蘇 読み方 お菓子
鳳梨酥(台湾語:オンライソー、中国語:フォンリースー)はパイナップル(台湾語:オンライ)、小麦粉、鶏卵などを原料に使った焼き菓子。 「太陽餅」などと並び台湾を代表する銘菓のひとつに数えら … 新型コロナウイルスの影響で学校が休校になり、農林水産省も「牛乳乳製品の消費にご協力ください」と呼びかけるほど。そんな中、牛乳をたくさん消費できるレシピとして、蘇の読み方は「そ」で、詳細な作り方は現代では失われてしまっていますが、牛乳を煮詰めて固形にしたものとされています。目次【牛乳大量消費レシピ】★蘇★— ミケ太郎 (@bokumike) 蘇の作り方は簡単。蘇の作り方自体は簡単ですが、焦げ付かないように混ぜ続けなければいけないので、1リットルの牛乳からだいたい100~150グラムの蘇ができるようです。気になるお味はというと、ツイッターで続々作られている蘇ですが、そのまま食べてもおいしい蘇ですが、人気のアレンジレシピをご紹介します。「蘇」いろいろアレンジしました①蜂蜜— やねうら (@yaneura_attic) また、チーズのような味わいなので、桜の塩漬けを合わせれば、季節感と塩気をプラスした高貴なお味になるそうですよ。蘇作った人は今すぐ焼こう。オーブントースターで焼こう。焼き蘇むちゃくちゃ旨い。香ばしくて懐かしいけど高級感がある絶妙な味わいになるおやつや酒のアテで出したら瞬殺されておかしくない旨さ。近日また作る! — ぐーじん【空飛市場】 (@GU_JIN) 蘇をうわっ!!蘇!!!!— ミケ太郎 (@bokumike) 日本の古代の乳製品である蘇ですが、牛乳の大量消費レシピとして蘇が話題になっていますが、牛乳を使ったレシピはほかにもたくさん。こんな時だからこそ蘇だけでなく、牛乳をおいしく調理してみるのはいかがでしょうか。休校で牛乳が余ってしまうそうなので、牛乳消費で酪農家さんを応援ご存知の方もいると思いますが牛乳500ccを耐熱皿に入れレモン汁だと柔らか— ぼく◓イラスト料理研究家 (@boku_5656) 牛乳の大量消費なら自家製練乳にお任せください。牛乳1Lに砂糖200g入れて焦げないようにたまに混ぜながら半分くらいの量まで煮詰めたら後は冷やしてできあがり。たくさんできるので、いちごに好きなだけ練乳増し増しという貴族の食べ方が可能です。ぜひ今試して頂きたいレシピです!— みのすけ通信お菓子教室 (@minosuke999) 牛乳クソほど使うけど美味しいレシピなら、めちゃくちゃデカいボウルに牛乳500ccと砂糖大さじ3入れて700wで8分くらいチンして凍らせるとアイスになるよ 2時間に一回くらい頑張ってかき混ぜると柔らかいアイスになる 混ぜないと美味しい石ができる— 寝れなインコ (@oyasumi_0707) 新型コロナウイルスによる余波で話題になった蘇。もともとは、休校によって余ってしまった蘇を作るのは根気のいる作業ですが、休校になったお子さんと一緒に作ればいい息抜きとおやつになるかもしれません。まだまだ新型肺炎が猛威を振るっていますが、 読み方:ソ 人気のツイートまとめとしては「 蘇を作ったら大ごとになったまとめ 」があります。 レシピ 2974 歴史 6619 グルメ 8900 料理 5306 牛乳 168 作り方は牛乳30キロをなべで8時間煮つめ、水分を蒸発させるだけ。添加物はいっさい使用しない。そうすると10分の1の3キロに濃縮された甘乳蘇の出来上がり。 牛乳消費レシピで出てくる蘇とは一体何なのでしょうか。蘇とは、牛乳を煮詰めて固形になった古代日本の乳製品です。新型コロナウイルスの影響で学校が休校になり、給食用の牛乳が余ってしまうことから、牛乳をおいしく消費しようという動きの中で蘇が話題になっています。 大徳寺納豆の作り方 大徳寺納豆は、作る時期が限られています だいたい夏の間に一年分を作らなければなりませんが、私どもでは5月後半辺りから8月一杯までが仕込みの期間です。 蘇軾(そしょく)の解説。[1036~1101]中国、北宋の政治家・文学者。眉山 (びざん) (四川省)の人。字 (あざな) は子瞻 (しせん) 。号は東坡 (とうば) 居士。唐宋八家の一人。父蘇洵 (そじゅん) 、弟蘇轍 (そてつ) と合わせて三蘇とよばれる。 そもそも蘇とはなんぞや?という方は、マガジン第一回の「平安時代の「蘇」の作り方に関する試行と考察 〜はじめに〜」をお読みください。 蘇の作り方 まずは基本的な作り方について。材料は牛乳だけでok。一度にどれくらいの量を作るかでも 平安時代の乳製品「蘇」。その作り方は「牛乳をひたすら煮詰めるだけ」という実にシンプルなものですが、煮詰め方次第で白くなったり茶色くなったり見た目が変わるだけでなく、風味にも違いが出てきます。実際に食べてみると真っ白な蘇とキャラメル色の蘇では全く別物。それぞれ違ったおいしさがあるので、ぜひポイントを押さえてお好みの蘇作りに挑戦していただければと思います。そもそも蘇とはなんぞや?という方は、マガジン第一回の「まずは基本的な作り方について。材料は牛乳だけでOK。一度にどれくらいの量を作るかでも味に違いが生じますが(詳細は後述)、0.5〜2リットル程度が良いと思います。<火加減の目安>牛乳を加熱すると「メイラード反応」という化学反応により「メラノイジン」という褐色色素が生じます。これが蘇が褐色になる理由です。(詳しくはまた別の記事で解説しますね)メイラード反応では色が付くだけでなく、独特の風味が付与されます。肉を焼くと風味が良くなったり、パンの皮がきつね色に色づいていい香りがしたりするのもこの反応によるもの。メイラード反応によって生じる風味は、反応のもととなる物質や加熱温度によっても変わりますが、蘇の場合はクッキーが焼けるときのような香ばしいにおいがつくことが多いように思います。4パターンの加熱条件で蘇を作ってみたところ(詳細はまた別の記事で解説します)以下の4種類の蘇を作ることができました。・非メイラード蘇:ほとんどメイラード反応をしていない蘇(写真右上)そして高メイラード蘇にほんの少し蜂蜜をつけて食べると、もはや現代人も満足する完成されたスイーツに。「老舗和菓子店で創業当時から愛されている商品です」と言われても納得する味。5.5時間煮詰めるのはめんどくさいと言われてしまうかもしれないけれどこの記事を読んでいる全ての人に食べていただきたい。高メイラード蘇は蜂蜜の風味とは相性が良いのですが、オリーブオイルやブラックペッパーは香りが喧嘩するので避けた方が無難です。お酒のお供などにするなら塩をパラリと振るくらいが良いかと。果物との相性はいいと思います。甘酸っぱくてジューシーなものと合わせると◎です。では、好みのメイラード加減に蘇を仕上げるにはどうすれば良いのか。そこでポイントとなるのが火加減と煮詰め時間です。メイラード反応は一般的に、加熱温度が高いほど、また、加熱時間が長いほどよく進む傾向があります。このことと、4パターンの加熱条件で蘇を作ってみた結果から、概ね以下の傾向がわかりました。メイラード反応による風味をしっかりと付けたい場合には、ふつふつとするくらいの火加減を維持して煮詰め、メイラード反応による風味を付けずに牛乳の味わいだけを濃縮したい場合には、ふつふつとはしないが湯気は上がるくらいの火加減を維持してじっくり時間をかけて煮詰めます。同じ火加減でも、煮詰め時間が長くなればなるほどメイラード反応がよく進むので風味が強い蘇になります。同じ鍋でも牛乳の量を増やせば、その分煮詰めるのにかかる時間は長くなりますし、同じ牛乳の量でも、鍋の直径が大きければより短い時間で煮詰まります。したがって、よりメイラード反応の進んだ蘇を作りたい場合には、直径の小さい深い鍋になるべくたくさんの牛乳を入れて煮詰めるのが良いですし、逆に色の薄い蘇を作りたい場合には、広口のフライパンに500ml程度の少量の牛乳を入れて短時間で煮詰めるのが良いでしょう。私が直径21cmのフライパン+IHヒーターを用いて実験した際には基本的にはラップに包んで冷蔵保存してください。水分が少ないとはいえ乳製品ですし自家製なので、腐ったりカビが生えたりする前に早めに食べ切った方が良いと思います。たくさん作りすぎて食べきれない場合には、冷凍保存が可能です。食べやすい大きさに切り分けてラップに包み、におい移り防止のためジップロックなどに入れて冷凍庫へ。食べるときは自然解凍してください。-----------------------------気が向いたらこの下の「サポートをする」から100円でも500円でもポチッといただくと、より多くの蘇を作ることができるように……じゃなかった筆者の励みと蘇を煮るのにかかった光熱費になります。よろしければサポートお願いします。いただいたサポートは今後の記事執筆・研究の材料費に使わせていただきます。平安時代の乳製品「蘇」の作り方について試行した結果と考察をまとめていきます。なぜ蘇が茶色く色づくのか、煮詰め方の違いによりどんな味の違いが出るのか「メイラード反応」というキーワードを交えて解説します。