spec ドラマ 2話 あらすじ

specシリーズの登場人物(スペックシリーズのとうじょうじんぶつ)では、日本のテレビドラマ『spec〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』から、続編の映画『劇場版 spec〜天〜』『劇場版 spec〜結〜 漸ノ篇/爻ノ篇』までのシリーズの登場人物について解説する。 慧は搬送先の病院で担当医の鷹村健太郎(竹財輝之助)に恋をし、服装も雰囲気も別人のように明るくなり、上京して夜遊びを覚えます。新宿で知り合った白旗黒志(東幹久)の勧めで占い師を始めますが、SPECホルダーを狙う様々な勢力、組織も暗躍しており……。「サトリの恋」の主演は真野恵里菜さん!高校生時代のSPEC発現のルーツが物語になっています。鷹村にSPECを打ち明けることができず、自暴自棄になった慧。違法カジノで荒稼ぎしていたところを、ディーラーの狩野(松永天馬)と来田(温水洋一)に追い詰められます。後にこれがきっかけとなり、彼らのバックにいる台湾系の組織に属することになりました。慧の周囲で“人の心が操られる”事件が起き始め、それが鷹村の同僚・新井遵子(山口紗弥加)のSPECによるものであり、彼女がSPECホルダーをオークションにかけていたことが判明。慧もその標的となりますが、狩野と来田が助太刀に入り、返り討ちにします。 警視庁公安部公安第五課、未詳事件特別対策係。通称・ミショウに飛ばされてきた刑事、瀬文焚流(加瀬亮)は、同僚の当麻紗綾(戸田恵梨香)と共に追っていた事件で左腕を負傷。 八咫烏が起こす停電で世界中が大混乱する中、瀬文と吉川は白い服のセカイと潤と対決します。セカイたちはこの世界を滅ぼし、自分たちだけの理想を作ろうとしていました。吉川は屋上から落とされ瀬文はセカイらに発砲しようとしますが、青池里子に止められてしまいます。 ドラマや映画、漫画を楽しんでますか?ドラマは視聴率が言われるこんな時代だからこそVODで自分の好みで作品を楽しもう!ドラマや映画、漫画の情報・コラム配信メディア「UDIラボ東京」ドラマのあらすじやネタバレ情報、視聴率などをチェックしよう! 2010年に放送された伝説の?ドラマ「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」の1話から最終回、最終話・結末までのあらすじやネタバレ、キャスト情報を紹介していきたいと思います。今回、この名作ドラマ「SPEC(スペック)」が再放送されることとなりました。主演の戸田恵梨香さんと、共演の加瀬亮さんはこのドラマを切っ掛けに恋人関係になられたという噂もありますね。このドラマは、中谷美紀さん、渡部篤郎さんの名作ドラマ「ケイゾク」を継承するような、繋がっているドラマです。SPECのドラマ内には出てきませんが、映画では“朝倉”という名前も出てきます。SPECホルダーという特殊能力を使う人物たちを描くドラマです。コメディとシリアスが融合した堤幸彦さんらしいドラマです。それではドラマ「SPEC」について紹介したいと思います。もくじここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました!気になる箇所へ飛んでみてくださいませ!捜査一課が手に負えない超能力などを使った特殊な事件を捜査するために警視庁公安部が設立した未詳事件特別対策係、通称“未詳(ミショウ)”に配属されたIQ201の天才であり、変人の当麻紗綾と、警視庁特殊部隊 (SIT) 出身で叩き上げの瀬文焚流の2人の捜査官が、常人にはない特殊能力(SPEC)を持った犯人と対決する姿を描く。金曜ドラマ枠では前クールの『うぬぼれ刑事』に続いての刑事ドラマである。本作品は1999年に放送され、2000年に劇場版が公開された刑事ドラマ『ケイゾク』と同一の世界観であり、両作品を合わせて「ケイゾク・サーガ」、あるいは後述の『SICK'S』を合わせて「SPECサーガ」と呼ばれることもある。堤幸彦や西荻弓絵ら同作品の主要スタッフが本作品にも携わり、竜雷太や徳井優は両作品に同一キャラクターとして出演している。加えて、制作発表当初は仮題として『ケイゾク2』を冠していた。『TRICK』シリーズなどと同様に、『金曜ロードショー』をはじめとした裏番組などの他局ネタや時事ネタ、出演者・制作スタッフ、舞台裏の事情にまつわる楽屋ネタなどのパロディ的な要素を多く含んだ小ネタを随所に織り込んでおり、台詞や視覚的要素に笑いを誘う演出が多用されているが、『ケイゾク』と同様にハードで謎に満ちた展開がメインとなっている。初期はミステリー的な展開が多いが、物語の後半以降はSPECに関わる陰謀劇を中心に描かれる。連続ドラマの平均視聴率は10.5%であったが、有料配信やDVD売上は好調を記録し、ザテレビジョンドラマアカデミー賞で4部門を受賞するなど高い評価を得ており、これらを受けて2011年7月8日、続編となるスペシャルドラマ『SPEC〜翔〜』と、映画『劇場版 SPEC〜天〜』が制作されることが発表された。『SPEC〜翔〜』は初回放送直後で映画公開直前である4月4日にディレクターズ・カット版がDVDおよびブルーレイで発売され、2012年東京ドラマアウォードの作品賞優秀賞(単発ドラマ)などを受賞した。『劇場版 SPEC〜天〜』は公開後2012年5月6日現在で動員165万9681人を記録し、最終興収23.9億円のヒット作となった。さらに漫画化作品『SPEC〜零〜』などのメディアミックスに加え、2013年に同作のスペシャルドラマ化、映画第2作の『劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇/爻ノ篇』の2部作公開をもって本シリーズは完結した。2018年4月より8月にかけて、「SPECサーガ完結篇」と銘打った配信限定ドラマ『SICK'S 恕乃抄 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜』が、動画配信プラットフォームParaviの第1弾オリジナルコンテンツとして配信された。その後も「覇乃抄」、「厩乃抄」と配信が継続していく予定となっている。9月28日から11月2日にかけては同じくParaviにて『SPECサーガ黎明篇「サトリの恋」』が配信された。また、制作サイドとファンの間ではソーシャルメディアの積極的な活用があり、ゴールデンタイムの地上波ドラマとしては先進的な取り組みが評価された。【放送日時】※一部地域を除く— SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜 (@spec_loc) 特殊な事件を扱う未詳事件特別対策係の当麻紗綾(戸田恵梨香)と瀬文焚流(加瀬亮)。問題児だが実力はハンパないこの2人が、特殊能力SPECを持つ犯罪者に立ち向かう。警視庁SIT丙部隊長の瀬文焚流(加瀬亮)は部隊を率いて出動中、部下の一人である志村優作(伊藤毅)に突然銃を向けられる。しかし発砲された弾が全て撃った側に向かって反転するというあり得ない現象によって、志村は弾丸を浴びて瀕死の重体となる。瀬文は彼を誤射したと警察上層部に疑われ、庁内の閑職と噂される「未詳」に異動させられる。そこにいたのは若い婦警の正汽雅(有村架純)と不倫中の頼りない係長・野々村光太郎(竜雷太)と、無銭飲食を疑われていた奇妙な刑事・当麻紗綾(戸田恵梨香)であった。そこへ未詳始まって以来、初の客としてタレント国会議員の五木谷春樹(金子賢)が、自分が殺害されるとの予言を占い師から受けたため、秘書の脇智宏(上川隆也)と共に警備の依頼にやって来る。未詳はその占い師・冷泉俊明(田中哲司)の身柄を拘束し厳重な警備を敷いたが、五木谷はパーティー会場で突然死亡する。心臓麻痺による自然死とされ事件は終わったかに見えたが、当麻は冷泉の予言どおりに五木谷が毒殺されたと見抜く。真犯人・脇智宏と対峙(たいじ)した2人がSPECによって攻撃を受け、負傷し殺害されようというとき、時の止まった世界の中に謎めいた少年ニノマエ(神木隆之介)が現れ、次の瞬間、脇智宏は志村と同じように自ら撃った銃弾を受けて死亡する。一方、冷泉は公安部の津田助広(椎名桔平)によって留置場から連れ去られ、身の安全を守る代わりに取引に応じるよう脅される。千里眼の力があるという死刑囚について神父の大島(佐野史郎)がミショウへ相談に来た。この話に興味津々の当麻(戸田恵梨香)は10年前のある未解決事件の再捜査を行う。誤射事件で瀬文を恨む志村の妹・美鈴(福田沙紀)は、自分に不思議な力が芽生えたことを不安に思い、兄の担当医である海野亮太(安田顕)に相談する。未詳には神父の大島優一(佐野史郎)が訪れ、教誨師として面会している死刑囚の桂小次郎(山内圭哉)が千里眼の能力を得たと主張していることを話す。桂は警察に、期限内にある未解決事件を解決しなければ真犯人に裁きを下すと対決を迫っていた。桂が指定したのは10年前に起きた「青山華道家死体なき殺人事件」。再捜査を経て当麻と瀬文は犯人を逮捕するが、桂は「もうひとりの犯人」の存在を告げ、そちらに裁きを下したという。その夜、桂のもとに津田がある会議での決定を伝えに来て、それにより桂の死刑が執行される。林実という名前の人物ばかりが何者かに憑依され騒動を起こす事件が多発。ついには林実による殺人事件が起き、当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)は捜査にあたるが・・・。瀬文は海野から「病を治す人間」を探すという取引を持ちかけられ断るが、その直後通りすがりの人物に肩の骨折を一瞬で治癒されるという現象に遭う。対象不明の張り込みに駆り出された当麻と瀬文は、目的地のガソリンスタンドで店員の武藤純(清水優)が何者かに憑依される事件に遭遇する。姿の見えない犯人は取り調べの最中、林実という名の巡査(正名僕蔵)に憑依したのを皮切りに、全国の「林実」に次々に憑依しては軽度の犯罪を重ねていく。一連の奇妙な事件が報道され始めた頃、警察に届いた挑戦状には、制限時間内に自分を捕まえられなければ憑依のSPECを公表するという内容が記されていた。ありふれた名前に途方に暮れる未詳のもとに、ついに大学助手の林実(村杉蝉之介)が殺人を犯したとの一報が入る。事件の真相を暴いた当麻は真犯人のSPECを前に窮地に陥るが、瀬文の機転に救われる。当麻は拘束された犯人を使って宿敵であるニノマエを誘い出そうとしていたが、犯人は突然殺害される。1年前に自殺した娘から「助けて」とメールが届いた母親が“未詳”に相談に来た。当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)は娘が参加していた自殺サークルを調べ始める。自殺者遺族ネットワークの弁護士・古戸久子(奥貫薫)が未詳を訪れ、自殺サークル「パーフェクト・スーサイド(PS)」に参加し失踪した娘・美智花(三浦由衣)の捜索を依頼する。古戸は未詳の捜査に参加し、PSの参加者である植松育児(湯山大一郎)が快楽殺人を犯すためにサークルで自殺志願者を集めたのではと指摘する。当麻らはPSに捜査メンバーを登録して直接対決に向かうが、その結末は残酷なものだった。事実を知った真犯人のSPECホルダーは逆上し当麻たちを襲う。瀬文たちが反撃して確保しようとした途端、犯人は突然未詳に現われた男たちにいずこかへ連れ去られてしまう。ここ1ヶ月の間に公安の刑事5人が次々と病死するという不可解な事態を調べる事になった当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)。早速、捜査を開始すると・・・。瀬文が敬愛する先輩・里中貢(大森南朋)と久々に再会した翌日、未詳には潜入捜査官らの謎の死の調査が持ち込まれ、さらに瀬文は機密データへのハッキング容疑をかけられる。当麻は瀬文の無実を信じ、ハッキング用に瀬文からIDを盗んだと思われる里中を救おうと共に奔走する。やがて、里中は公安の潜入捜査官であり、愛娘・梨花(堀田悠衣)に病を処方され脅された彼が、警察を裏切りSPECホルダー組織と取引して冷泉を拉致するために動いていることが判明する。拉致は未然に防ぐことができたが、里中は何者かに狙撃されて死亡する。国家機密に関わるその死の真実は遺族に知らせることもできず、瀬文は里中に代わって梨花の命を救うことを決意し、当麻はその気持を受け止める。里中(大森南朋)が命をかけて遺した公安部の機密資料を入手した当麻(戸田恵梨香)と瀬文(加瀬亮)。そこには、公安から盗んだスペックホルダーのリストが・・・。SPEC一挙放送ときいて…自分たちの冠番組の毎年恒例の沖縄旅行に行くために 6話で殺された登場人物がいるんですよ海野先生っていいますちなみに演じてた俳優さんは安田顕さんです — ゆなぽよ (@syunon51020) 里中が巧妙に残していたSPECホルダーのリストには病を処方する者もあったが、名前は分からずリストにはある暗号があった。瀬文は海野から病を処方する医師・宮崎洋介(井原啓介)の噂を聞き調査するが、対象は捕えられず、結局梨花は手術に望みをかけることになる。だが、その直前に病を処方するSPECホルダーが海野だと判明。当麻たちはサイコメトリーのSPECで海野の正体に気付いた美鈴と共にホルダーに対峙するが、海野は梨花の命を救うことができるのは自分の手術の腕だけであることを盾に逮捕を拒み、梨花の手術を成功させたのちに逃亡する。当麻に最後の電話をかけてきた海野は、これはマイノリティのSPECホルダーによる生存のための革命だと語るが、彼の背後にはすでに追手が迫っていた。病を治す能力を持つ男を探しだす為、冷泉(田中哲司)の居場所を突き止めようとする瀬文(加瀬亮)。その矢先、人の心を読み取るサトリ(真野恵里菜)が現れ・・・。脳死状態に陥った志村に対し、病院は強制尊厳死を迫り、妹の美鈴は経済的な理由もあり受け入れざるを得ない状態に追い込まれた。美鈴に責められ焦る瀬文に、当麻は予言者冷泉に病を治す人間探しを頼むことを提案する。ところが海外の組織をバックに持ち、心を読むSPECホルダーのサトリ(真野恵里菜)が冷泉を拉致したために計画は危うくなる。当麻は瀬文にも意図を明かさない作戦を進め、サトリを追い詰めようとする。当麻たちはサトリの弱点を突いて冷泉を奪還することに成功した。冷泉は自由を求めて警察から解放されることを条件に当麻たちと取引し、ニノマエの自宅と志村を救うためのヒーラーの出現場所を予知して、死の危険があることを感じながらも独りその場を去って行く。当麻(戸田恵梨香)はついにニノマエ(神木隆之介)の居場所を突き止める。そのころ瀬文(加瀬亮)は、病を治すヒーラーに辿り着くが、とんでもない条件を出されてしまう。当麻は冷泉の予言に従いニノマエの自宅を訪れるが、彼の反撃にあい恐怖を覚える。瀬文は辞表を提出して未詳を出てゆき、志村を救うためにヒーラーのバックの組織と取引するが、その過程で殺人の容疑を着せられ警察に追われる身となる。当麻は野々村から未詳の取り潰しと公安零課の存在を知らされる。瀬文は取引の条件として組織の一員であるニノマエの協力のもと津田を拉致する。そこで瀬文は志村を撃った弾丸がニノマエが組織の命令で起こした現象によるものだと知る。津田を引き渡し約束通り志村はヒーラーのEXILE・NAOTO(NAOTO)に治療されるが、その直後瀬文たちの目の前で絶望的な惨劇が起きる。当麻(戸田恵梨香)が警視庁公安部公安零課の存在を突き止めた事で、未詳の取り潰しが決定する。その頃、姿をくらました瀬文(加瀬亮)はある男に取引を持ちかけられる。組織が瀬文との約束を破って志村を殺したため、これに反発したニノマエは自ら世界の王(キング)を名乗り、逆らう者たちを次々と殺害し始めた。瀬文は当麻に別れを告げ、志村の仇であるニノマエを倒し未詳の仲間を守るため、津田のスカウトで公安零課の一員となる。しかし襲撃するも全く歯が立たず、零課は壊滅状態に。独りで自首を勧めた野々村も重傷を負わされる。そしてニノマエと対戦し絶体絶命の瀬文の元に当麻が現れる。当麻はSPECに対抗する究極の作戦で挑む。瀬文(加瀬亮)はニノマエ(神木隆之介)に戦いを挑み、絶体絶命のピンチに陥る。そこへ当麻(戸田恵梨香)が現れ、命を懸けた作戦でニノマエを追い詰めるが・・・。ついにニノマエを倒した2人だが、当麻はニノマエの正体が記憶を操作されていた自分の実の弟・陽太であると知り、衝撃を受ける。2人はこれまでの闘いを裏で操ってきた者を知るが、一連の事件の記憶を敵の記憶操作のSPECにより消されてしまう。当麻が警察病院で目覚めたとき、瀬文は作戦の影響で眠り続けていた。当麻は元婚約者の地居聖(城田優)に再度プロポーズされるが気が進まない。ようやく目覚めた瀬文はある人物に苦しめられる。やがて病院を抜け出した当麻は推理によって真の敵が地居であることにたどりつき、教会に呼び出す。そこへ美鈴の助けを借りて瀬文が駆け付けるが、敵の利用するSPECに痛めつけられる中、ある不思議な現象が起こり当麻は地居を倒すことに成功する。戸田恵梨香さんから!再放送に当たりコメントをいただきました!— SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜 (@spec_loc) 出動中に部下を誤射したと疑われ異動命令を受けた警視庁SIT丙部隊長・瀬文焚流は、公安部公安第五課未詳事件特別対策係(通称:未詳)の一員となり、係長の野々村光太郎の下、天才だが変人の捜査官・当麻紗綾とコンビを組む。未詳とは、一見ひまな左遷先であるが、他部署で手に負えない事件や、超能力など科学的に説明のつかない事象に関わる難事件を捜査する部署である。当麻と瀬文は、予言者や千里眼を得たと称する死刑囚からの挑戦、他人に憑依する犯罪者などSPECを持つ者たちの関係する奇妙な事件に、当麻の天才的推理と肉体派の瀬文のコンビで次々と立ち向かってゆく。ほぼ一話完結方式で進む物語は、中盤から拘置中の予知能力者・冷泉俊明拉致未遂事件などにより、SPECホルダーたちによる秘密組織の存在が判明し、それに対抗し殺人なども含む非合法の治安維持を行う公安零課の暗躍などが描かれる。このような中で、当麻と瀬文は先輩の里中貢の家族や誤射事件で重体になっている部下・志村優作を治療するため、協力してSPEC関連の事件を捜査し、絆を深める。やがて、瀬文は志村を救うため、当麻の宿敵である一十一(ニノマエジュウイチ)の所属組織と取引するが、約束を破られ志村を殺害される。瀬文が巻き込まれた誤射事件も、SPECホルダー組織によるものであることが明らかになり、瀬文は志村の復讐のため未詳を出て公安零課入りするが、ニノマエはその能力により組織を恐怖支配してトップに立ち、零課を壊滅させるなど悪行を重ねる。当麻はニノマエの無敵のSPECを打ち砕く作戦を立て、勝利するが、その場で彼の正体と、影でニノマエを操ってきた、他人の記憶を操る別の敵の存在を知る。当麻と瀬文は敵に消された記憶を取り戻し、対決により傷を負いながらも、その敵を倒す。SPECファンあるある— がうちゃん (@611BLUELOVE) 主人公の一人。未詳の捜査官。IQ201の頭脳を持ち、餃子が大好物のガサツな女刑事。京都大学理学部を卒業した物理マニアでFBIでX-FILEを研究した経験を持つ。左手を三角巾で吊るし、赤いキャリーバッグを持ち歩く。本人もSPECの持ち主であり、スペックホルダーの死者を蘇らせることができる。主人公の一人。未詳の捜査官。不可解な事件に巻き込まれて部下の志村優作(伊藤毅)を誤射したと疑われ左遷されてきた。元SIT小隊長を務め、銃の扱いに詳しい軍人マニアの肉体派刑事。坊主頭で無表情。茶色い紙袋が鞄代わり。未詳の嘱託係長(後に降格して係長待遇)。昼行灯扱いされているが刑事としての信念を強く持つ。元捜査一課弐係(通称:ケイゾク)係長で、別名・ゴリさん。謎の少年。時を止める能力を持つとされるが、本当は数万倍のスピードでこの世を動き回る能力である。この世界の王(キング)を名乗る。劇中や字幕放送、公式サイトなどではしばしば「ニノマエ」と表記される。本当は当麻の弟の陽太である。SIT隊員・志村優作の妹。サイコメトリングの能力を持つSPECホルダー。東京芸術大学を目指す浪人生で、のちに芸大生となるが中退する。兄が誤射事件により植物状態となり、瀬文を恨んでいたが誤解であったことを知る。東京大学大学院生。当麻の元彼氏でプロポーズしていたが破局し、復縁を望んでいる。正体は記憶を操るスペックホルダーであり、公安零課の津田の影武者。TV版のラスボス。警察病院の医師。美鈴の兄・優作の主治医。専門は小児科で、有能な外科医でもある。他人を自由に病気にするSPECホルダー。占い師。未来を予知するSPECホルダー。ドレッドヘアが特徴。予知をもとにした脅迫で逮捕され、その後津田により監禁状態におかれる。未詳に出入りする婦警で、後に司法修習生となる。野々村の愛人であの手この手で結婚を迫る。野々村とのやりとりは本作におけるコメディ・リリーフ的要素が強い。警視庁公安部特務選任部長。SPECホルダーたちを確保し、未詳に陰で絡む謎の男。治安維持のため非合法活動を行う公安零課(こうあんゼロか)トップのパブリックドメインである。SPECファンあるある— がうちゃん (@611BLUELOVE) ドラマ「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」の再放送日時は下記の通りになります。この通りになります。また、動画配信はHuluやアマゾンプライムビデオなど、色々な配信サービスで配信されております。SPECは、何故か「また見たい」と思わせてくれるドラマです。このSPECを見たあとに、ミスチルの「Starting Over」を聴くと、妙なリンクを感じて、個人的には好きです!それでは、再放送されるドラマ「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」を楽しみましょう! 希空ドラマが大好きで色々な配信サービスで常にドラマを見て聴いています!

中島健人&平野紫耀主演のドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

spec 第03話 「丙の回」 -漂泊の憑依者-ある夜、瀬文(加瀬亮)は海野(安田顕)から植物状態の志村(伊藤毅)を治せる医者がいるかもしれない、と言われる。