IOC フローリング メンテナンス

マルホンの無垢フローリングのメンテナンスに関する情報をご提供しております。 お引渡し前のクリーニング方法; diyでもできる無垢フローリングの隙間の補修 無垢フローリングの日常の基本のお手入れと、ウレタン塗装(樹脂塗装)・オイル塗装(自然塗装)、無塗装、それぞれのフローリングのメンテナンス方法について記載しています。大事な床材は正しくメンテナンスして長持ちさせたいですね。無垢フローリングは水分厳禁です! 前回のフローリング選びの記事はこちら. カタログサンプルMYページショールーム住宅スタイルから探す部屋から探す樹種から探す製品特徴から探す色から探す製品カテゴリーから探す木材の基礎知識性質や施工のポイントなど無垢木材の様々な基礎知識集コラム「見る木活かす木」専門スタッフが確かな情報をお届けする無垢木材コラム人気の樹種よく選ばれる樹種をピックアップして特徴や製品を紹介世界の樹種世界の樹種の詳しいプロフィールや科学的データを検索メンテナンスのコト無垢材を扱う上で知っておきたい、メンテナンスのポイントなどを掲載メンテナンスサービス無垢材のプロである、マルホンによるメンテナンスサービス塗料・メンテナンス用品のご購入マルホンのオリジナル塗料Arbor(アーバー)シリーズをお買い求めいただけますサイト内検索木材データ検索
無垢木材を美しく保つためには、正しいメンテナンスが必要です。フローリングのお手入れ方法は、その塗装により3種類に大別されます。塗料を木材に浸透させる「浸透性塗料」と表面に塗膜を張る「コーティング系塗料」、そして「高機能塗料」のうち、どの塗装を施しているかでお手入れの方法が変わってきますので、まずはお家の床材の塗装を確認してみてください。浸透性塗料のお掃除方法高機能塗料のお掃除方法傷の補修方法を動画で具体的に紹介しています。コーティング系塗料のお掃除方法基本的には日々のお掃除のみで問題ありません。その他塗料のお掃除方法マルホンの無垢フローリングのメンテナンスに関する情報をご提供しております。建物の外部で使用する木材のメンテナンスについてご紹介いたします。マルホンオリジナル無垢木材専用塗料「Arbor(アーバー)」シリーズ。本シリーズで塗装されたフローリングなどをメンテナンスする際の塗装方法をご紹介します。マルホンオリジナルの無垢木材専用クリーナー剤「Arbor(アーバー)」シリーズ。本シリーズのご利用方法についてご紹介いたします。メンテナンス製品の詳しい情報や購入は「塗料・メンテナンス用品」をご覧ください。「お施主様のお名前」「お施主様のご連絡先」「床材の樹種(木の種類)」「施工された年」「施工された業者様名」を記載して、製品情報事例紹介ショールーム木材・無垢フローリングの総合サイト「木材ドットコム」はCopyright © MARUHON INC. All Rights Reserved.カテゴリ一覧
フローリングの   ウレタンやアクリル等の樹脂塗装の商品は、フローリング表面に樹脂の塗膜があるので水分をはじき、汚れが落としやすい表面塗装の商品です。(ただし継ぎ目等塗膜のない部分は水分が染みますので水分にはご注意ください) ウレタン塗品(樹脂塗装)でも、傷や継ぎ目等塗膜が無い部分から水分が中に染みると傷みます。 水分を多く含んだ雑巾・モップ等で掃除をすると、上記のように塗膜が無い部分水気を含んで木が膨らむのでたわみや傷み、また水分によるシミやカビ、腐食の原因になります。科学ぞうきんやダストコントロールモップ等は、水濡れ箇所やワックスがけ直前直後には絶対に使用しないで下さい。使用後も床面に放置しないで下さい。フローリングワイパーはドライタイプの商品をお勧めします。ウェットタイプの商品は注意書きを十分に読んでご使用ください。 なお、木質フローリングは水分で変形したり傷んだりしてしまうため、ワックス塗布の時も樹脂塗装(ウレタン塗装・アクリル塗装等)品用のワックスのメーカーはいくつかありますが、木質フローリング用ならお好きなものをお選びいただいて構いません。※科学ぞうきんやダストコントロールモップ等は、ワックスがけ直前直後には絶対に使用しないで下さい。 木質フローリングは水分で変形したり傷んだりしますので、汚れの種類によって処理方法が若干異なりますが、最初はから拭きで除去を試み、それでも落ちない場合、お手入れの方法それでも落ちにくい場合  油(オイル)による塗装の商品は、傷や汚れへの耐性は樹脂塗装ほどありませんが、傷やシミをサンドペーパーで削り落として、フローリング用のオイルを塗布することによりメンテナンスができます。 自然塗装(オイル塗装)は、オイルを浸透させているとはいえ水分や汚れを防ぐ効果は樹脂塗装ほどはありません。水分をこぼしたらすぐ拭き取って下さい。特にフローリングの継ぎ目や裏面等、オイルの塗膜が無い部分は特に水が染みやすいです。 当店でもいくつか取扱いしているオイル製品がありますので下記をご覧ください。汚れがある場合は再塗装の前に、専用クリーナーで汚れをおとしたりサンドペーパーで軽く表面を削ったりしてから再塗装してください。(使用方法はメーカーの説明書をよくお読みください)自然(オイル)塗装や無塗装品の場合は、浅い傷や汚れはサンドペーパーで削る事も可能です。また、専用クリーナーで汚れをおとすか、浅い傷や汚れはサンドペーパーで処理する事が可能です。樹脂塗装より汚れは付きやすいので、コーヒー等こぼした場合等、染みができてしまう場合があります。(クリーナーもメンテテナンスオイルも、使用方法はメーカーの説明書をよくお読みください)  無塗装のフローリングは塗膜が何も無いため、傷や汚れは付くものです。 ささくれなどができてしまっていたら適宜サンドペーパー等で削ってください。水分を含んだ雑巾等で掃除をすると、水気を含んで木が膨らむのでたわみや傷み、毛羽立ち、また水分によるシミやカビ、腐食の原因になりますので避けて下さい。 「無垢-床.com」休日:土・日・祝・年末年始・夏季親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。無垢-床.com 株式会社アークシステムズCopyright(C) Ark Systems Co., Ltd. All right reserved. 状況に合った無垢フローリングのお手入れ方法. 無垢フローリングのお手入れ方法-草木染塗装品編.

ガラスがメンテナンスいらず(たしかそうだった気がするとういう感じですので一応確認してください。)ということで僕はガラスがいいなと思いました。質感も好きでした。 樹種のパネルがあってアジアンウォールナットも気になったので出してもらうことにしました。 でその前に、照明を�