インターネットラジオ 受信機 自作

インターネットラジオ(*1:受信機)を自作(*2)する方法を教えて下さい。(下記(1)と(2)の製作方法)Webサイトの紹介でも構いません。この質問への回答は締め切られました。 「 そしてちゃんとしたスピーカーのあるラジオ受信機がないか。 入力中の回答があります。ページを離れますか?※ページを離れると、回答が消えてしまいます入力中のお礼があります。ページを離れますか?※ページを離れると、お礼が消えてしまいます 専用機は複数存在します。ただし、J-WAVEが聴けるものとなると、次のリンクの製品しかないと思います。ひょっとしたら他にもあるかも知れませんが。新規登録・ログインgooIDで新規登録・ログインおすすめ情報 「

あなたへのお知らせ ということで、 radikoが聴ける=インターネットに接続できる. 「 「 インターネットラジオ(*1:受信機)を自作(*2)する方法を教えて下さい。(下記(1)と(2)の製作方法)Webサイトの紹介でも構いません。*2:自作する内容は、例えば、CPU基板にH8/3069F(秋月電子通商)を用いて、これに(1)MP3 マニアックな 地理ネタ、テレビ・ラジオ、芸術などを取り上げるブログです。フォローする 今どき今さらam送信機を自作しようとしている方を、当方は全力で応援します!amトランスミッターやamラジオ送信機なんて呼び方もありますが、要は中波帯、amラジオに電波を飛ばして音楽とかを鳴らすってやつですね。lc発振回路を使ったベース変調方 普通のラジオのように電源を入れるだけで流れ始めるインターネットラジオの 「

kazusone様 ご回答有難うございます。 Q&Aの参照履歴新規登録・ログインgooIDで新規登録・ログインおすすめ情報 地理学科卒(都市地理学)/普段はWebデザイナー・コーダー/マニアックな地理、デザイン・アート、テレビラジオ、カルチャーに詳しい/水曜どうでしょうマニア17年目 ■■私の作品、「芸術と地理の研究」について。■筆者のホームページ。■筆者のアート作品を随時掲載。■「地理学」や「芸術」に興味のある方が情報交換や交流するための掲示板です。■QRコードで「芸術地理学通信」を友達に教えよう!↓↓↓ スピーカーが良いこともあってか一般的な市販の小型ラジオより音が良く、以前製作したfmトランスミッターの受信機にピッタリです。 自作ラジオを組み込む方法. やっぱり、ラジオ受信機でラジオを聴くスタイルが一番良いと思ったのです。 radikoが聴けるラジオ受信機を探す. ふと、インターネットラジオをラズパイで聞けば良いじゃ無いか! と思い立ち、やったことをまとめました。 本記事では、ターミナルからコマンドを打って、 radiko や サイマルラジオ の各番組を再生することを目指します。 「 「No.1 目次みなさんは、ラジオ聴きますか?私はよく聴くんですけど、今まではラジオ受信機(いわゆるラジオ)で聴いてました。住んでいた地域も、特に周りに建物も少なく、AMラジオもFMラジオもクリアに聴こえていました。なので、特に問題なくラジオライフを送れていたわけです。しかし、最近、周りに建物が密集している住宅街に引っ越し、ラジオをつけたところ、なんと聴こえないんです、ラジオが。そりゃそうですよね。ラジオの電波は建物などの障害物があると届かないわけです。住宅街のように、周りに住宅が密集していたり、高い建物があると、電波が届かないので、ラジオは雑音だらけで、聴こえなくなってしまいます。案の定、私のところも、そのような現象が起きてしまいまして、FMラジオはかろうじて聴けるものもあるのですが、AMラジオは、雑音ばかりで、快適に聴こえるなんてものとは、無縁。絶望的な状況なのです。これは、どうしようかと思ったのですが、いつもスマホアプリでradikoを聞いているので、それを自宅でも使えばラジオが聴けると思ったんですね。ちなみにradikoとは、インターネット回線を通じてラジオが聴けるというサービスで、周囲の電波環境を受けずに、安定してラジオが聴けるのです。基本、自分の住んでいる地域のラジオ局しか聴かない場合は無料で聞くことができます。自分の住んできない地域のラジオ局も聴きたい場合は有料になります。そこで、スマホのradikoを立ち上げて、自宅で聴こうと思ったんですけど、スマホの音量を上げて、ラジオを聴くのもなんだかな〜ずっとイヤホンしているのも疲れるし。。。一日スマホで流してたら、電池の消耗がすごいな〜なんて色々思いまして、自宅でスマホでradikoを楽しむことは断念。次に、パソコンでradikoを聴こうと思い、パソコンでradikoのホームページにアクセスして、radikoを聴いてたわけです。しかし、すぐに分かったのは、radikoを聴くには、常にパソコンを立ち上げていなくてはならないのです。スリープ状態にするとradikoが切れてしまいます。ずっと一日パソコンの前にいる人なら良いと思うのですが、自宅でラジオを楽しむ人の中にそんな人はいないと思うんですよね。そもそもラジオの魅力って、何かをしながらでも聴けるってことですからね。しかも、パソコンを一日中立ち上げておくのもなんか嫌ですし、パソコンに内蔵されているスピーカーだと、音もそんなに広がらないし。。。やっぱり、ラジオ受信機でラジオを聴くスタイルが一番良いと思ったのです。ということで、radikoが聴ける=インターネットに接続できるそしてちゃんとしたスピーカーのあるラジオ受信機がないか。つまり、radikoを聴くための、専用のラジオ受信機がないかと調べました。しかし、なかなか良いものが見つかりませんでした。そこで、検索でヒットしたのがスマートスピーカーでした。スマートスピーカーとは、こちらが話しかけると、検索結果を話してくれたり、音楽を再生してくれたり、といった対話型のコンピューターなのです。今までは、ただのスピーカーに検索機能が付いているのもじゃん、と思っていて、そんなに魅力は感じていなかったのですが、なんとGoogleのスマートスピーカー「Google Home」はradikoに対応しているというじゃないですか。Google Homeは、インターネットに接続できるちゃんとしたスピーカーで、インターネットラジオも聞ける、という私の要望にピッタリあったものでした。ということで、早速GoogleHomeを買いました。といっても、GoogleHomeは2種類あります。1つは標準サイズのGoogleHomeもう1つはGoogleHomeよりサイズの小さいGoogleHome mini です。どちらも、中身の機能的には同じで、違いは大きさとそれに伴う音の出力の違いなどとなっています。私は、特に、音の出力とかはあまり気にしないので、コンパクトなサイズがいいなと思い、GoogleHome miniを買うことにしました。新宿のビックロで6,000円くらいで買えました。早速開封です。まず、GoogleHome専用のアプリをスマホにインストールします。こちらのアプリはAndoroidでもiosでもどちらでもインストールできます。そのアプリをインストールしたら、あとはアプリの表示に従って、設定をするだけです。アプリでの設定が終わったら、スピーカー本体とACアダプターをつなげて電源を入れます。GoogleHome miniはスピーカー本体とACアダプターをつなげないと電源が入らないようになっています。電源が入れば、すぐ使うことができます。例えば、「OK Google 明日の天気は?」と話しかけると、「明日の(お住いの地域)の天気は最高気温○○で、晴れ時々曇りです」と、すぐに答えてくれます。そして、肝心のインターネットラジオradikoの聞き方ですが、「OK Google (ラジオ局名)聴かせて」というと聴きたいラジオ局を流してくれます。「OK Google TBSラジオ聴かせて」「OK Google 文化放送聴かせて」「OK Google JWAVE聴かせて」といった感じです。音量が大きい場合は、「OK Google 音量下げて」というと、1つ音量を下げてくれます。音量を上げる時も同じです。ラジオを止めたい場合は、「OK Google ラジオ止めて」というと、ラジオを止めてくれます。ちなみに、専用アプリをインストールしたスマホの画面にも、radiko受信中にはこのような表示が出ます。スマホからも、radikoの受信を停止したり、再開したりできます。まだ使い始めて間もないのですが、めちゃくちゃ快適なラジオライフを送れています。インターネットラジオなので、雑音が入ることもなく、安定して放送を聴けますし、スピーカーの音質も良いですし、一日中番組を流しても大丈夫、ちゃんとしたスピーカーとして機能しています。しかも、今までのようにわざわざラジオが置いてある場所まで行って、ダイヤル回してチャンネルを合わせたり、音量を調節したりしなくていいんです。今の所は、とても満足しています。インターネットラジオradikoをラジオ受信機と同じ感じで聴ける「Google Home」おすすめです。  スポンサーリンクシェアするフォローする