コーヒーが冷めないうちに お母さん 成仏

監督:塚原あゆ子 2018年9月に東宝から配給コーヒーが冷めないうちにの主要登場人物時田数(有村架純) 喫茶店「フニクリフニクラ」で働く不思議な力を持つ女性新谷亮介(伊藤健太郎) 「フニクリフニクラ」の常連。数に気がある。清川二美子(波瑠) 監督:時田数(有村架純)が働く喫茶店「フニクリフニクラ」には、都市伝説がささやかれていました。その伝説とは、店内のある席に座ると過去や未来に行けるのです。常連さん達はみなその都市伝説に興味津々です。幼なじみとケンカ別れしてしまった清川二美子(波瑠)や妻が若年性アルツハイマーになった夫房木康徳(松重豊)や亡くなった妹に会いたい平井八絵子(吉田羊)は、みな後悔があり不思議な体験を試みます。そして、母親とのことで後悔している時田数(有村架純)です。今は、数にしかその力が使えず、数自身は過去に行くことが出来ません。しかし新谷亮介(伊藤健太郎)のアイデアにより数は、過去に戻り真実を知るのでした。時田数(有村架純)はいとこ(深水元基)が経営する喫茶店「フニクリフニクラ」で働いています。この喫茶店には、都市伝説がささやかれていました。その伝説とは、店内のある席に座ると過去に戻れるのです。しかし、ルールに従わないと実行されません。そのルールとは、過去に戻っても現実は変わらないこと。過去に戻った時、喫茶店からは出られない。過去に戻れる時間は、コーヒーを注いでからそのコーヒーが冷めない間だけ。コーヒーが冷めないうちに飲み干さないとならない。過去に戻れる席にはいつも先客の女性がいて、その人が席を立った時だけ過去に戻れる。過去に戻ってもこの喫茶店に来たことが無い人には会えない。と細かいルールがあります。常連さん達はみなその都市伝説に興味津々です。さらに、過去に戻るには、時田家の女性が入れたコーヒーでなければなりません。時田家には数しか女性がいないので、数が入れたコーヒーでしか、過去に戻ることはできないのです。最初に過去に戻ったのは、常連の清川二美子(波瑠)でした。二美子は、本当は好きなのに素直になれず、アメリカに行く幼なじみの賀田多五郎(林遣都)とケンカしてしまい後悔しています。ルールを聞いて納得した上で過去に戻ります。過去に戻ってもケンカをしてしまいますが、彼女と別れたことを聞き出せました。言いたいことが全部言い切れずに現実に戻ってきてしまう二美子でしたが、過去から戻ったあとに数から「未来はまだ訪れていないからそれはお客様次第かと。」と言われ思い切って五郎にアメリカに行くとラインします。数に背中を押され二美子は積極的になるのでした。常連の平井八絵子(吉田羊)の妹(松本若菜)は、姉に話したいことがあるためフニクリフニクラに訪れますが、八絵子は逃げ続けています。妻(薬師丸ひろ子)が若年性アルツハイマーになった夫・房木康徳(松重豊)も妻が過去に書いた手紙を受け取りに過去に戻ります。勘の良かった妻は夫が未来から来たと気が付きます。夫は妻に「3年後も大丈夫」と嘘をついて手紙を受け取り現在に戻ります。妻からもらった手紙はバースデーカードでした。そこには、夫でいるのが辛くなったら離れていいと書いてありました。最後まで夫婦でいたいからと。妻の本当に気持ちに気が付いた夫は妻にもう一度プロポーズするのでした。平井八絵子(吉田羊)の妹が急死しました。旅館を継がずに実家から逃げた八絵子は、妹から恨まれていると思っていましたが、過去に戻ることにしました。喫茶店で妹と再会した八絵子は「実家に帰ってもいい」と告げます。「旅館を継ぐ」と、妹は「お姉ちゃんと一緒に旅館をやるのが夢だった」と泣きます。妹は恨んでいませんでした。数は、新谷亮介(伊藤健太郎)に誘われ、亮介の大学の文化祭に行きます。これをキッカケに亮介と数は仲良くなります。数とは正反対な明るく気さくな亮介。数は亮介に引っ張られて次第に明るくなっていきます。亮介は、数ともっと会いたいし数を笑わせたいから友達になるといいます。亮介は、数のいとこの店主から数のお母さんの事を聞きます。過去に戻る席にいる先客の女性が数のお母さん(石田ゆり子)だと聞かされます。亡くなった後さまよう幽霊となったのでした。死んだお父さんに会いに行くために過去に戻ったお母さんは過去から戻ってきませんでした。数は、お母さんに置いて行かれたと思っていました。そして自分が入れたコーヒーで過去に戻してしまったことを後悔していました。過去を後悔する数に寄り添う亮介。亮介は「コーヒーを入れてたくさんの人を幸せにした。だから自分は数に幸せを返したい。」と数を励ますのでした。そして二人は友達から恋人になるのでした。そして月日は経ち、就職した亮介。数から子供が出来たと告げらる亮介。亮介は「すっごい嬉しい」と喜びます。しかし、数はまだ過去に囚われて悩んでいます。お母さんに捨てられたと思っている数は母に聞いてみたいことがたくさんあるといいます。しかし、コーヒーを入れて過去に戻す人は数しかいないので数は過去に戻れません。しかし亮介にあるアイデアが浮かびます。そのアイデアとは、数のお腹の中の子供が女の子ならコーヒーを入れる時田家の女になるということでした。そして、長い年月をかけた作戦が決行されます。店に呼ばれた数の前に中学生くらいの女の子が表れます。その子の名前は未来(みき)ちゃん。未来ちゃんがコーヒーが入れてくれて数は過去に戻れるのでした。過去に戻った数が見たものは、母を泣いて引き留める子供の数でした。ケガをした数を心配して母は過去から戻れなくなったのでした。事実は父に会いに過去に戻ったのではなく余命を告げられた母が、数を心配して未来に来たのでした。母に捨てられたわけではなかったと知ったのでした。亮介のありがたみが分かり、数は子供を産んで幸せになるのでした。そして数の母は成仏するのでした。物語は、シリアスでファンタジックに進んでいきます。特に、アルツハイマーになった妻の物語が素敵でした。病気は治らないけれど、新しい夫婦のカタチを築いていけて良かったです。そして、数を過去に戻す作戦が秀逸でした。二人の子供、未来が出てきてから映画のテイストが少し変わります。未来は、亮介に似ていてとても明るくテンションの高い女の子でした。子供を産んでからの数がとても楽しく幸せなんだなと未来を見て感じられます。そして、「コーヒーが冷めないうちに」はエンディングまで見逃せません。エンディングに、数を過去に戻す作戦が凝縮されています。ここをもっとゆっくりと見たかったな思いました。関連記事は見つかりませんでした。 IDでもっと便利に
2017年に本屋大賞にノミネートされて以来、話題のベストセラー小説を有村架純主演で実写化。 監督はドラマ『アンナチュラル』で注目された塚原あゆ子が映画初監督デビューを果たしました。 この秋「4回泣ける」と話題を集める感動作『コーヒーが冷めないうちに』をご紹介します。

2020/5/5成仏したんだと思いました。この広告は次の情報に基づいて表示されています。みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!Q&Aをキーワードで検索:
ID非公開さん2020/5/5 コーヒーが冷めないうちにで、

「コーヒーが冷めないうちに」同様、4パートに分かれていて、それでいて描かれる光景はやはりフニクリフニクラ店内の様子のみである。 両作品とも世界観が統一されているし、狭い空間に少ない登場人物ということで、とても分かりやすい話である。 コーヒーが冷めないうちに飲み干さないと、行った先の時間の中に閉じ込められてしまい、二度ともとの時間には戻ってこられなくなるのです。 幽霊の彼女は、1日に1回だけ、トイレに行きます。 〝あの席〟に座るためには、その瞬間を待つしかありません。 嘘をつくことに 罪悪感は ありますか? でもそれは愛する人のためでした。 「コーヒーが冷めないうちに」はもう読まれましたか? こちらの作品はサンマーク出版の川口俊和さんの作品で2015年に発売されま All Rights Reserved.「追加する」ボタンを押してください。閉じる※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。不適切な投稿でないことを報告しました。 コーヒーが冷めないうちにで、お母さんは幽霊になってずっとあの席にいましたが最後のエンディングなどではいなかったですよね?有村架純が過去に戻ったことでお母さんの呪い?も解けたんですか?それともたまたま映らないようにしていただけですか? ∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟∟JASRAC許諾番号:9008249113Y38200Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 泣けると話題の映画「コーヒーが冷めないうちに」をご紹介します。この映画の原作者は川口俊和さんです。過去に戻れる不思議な喫茶店で働く数を演じているのは有村架純さん、そのお客さんとして通ってくる大学生の新谷を伊藤健太郎さんが演じています。 お母さんは幽霊になってずっとあの席にいましたが