チップ 日本 法律

日本獣医師会の「動物id情報データベース」によると、マイクロチップの登録は日本国内で、犬:1,573,698件、猫:438,634件、その他:5,120件(2019年6月13日現在)。  近年、SNSの普及などにより、インターネット上に動物虐待の動画や画像の投稿が増加、罰則強化などを求める国民の声は非常に強いものとなっていた。これまでの動物愛護法では、動物への虐待罪(殺傷)は、「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」で、刑法の器物損壊罪「3年以下の懲役または30万円以下の罰金、科料」よりも『懲役刑』が軽いため、動物愛護団体や一般市民からも罰則の強化による厳罰化を求める声が強かった。 今回(令和元年6月12日参院本会議)可決・成立した改正動物愛護法は、動物虐待に対する厳罰化への国民感情の高まりなどから、超党派の議員連盟が改正案の検討を重ね、議員提案したもので、虐待罪(殺傷)の法定刑は「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」と現行法の2倍以上に引き上げられた。  改正動物愛護法では、すでに普及を進めている「マイクロチップ」について、犬・猫への装着を義務化する。義務化の対象は、犬・猫の販売を目的としたブリーダー(繁殖業者)などとしている。マイクロチップに登録された識別番号で飼い主の特定が可能となり、飼育放棄を防止する狙いがある。また、悪質なブリーダーに対する一定の抑止力になる効果も期待されている。 今回の動物愛護法の改正では、すでに犬・猫をペットとして飼育している飼い主については「マイクロチップの装着は努力義務」とした。 これまで、犬・猫のペットとしての販売は「生後49日(7週)」以降可能とされていたが、今回の法改正で生後56日(8週)以降に改められた。これは、早期販売によるしつけの行いにくさなどに配慮したものとしている。なお、天然記念物として指定されている日本犬については、伝統的な飼育方法が確立されているとして、対象外としている。 今回改正された動物愛護法の施行は、公布から3年以内で、遅くとも2022年(令和3年)までに施行される予定。  日本獣医師会の「動物ID情報データベース」によると、マイクロチップの登録は日本国内で、犬:1,573,698件、猫:438,634件、その他:5,120件(2019年6月13日現在)。 ペット用マイクロチップ  迷子や地震などの災害、盗難や事故などによって、飼い主と離ればなれになっても、マイクロチップの番号をリーダーで読み取り、データベースに登録された情報と照合することで、飼い主のもとに戻ってくる可能性が高くなります。  ※リーダーは、全国の動物保護センターや保健所、動物病院などに配備されています。  マイクロチップの装着による動物への障害はほとんどありません。日本国内で、動物の体内に装着したマイクロチップの副作用、ショック症状等についての報告は、今までに1件も寄せられておりません。諸外国の機関 (WASAVAやBASAVA) では副作用の症例を調べていますが、これまでに腫瘍が認められたという症例はほとんどなく、ワクチン摂取によるアナフィラキシーショック等と比較しても、安全性は高いと言えるでしょう。 (出典:  ペット用のマイクロチップ埋め込みは、獣医療行為にあたるため、獣医師以外は行うことができません。マイクロチップの装着費用は、動物病院によって費用が異なり、多くの場合、3,500円から5,500円前後とされています。動物病院によっては、1万円ほどの費用がかかる場合もありますので、かかりつけの動物病院をはじめ、居住地域の動物病院の負担額を事前に調べておくことをおすすめします。また、ペットの情報をマイクロチップの識別番号と紐付けする「登録」にかかる費用は1,000円です。 日本獣医師会によると、「犬は生後2週齢、ねこは生後4週齢から埋込みができると言われていますが、個体差や健康状態を診て獣医師が判断」とされていますので、現行法でペットとして飼育(購入)可能な生後7週以降でれば、獣医師の診察のもとマイクロチップの装着が可能と考えられますので、動物病院でご相談ください。 おすすめ記事  本日の動向・速報 お知らせ 全国の自治体で新規感染者等の発表数が増加しています。 また、自治体によって、国の緊急事態宣言発出前後の時期のように、情報公開まで時間を要したり、夜間に臨時で発 ...   感染症指定医療機関の指定状況(厚生労働省) ■平成31年4月1日現在 ・感染症病床を有する指定医療機関 348医療機関(1,712床) ・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関 184 ... 税金とかの法律に詳しい人なら常識かもしれませんけど、チップをもらう職業の人たちっていますけど、あのチップの税金はどうなっていますか。そもそもチップは所得税ですか。贈与税?いずれにしてもチップって不特定多数の人から直接もら © 2020 unavailable days

法律が施行されても、そもそもマイクロチップの装着義務を日本にいるすべての犬猫にするのかは、まだまだ決まっていません。 仮に施行されても、今現時点(2019年)の飼い主は、努力義務にとどまっています。 飼い主の人は、 新型コロナウイルス関連特設・気象と自然災害・ニュースと速報   14日~15日にかけて西日本に接近・上陸 超大型台風10号の日本接近に伴い、気象庁は同本庁舎内で臨時の記者会見を行いました(令和元年8月13日午後2時)。 担当:黒良龍太主任予報官 ・あ ... 犬やねこを海外から日本に持ち込む場合には、マイクロチップなどで確実に個体識別をしておく必要があります。また、海外に連れて行くときには、マイクロチップが埋め込まれていないと持ち込めない国があります。 マイクロチップとは 日本ではチップというとあまり馴染みがありませんが、日本のタクシー運転手はチップをもらっているのでしょうか。このページでは、世界のチップ事情と日本のタクシー運転手のチップについてご紹介し … Impress Watch を最新記事7月23日 10:007月23日 09:157月23日 08:157月22日 22:307月22日 20:15鈴木淳也のPay Attention第18回2019年10月25日 09:10 先日、ファミリーマートに立ち寄ったところ、POSに据え付けられている決済端末が新しいものに切り替わっていた。従来、ファミリーマートでクレジットカード決済するときは店員にカードを渡してPOSのリーダーでスワイプし、電子マネーの場合は客側に向けられた決済端末にタッチする形で運用されてきた。だが今回新端末に移行したことで、少なくともICチップ付きクレカについては顧客自らが手元で操作する形となった。 コンビニ大手3社では、ローソン、セブン-イレブンに次ぐ形でのICクレカ対応となったファミリーマートだが、これはクレジット取引セキュリティ対策協議会が実行計画の中で示した「2020年3月までの『加盟店のIC対応』ならびに『PCI DSS準拠』または『カード情報の非保持化』」という期限に間に合わせるために実施されているもの。おそらく、ファミリーマート店舗の大部分はいまだ旧端末で運用されている。ファミリーマート広報に確認したところ、端末の入れ替え計画は2019年9月にスタートし、2020年2月時点での完了を目指しているという。 今回は、「IC対応」ならびに「PCI DSS」といったキーワードに焦点をあて、クレジットカード処理のセキュリティ向上と東京五輪をにらんだインバウンド施策の実際について現状をまとめたい。 日本におけるIC対応義務化の背景は経済産業省が2018年4月に公開している 近年、クレジットカード取引における不正利用被害額が上昇しており、その対応を強化するのが目的だ。クレジットカード決済には主にリアル店舗で行なわれる「対面決済」と、ECや一部店舗で行なわれている「非対面決済」の2つが存在するが、ここで情報管理の甘いシステムが存在することで利用者のカード情報が漏洩する危険性がある。昨今ニュースで報じられている「○○が△万件のカード情報流出」という事件はこれに起因する問題だ。 ケースの2つめとして考えられるのが、こうした漏洩済み情報を用いて磁気カードを偽造し、店舗決済やキャッシングに利用する問題だ。2016年5月にセブン銀行ATMを中心に都市部のATMで18億円の現金が一斉に引き出されるという事件が発生したが( 3つめはなりすまし被害で、ケースとしては昨年2018年12月にPayPayで発生した「他人のクレカ情報を登録してPayPayで決済を行なう」というものが該当する。 このうち、2つめのケースについてはIC付きクレカの利用で防げる可能性が高く、世界的にみてもこの対策が甘い日本が集中的に狙われたという意見がある。IC付きクレカに付属するICチップの標準規格はEMV(Europay, Mastercard and Visa)という仕様に準拠しており、同標準はEMVCoという国際カードブランドらが中心となって運用される標準化団体によって定められている。 従来まで、偽造クレジットカードによる被害はカードを発行するイシュアが加盟店規約を基に負担してきたが、より安全で偽造の難しいIC付きクレカへの業界全体での移行を促すため、IC非対応の決済端末で行われたクレカのトランザクションで発生した不正被害は、決済端末を利用する加盟店側が負担するという責任権限の委譲、いわゆる「ライアビリティシフト(Liability Shift)」が行なわれるようになった。 これは欧州やカナダなどの地域で先行して実施され、米国でも2015年10月1日より有効となった(ガソリンスタンドの自動給油機については2017年10月1日から)。これが2020年3月のタイミングで日本でも実施されるというのが全体の流れだ。 もちろん、単純に「IC付きクレカが利用できる決済端末を導入しました」というだけではダメで、きちんとICチップ内の決済情報が安全に処理され、場合によっては保持されていることが前提となる。 そこで登場するのが「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」と呼ばれるクレジットカードの利用や処理に関するセキュリティ標準で、システム全体できちんとカード情報が保護され、安全な形で処理されているかが求められることになる。 本稿執筆時点で最新のPCI DSS 3.2.1が発行されているが、その趣旨としては国際カードブランド各社でまちまちだったカード取り扱いのためのセキュリティ標準を一本化し、アクワイアラや加盟店各社にきちんとした形で実装してもらえるようにしたものだ。 下記は、NTTデータがCAFISを利用してPCI DSSならびに「カード情報の非保持化」にいかに対応するかを紹介した IC対応を行なう場合、小売店舗である加盟店各社は「カード情報の非保持化」を行なうか、あるいはカード処理を行なう事業者と同様にPCI DSS標準への準拠を求められる。一般に、カード処理にはCCTなどの外部端末を通して直にセンター側に処理する「外回り」と、POSに接続された決済端末を通してセンター側に接続する「内回り」の2つのパターンがある。後者は大手やチェーン店などのケースで多いが、POSを含むセンターへの接続経路まで一定のセキュリティ基準を満たしている必要がある。 また、内回りのケースでもPCI DSSに準拠していれば必ずしも安全というわけではなく、例えば2013年に4,000万件のカード情報漏洩を起こした つまり、カード加盟店はIC対応にともない、今回のファミリーマートのケースのように決済端末を変更するだけでなく、多くの場合はPCI DSS対応やカード情報非保持化のためにソフトウェア更新やシステム更新という形でバックエンドに手を入れなければいけなくなるという話。これがコストと時間を要する要因であり、なかなか業界全体で対応が進まない理由でもある。ライアビリティシフトとは一種の強制力のようなもので、業界全体のセキュリティ強化のためにボトムラインを上げることが念頭にある。もちろん、4年前にライアビリティシフトが実施された米国においてもIC化率はいまだ100%に達しておらず、少なからぬ加盟店が移行の狭間で揺れている。大手小売各社についても、IC対応についてはライアビリティシフト実施から1-2年ほどの混乱が見られた。 ただ、日本では一度IC対応が進むと割と厳格化されるという印象もある。例えば、筆者の自宅近くに今年2019年8月に天然温泉がオープンし、せっかくということで利用してみたのだが、ここでのカード決済はICカードのみしか許されなかった。その理由を聞いてみたところ、中小の加盟店が新規に申請を出してもICカードの取り扱いのみしか許可されず、磁気カードの扱いが拒否されるのだという。安全性の理由によるものだと考えられるが、割と同様のケースでICカード以外の取り扱いを拒否される加盟店もいるのではないかと考えている。 磁気タイプのクレジットカード利用における問題は、スキミング行為により簡単にカードの偽造が行なえる点だ。ICチップも100%安全というわけではないが、少なくともICチップ自体の偽造は難しいため、磁気カードを「擦られなければ」安全だ。 ゆえにIngenicoやVerifoneなどの決済端末で、「スーパーでも個人商店でも、顧客がカード挿入やPINパッドの操作が可能なように決済端末が手元にある」という状態が好まれ、日本のように店員にカードを渡してカウンターの奥や死角にある端末で処理されるのを嫌がる傾向があるという話がある。設計思想の問題だが、先日クレカと電子マネー対応で話題になった これについて、以前に機器を開発製造する東芝テックの関係者に話を聞いたことがあるが、その理由として挙げていたのが「カードは店員が処理するものという日本の文化を反映した」というものだった。 電子マネーもそうだが、利用者側が不慣れなため、オペレーションを店員に委ねないと処理がスムーズに行なえず、レジは行列を捌けないということなのだろう。 だがこれは世界的なトレンドからみれば逆行した動き、決済端末においても日本独特のルールを生み出してしまっている。個人的意見だが、こうした部分も含め日本の利用者にカード取り扱いの習慣をつけさせるよう促し、可能な限り世界的なトレンドに合わせることが、今後のインバウンド対応と決済端末の普及において重要なのではないかと考えている。 もう1つ、ICチップ対応とインバウンドで重要なのが「NFC Pay」などとも呼ばれるクレジットカードやデビットカードの国際ブランドのネットワークを使った「非接触決済」だ。EMV準拠のカードで行なう非接触決済のため、「EMV Contactless」の名称で呼ばれたりもする。これがなぜ重要かは 実はこのEMV Contactless、仕組みとしては加盟店のIC対応とほぼ同義で、IC対応の際に「接触」と「非接触」の2つのオプションが用意されたものから選んでいるに過ぎない。 そのため、2010年代前半にライアビリティシフトの話で盛り上がる米国で金融系のセミナーに多数出席していたとき、カードブランド各社は「IC対応するなら、ついでに非接触もオプションでつけよう」ということを盛んに訴えており、「多少のコスト増でも今後集客が見込めるならいいじゃないか」とアピールしていた。 そのおかげかは知らないが、米国ではちょうどこの時期にApple Payが登場したことで非接触決済の重要性が広く認知されたこともあり、かなり初期から非接触対応の決済端末が導入されるケースが相次いだ。IC対応は一種の非接触決済を広げるチャンスであり、これを機会に日本でもEMV Contactlessの市場が広がることに期待したい。 国内SIerでシステムエンジニアとして勤務後、1997年よりアスキー(現KADOKAWA)で雑誌編集、2000年にプロフェッショナル向けIT情報サイト「@IT」の立ち上げに参画。渡米を機に2002年からフリーランスとしてサンフランシスコからシリコンバレーのIT情報発信を行なう。2011年以降は、取材分野を「NFCとモバイル決済」とし、リテール向けソリューションや公共インフラ、Fintechなどをテーマに取材活動を続けている。Twitter(▲▲2019年10月18日2019年10月18日2019年11月7日2019年11月22日2019年12月2日2020年2月18日2020年3月6日2020年3月27日2020年5月8日2020年7月3日Copyright ©