FF11 フェイス おすすめ
まずは入手難易度が低めで長く役に立つフェイスを3体ご紹介。ff11を始めたばかりでもこのキャラたちを押さえておけば冒険で困ることはないでしょう!

並び順は降順(新しいものほど上)。入手可能日は「最も早く入手できる日」を示す。 所属しているユニティでのみ呼び出せるフェイスは、【ユニティリーダーフェイス】項を参照のこと。 ff11を始めてすぐに入手できるおすすめフェイス. 最後は入手手段が限定されているフェイスを2体ご紹介。特定のログインボーナスやキャンペーンでしか貰えませんが、タイミングが良ければいきなり強いフェイスが手に入ります。チャンスがあったら逃さないようにしましょう!入手方法:「あら!わたくし、ブチ切れますわよ」でお馴染みのあの博士が本当にブチ切れて(?)やってきた!全フェイスの中でもトップクラスの殲滅力を持つこのフェイス。基本的に精霊魔法I系を使用するのですが、魔法ダメージ+や魔攻を高めたPCに近いダメージを叩き出し、さらに連携にあわせて最大3回のMBを決めてきます。MP量も多く、魔法型フェイスの問題点であるMP切れになることがほぼありません。この「精霊魔法I系を使用して大ダメージ」というのがこのフェイスの強さの秘密。リキャストがほぼ無く連発できる精霊魔法を、魔法強化装備を揃えたプレイヤーと同じレベルの大ダメージで連発してくるわけです。MBを積極的に使ってくる関係上、連携を狙えるフェイスとの相性が非常に良いのも特徴ですね。唯一の弱点としてHPが非常に低い(全フェイス中最下位)事が上げられますが、自分からは敵に近づかないという性質を利用して立ち位置を調整すれば、ある程度カバーは可能です。なおこのフェイスのみ専用のグラフィックで登場しています。さすが人気キャラですね。入手方法:挑発、フラッシュ、フォイルで敵対心を稼ぐ固定力に優れた盾タイプのフェイス。並の前衛では剥がすのが難しいほどの固定力を持つ上に、敵の属性攻撃に合わせてルーンの切り替えを、精霊魔法に対して詠唱が見えた瞬間に対応する単体バ系魔法を使用するなど防御面もバッチリです。他にも被物理ダメージ時にMPが回復したり、インスパイアを習得しているらしく、ヴァリエンスの効果中はファストキャスト+50%の効果がPT全体に付与されるなど、非常に優秀。どんな場面でも役に立つフェイスですね。弱点は物理攻撃には弱めなところでしょうか。魔法剣士タイプなので魔法には強いのですが、物理には若干打たれ弱く、回復手段も持たないため回復役のサポートは必要になるでしょう。ソロで攻略するときはどうしても強めのフェイスが必要になります。今回紹介した7体は役に立つと思いますので、是非試してみて下さい。ちなみに特定期間のみのフェイスはモグボナンザの4等景品である「モグチケット【盟】」で交換も可能なので、運よく当たったなら手に入れることもできますよ。フェイスは現在100体以上の種類があって、今回紹介したキャラ以外にもおすすめのフェイスはたくさんいます。FF11の世界を楽しむためにもたくさんのフェイスを集めていろいろなPTで冒険しましょう!「「 無敵。こちらの魔法も受け付けない。何も行動せず、pcの後をついてくるだけ。 リフレシュと魔法スキルの上昇率アップの効果を得られるスフィアが「モーグリ」を中心とした範囲内に発生している。 公開日 : FF11をプレイする時にもはや必須といっていいほどの存在になったフェイス。他プレイヤーとPTを組むことが少なくなった現在では、フェイスを使ってソロで各コンテンツを攻略するのは当たり前になってきています。とはいえフェイスはその数も多く、またいろいろなタイプのキャラがいます。戦闘に参加はしないけど特殊な効果を持つフェイスとかもいたりして、どれが使えるのか最初のうちはよくわからないかと思います。そこで今回はソロ攻略時に役に立つおすすめフェイスを7体ご紹介します!Contentsまずは入手難易度が低めで長く役に立つフェイスを3体ご紹介。FF11を始めたばかりでもこのキャラたちを押さえておけば冒険で困ることはないでしょう!注)キャラ名のあとに(メインジョブ/サポートジョブ)を記載していますが、フェイスはプレイヤーキャラと違いこの2つが同じジョブの場合があります。1ジョブに特化しているタイプですね。入手方法:フェイスのチュートリアルクエストの報酬でありながら非常に優れた回復能力をもつクピピ。各プロテス・シェル系、ケアル系、白が持つ弱体・状態異常回復魔法と回復役としては何も問題がない構成です。敵に近づかずに戦闘になったその場で戦い続けるため、範囲などのダメージを貰わないのもいいですね。ただしMP消費の大きいケアルを連発する傾向にありますので、MP管理には注意です。回復役としてはヨランオラン(白/黒)も優秀なのですが、こちらはヨランオラン・ユニティに所属していないと使えないという欠点があるため今回は割愛。ユニティフェイスはアプルル(白/赤)も優秀なので悩みどころですね。入手方法:現在ではフェイスのチュートリアル直後貰えるようになったテンゼンですが、その強さはかなりのもの。正直最後まで使えるレベルです。各種連携属性をもつ専用WSを多数持ち、魔法を使うことがないため連携も狙いやすいと前衛物理アタッカーとしては理想の動きをしてくれます。単体の敵相手なら確実に出番があるでしょう。なおテンゼンはもう一体、テンゼンⅡ(侍/狩)というフェイスもあるのですが、仕様上同じ名前を持つフェイスは同時に召喚出来ませんので注意してください。入手方法:上記2つより入手するまでに時間がかかってしまいますが、盾役として実にいい動きをしてくれるのでぜひ手に入れたいところ。サポ戦のため戦闘中はフラッシュと挑発でタゲ取り性能は抜群。WSは専用2つに属性が無いため連携の邪魔にならず、さらにケアルで回復までするおまけつき。盾役として堅実な動きでPTを安定させる良フェイスです。盾役にはさらに強力なフェイスもいるのですが、入手難易度が高いためトリオンには長い間お世話になるかと思います。ここからは入手難易度は高めだけど手に入れば確実に活躍してくれるフェイスを2体ご紹介。他のフェイスと比較しても一段階上の強さといってもいいおすすめフェイスですよ!入手方法:ジョブをみると盾役のように見えますが、実際にはアタッカー(素手ですが内部設定されている武器は両手棍)のフェイスになります。セルテウスの強さの秘密は専用WSの「リジュヴァネーション」。パーティーメンバーが3人以上HP75%以下になった時や、睡眠状態のメンバーがいると優先して使用し、HPとMPをそれぞれ最大値の25%回復、TPを500増加してくれます。自分中心の広範囲なのでPT全員に効果がかかるのもポイント。さらにストアTPを持っているらしく、近距離で戦っているとかなりの速さでWSを使ってくれます。ただし自分から移動することがないので立ち位置には注意。強力な範囲攻撃を持つ敵にはぜひ使いたいフェイスですね。ちなみにリジュヴァネーション発動条件の「睡眠時」を利用して、昏睡薬を使用して強制的に睡眠状態になりリジュヴァネーションを誘発する方法もあります。好きなタイミングで使ってもらえるので便利ですね。入手方法:入手方法が星唄ミッション全クリアのため入手難易度は非常に高いのですが、それだけの苦労に見合った強さのあるフェイスです。基本的には「イロハ」と同じ連携狙いタイプの動きで、TPをためて他キャラのWSに合わせてきます。さらにフレアⅡでMBを狙ってくるおまけつき。一人連携で光まで繋げることもあったりとかなりの攻撃力を持ちます。さらにプロテアV、シェルラVを使用したり、3人以上がHP75%以下の時にTPが溜まると「ライズフロムアシェズ」(自身中心範囲でHP25%回復とストンスキン付与)を使用するなどサポート面でも優秀。どんな場面でも使えるフェイスですね。ただしイロハが持っていた「一度だけやられても復活する効果」は残念ながら持っていません。さすがにこれまで持っていると強すぎると判斷したのでしょうか・・・?


フィールド・オブ・ヴァラー - Final Fantasy XI Wiki*グラウンド・オブ・ヴァラー/自主訓練の章 - Final Fantasy XI Wiki*基本的には、上のリンク先を見ながら狩場を決めていくといい。フェイスがいるので、あなたから見て「強そう」以上がおススメだ。もっとも、スキル上げを兼ねるなら「楽」乱獲が理想。 行動. 復帰勢です。恐ろしい勢いでレベルが上がっている。Lvは青魔53。たった3日。プレイ時間は9時間ほどしか経っていない。僕がいくら経験者とはいえ、速い。速すぎる。クエストクリアは20もないくらいだが、ミッションなどをこなしながらこのペースでいけ … フェイス一覧(入手可能日順) 編. フェイスシステム。便利ですよね。爺が一度引退した時には無かったシステムで、復帰後長くff11を楽しめているのはフェイスシステムがあるからと言っても過言ではありません。クエストやミッションなどで活躍していたnpcがパーティメンバーとして戦って