ザベストテン 再放送 する の

松下担当時は、TBSの一貫して司会を務めた黒柳も、1984年にゲスト司会者登場時の進行補助、もしくはゲスト司会者が登場しない回における進行を、1985年5月2日から6月27日放送までは松下賢次、7月4日から9月26日放送までは生島が担当した。 後半は、レコード売り上げと有線放送のデータのみに基づいた1977年の年間ランキングを発表。テーマ曲はレギュラー放送と異なるアレンジで生演奏。 2005年9月30日の『中居正広の金曜日のスマたちへ』の「ザ・ベストテンの真相」でのランキング。 例えば私が歴代朝ドラの中で最高傑作だと思っている『あまちゃん』...記事を読む   得点の計算方法は、各要素のランキング上位30曲に対し1位30点、2位29点…30位1点という形で得点を振った上で、前記の配点比率に従い合計が300点満点になるように倍率をかけ、最終的にその得点を加算してランキングを決定。番組では演出上の理由で33.33倍し9999点を満点として表示ランキングは、当時世界各国の歌手が登場する際は、スタジオでの歌の演奏は、基本的に第4位までの発表が終わると週によりランキング外の1・2曲をピックアップして「今週のスポットライト」というコーナーで紹介した。11 - 20位の曲もVTRで紹介され、出演者が少ない時には30位や50位からの発表もあった。 視聴率が85年を境に急落しているのは初回から司会を担当していた久米宏が降板したことや、中村あゆみや渡辺美里、BOOWYといったテレビ出演に消極的なアーティストがランクインしても出演を辞退したことで出演者席に空席が目立つようになったからである。89年にも下落が見られるがこれは前述の通り、フジテレビで同時刻に「とんねるずのみなさんのおかげです」がスタートしたからである。 オーケストラメンバーは基本的に白のジャケット、黒のパンツで女性は白のドレス姿だった。曲のイメージによって同週2曲以上のランクインの場合1曲=1週とカウント(公式本:別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテンの「ランクイン総週数ランキング」データに準拠) なお、上記の放送回数はランキング紹介を行ったレギュラー放送回についての通算回数を表記しており、この前夜祭と正規最終回の回数は含まれていない(これらを含むと通算放送回数は605回)。また、初代男性司会者の久米については前番組に当たる『当時のTBSでは、前番組である『トップスターショー・歌ある限り』の視聴率が振るわなかったことから、新しい音楽番組の制作を企画することとなった。当時TBSプロデューサーだった当時のスタッフ内部では、「(当時流行し始めた)初代司会者の決定の経緯については、資料によって内容が異なっている。山田修爾の著書『ザ・ベストテン』によれば、最初にTBSの局アナウンサーだった久米が前番組から続投することが決まり、次に相方を女性とすることとなって黒柳がキャスティングされた。制作サイドでは初回放送の前週(1978年1月12日)に『ザ・ベストテン前夜祭』を放送。前半は、昭和43年 - 昭和51年の年間オリコン1位の楽曲を出演した歌手が持ち回りで歌唱。 基本は36名編成(管楽器13名、弦楽器14名、ピアノ1名、ドラム1名、シンセサイザー1名、ベース1名、パーカッション2名(ラテン1、クラシック1)コーラス女性3名) 伝説の番組『ザ・ベストテン』tbsチャンネル2でついに再放送スタート! 1978年1月にスタートし、およそ12年間にわたって放送された「ザ・ベストテン」。 ポップス、ロック、演歌に歌謡曲…時代を彩る様々な歌手が出演し、最高視聴率41.9%を記録した伝説の音楽番組がtbsチャンネル2 番組初期によく出演したが、後半になると出演拒否に近かった歌手。1980年代後半になると出演拒否が目立つようになる。この番組だけに限らず、同じランキング形式の番組である『※系列は放送当時のもの 代役司会として多くのタレント・文化人が様々な形で登板した。代役司会の最初とも言うべきは久米宏担当時においては、1981年の女性問題による不祥事による謹慎時、また1982年6月17日と6月24日放送で久米が特に1985年4月の久米降板から2代目司会者に小西博之に決定するまでの1985年5月から9月の間は、黒柳のパートナー不在のため代打司会を多く起用している。これは、久米が2代目の司会に松宮の起用を望んでいたものの、久米の後釜というプレッシャーから辞退したなどのため、なかなか正式な司会が決まらなかったことによる。 番組は10年目を迎え、「月間ベストテン」をスタートさせ、ランキングボードやオープニングを新しいものにした。光GENJIや南野陽子、工藤静香らが番組に華を添えた。夏頃までは20%を超える回もあり歌番組の中では安定した人気を誇っていた。しかし88年10月から裏番組としてフジテレビで「とんねるずのみなさんのおかげです」がスタートし、一気に視聴率を逆転される。89年から司会を渡辺正行メインにし、初登場だけに関わらず歌詞テロップを出すなどのテコ入れをしたが効果は見られず、1989年7月6日に番組内で打ち切りを発表。2ヶ月後の9月28日に最終回を迎えた。 この「0」と同じデザインが歌手の足元にも配置されておりソロ歌手はその中心で歌っていたが、オケ前でもセットや多彩な照明演出が行われるようになったため、使用は番組開始すぐの司会者のトーク時のみで1987年ごろから歌唱シーンには使用しないようになった。  CS放送・あれこれと情報収集し、CATVとの契約も交わし、万全の態勢で先日の放送開始日(6月20日)を迎えましたが、その辺についてはこちらの“前編”をどうぞ。↓ で今回は、再放送第1弾の視聴記録や感想などを。と、その前に、番組の詳細ページを再度見てみたところ、7月分の放送予定が公開されたようでして。↓↑スケジュール部分を拡大。  気を取り直して、番組を視聴してみました。1978年1月にスタートし、おそよ12年間にわたって放送された伝説の音楽番組「ザ・ベストテン」。「 で、冒頭でこんなテロップが。↓ ようやく、独特のズジャージャ、ズジャージャ、ズジャージャ、ズジャジャージャージャン。ドゥルルルルル〜「(久米さん・黒柳さんのお二人の声で)ザ・ベストテーンッ!」 いよっ、待ってました。 オープニングでは、レコード売上・有線放送リクエスト・ラジオリクエスト・ハガキリクエスト、以上4つの“背景として その後、40年ぶりに聴く懐かしい歌の数々とともに番組は進行し、上位3曲の発表前に挟まれる「16位は当時は、音声はレコードから、画面は 15位は当時の放送で、どのような映像が流されていたのかは、さすがに憶えていません。  こんな具合で番組前半での「今週のベストテン」を終え、後半では「発表は第50位からでして、44位に山口百恵さんの『音楽(音声)自体は 年間ランキングの39位には、再び松山千春さんの『人生の空から』。この曲での出演がなかったとはいえ、当時の宣材写真などがこの再放送で流れることすらお許しいただけなかったようです。残念。 年間36位には、一応、モザイク加工しました。(音は当時のレコードからだったと思います) 14位もオフコースさん。『当時の写真の使用可否には、いろいろ難しい線引きがありそうです。 そして、彼らは何度も出演していましたが、メンバー内に違法薬物使用で数回逮捕された人物がいるためか、こちらも ちょっと意外だったのが、年間ランキング5位のやっぱり、歌番組はこうじゃないと…。 整理すると…、「当時は(ほぼ)「当時は「当時の「当時のなどなど、いろんなパターンが見受けられたわけですが、一番解せないのは百恵さんの曲は、引退するまで何曲もランクインし、本人もスタジオや中継先などから何度も何度も出演しているのですが、今回の再放送で「40年も前に仮にですが、「部分使用がNGなのではなく、テレビ露出(再放送)自体がNG。でもDVDボックスの発売ならばOK」なのだとすると、今後も第2弾・第3弾と続くはずの再放送においては、「 さらに言えば、「 で、今回の再放送の次回は っていうか、問題はそっちじゃなくて、こっちです。↓ そうこうしたら、特設サイトでもランキングボードを模った演出で次回の放送告知が出てました。↓“音声オン”にすると、ティンパニーロールとともにパネルがパタパタ回転して、上記の状態で止まります。 拡大。↓TBSチャンネルさんとしては誇らしげにに「 ちなみに、こちらのサイトに おそらく、「再放送の許諾交渉」を重ね、少なくとも本編で歌唱した全アーティストからOKをもらえた回しか放送できないんだとしたら、私の見たい「だって、テクノ歌謡系の歌手本人がOKでも、同時にランクイン&出演していた他の歌手(のうちの1組)からNGが出てしまえば、その回全体の再放送ができないかもしれないのですから。許諾交渉は大変な作業だとは思いますが、だからといって「 ザ・ベストテンの再放送、9月の次は12月あたりでしょうか?で、その次は来年3月とか?年1回の『せっかく契約したCATVではありますが、いったん解約しといた方がいいのかも。 シェアするフォローする ザ・ベストテンがcsで再放送されたのはこれが初。また、番組本編終了後に黒柳出演の特別映像が放送され、西城の思い出を語った。また、この回は8月5日の15:00 - 16:00にも放送された。 2020年6月、番組テーマ曲を作曲した服部克久が他界。2020年7月18日放送の『 夜のヒットスタジオ(1985年4月のリニューアルから管楽器7名削減)など他の音楽番組が、1980年代後半になるとオーケストラの生演奏を必要としない歌手が増えたことを理由にオーケストラの人数を縮小または廃止したにもかかわらず、本番組では設置されない週が増えこそすれ処置としての縮小や廃止は一切とられなかった。これは、音楽監督の判断だった。

当時人気絶頂だった初回の「今週のスポットライト」はランキングとは無関係にこれまでにない「ランキング形式での歌番組」という位置づけ、オリジナリティあふれる演出、中継での歌唱、黒柳と久米の掛け合いなどが人気を集め、「ベストテン」は1年足らずで常時30%近い視聴率を取る人気番組となった。山口百恵やゴダイゴ、サザンオールスターズ、沢田研二らが積極的に番組に出演し、80年代になると、アイドル系歌手が出演することが多くなり、田原俊彦、近藤真彦、松田聖子、中森明菜、小泉今日子、河合奈保子、シブがき隊、早見優、堀ちえみらが継続的にランクインするようになった。さらに1982年から「豪華版」がスタートし、こちらも30%近い視聴率を記録した。