようなことから、芸能マネージャーとしてプロダクションなどに就職する際は給与だけでなく、待遇の充実度もあらかじめチェックしておいた方がよいでしょう。特に芸能の仕事は一般的なサラリーマンのようにルーティンワークではありません。決まった曜日に休日が設定されておらず、多忙なタレントの担当になった場合は休暇の取得すら難しいのが現状です。基本的に実働は8時間で設定されていますが、業界の特徴として早朝や深夜の仕事も多く、タレントの管理以外にも接待や営業などで休日を消費することもあります。そのためタレントよりも多くの時間を労働に費やし仕事をすることも頻繁にあると考えられます。芸能マネージャーとして仕事を充実させるなら、待遇面がきちんと備わっている事務所で働いた方が良いことは言うまでもないでしょう。初任給や給与と同様に、芸能マネージャーの平均年収は所属する企業によって大きく異なり、正確な数値は発表されていません。推定平均給与と予想ボーナスを合計するとおよそこのように、大手芸能プロダクションの芸能マネージャーになれば日本国内における一般的なサラリーマンの平均年収よりも多い収入を得ることが可能です。ただし中小規模のプロダクションの場合は年収300~400万円位が一般的とされ、この層が一番多いといわれています。大手プロダクションに就職すれば、年に2回のボーナスが支給されます。また会社として大きな利益を得た時には臨時ボーナスが出ることもあります。反対に小さな事務所ではボーナスが無い場合も珍しくありません。所属事務所によっては、担当しているタレントが売れた場合のみボーナスが支給される場合もあります。昇給制度に関しても事務所によって異なり、実績と年齢が積み重なるにつれて自動的に昇給する仕組の場合もあれば、仕事で利益を出した時だけ昇給する場合もあります。大手のプロダクションでは、芸能マネージャーの収入に関しては「年俸制」を導入しているところも多くみられます。それは定期的な休暇の取得や残業の把握が難しいことが要因です。年俸制の場合は毎年査定が行われて昇給の判定が下るので、1年事の仕事の実績が確実に年収に大きく反映されるといってよいでしょう。芸能マネージャーはタレントに動向しながら仕事をする「現場マネージャー」と、現場マネージャーの管理や各種決定事を取り決める「チーフマネージャー」、全てのマネージャーとタレントの管理を行う「統括マネージャー」の3種類に分けられます。この中でも最も年収が低いのが現場マネージャー。チーフマネージャーは管理職に分類されるので現場マネージャーよりも高い給与を得ることが可能です。ただしチーフマネージャーの年収は大手プロダクションでない限りは、一般企業の管理職と比べても低いとされています。また統括マネージャーはよほどの実績や力のある人でなければ到達するのが難しいとされている役職です。そのため芸能マネージャーの中でも一番年収が高く、1,000万円を超えることも珍しくないといわれています。芸能マネージャーの給与や年収は、大手事務所に就職出来た場合は一般的企業とさほど変わらないといえるでしょう。タフな体力と精神力を必要とし、定期的な休暇が取りづらく、多忙で結果を出すことを求められる仕事内容を考えると、それに見合った給与額と考えない人も多いようです。芸能マネージャーの仕事に「生きがいや楽しさ」を見いだすことができる人であれば、この仕事を長く続けることができるでしょう。 used, except with the prior written permission of MINER STUDIO. Affiliate Partnerships with retailers. 芸能マネージャーは激務の割りに年収が低いと言えます。年収300万円未満の割合が高く、500万円を超えるのは極めて稀です。 芸能人マネージャの給与体系は、芸能事務所によって大きく異なります。 © 2020 MINER STUDIO All rights products that are purchased through our site as part of our 芸能マネージャー求人top >> faq >> 芸能マネージャーで年収1000万円は可能?.

運営についてわたしたちのサイトJOBSTEP JOBSTEPは、仕事・転職・キャリアアップに関するメディアです。専門家や編集部、転職アドバイザーを通じた正しい知識に基づいて、さまざまな職業や職場・転職・キャリアアップに関する情報や悩み解決のコンテンツをお届けしています。株式会社メンバーズ(東証一部)のグループ企業である株式会社マイナースタジオが運営しています。 constitutes acceptance of our User Agreement and Privacy Policy and