ドリフのズンドコ節 原 曲 版

ザ・ドリフターズの「ドリフのズンドコ節」 をレコチョクでダウンロード。 ... このブラウザはサポートされていません。 Chromeブラウザの最新版をご利用ください。 ... 1曲まるごと収録されたファイルです … !」1986年には、テレビドラマ『ザ・ハングマンV』のエンディングテーマとして、男性路上パフォーマンス集団の「劇男零心会(げきだんれいしんかい)」がカバー。零心会は後の「一世風靡セピア」のルーツ。2002年には、演歌歌手の氷川きよしが『きよしのズンドコ節』をリリース。2008年の第59回NHK紅白歌合戦では大トリの曲として歌われた。夏祭りの盆踊りの曲としても使われることがある。その他、アニメ「ドラえもん」の「たけしのズンドコ誕生日」(2005年版626話)や「スイートプリキュア♪」の「世界は悲しみのズンドコになるニャ。」のくだり、テレビCMでは「高橋酒造」やサントリー「BOSS」、大東建託「いい部屋ネット」CMソングなど、『ズンドコ節』は今後も様々な形で愛唱され続けていくことだろう。 ジャイアンがうたう「ズンドコ節」に、時代を感じる。 2019-09-22 2019-09-26 『ドラえもん』のアニメ版は、声優陣が一新されて以降、ジャイアンの歌が変わったり、他のキャラにも新しい歌が登場したりと、音楽もアニメを見る際の注目ポイントのひとつになりました。 もともとは軍歌?小唄だったみたいなんですが、マイトガイこと小林旭さんverとかもあるんですけど、ドリフのバージョンは替え歌になっていて、 これもまた当時の歌謡曲に寄せた見事なアレンジだなぁと思います。 ポップスですね。 解説 「海軍小唄」の替え歌。テーマは小林旭と同じく「若い男女の恋物語」だが、原曲の「海軍小唄」の歌詞も6番(ほぼ原曲の1番である)をはじめとして所々に使われている。 表題曲『ドリフのズンドコ節』( ※試聴環境がないようです by )は、 オリコン年間2位、累計枚数80万枚越えという、ドリフ最大のヒット曲になっている。 この元歌はというと、実は作者不詳の伝承曲*2で、 1969年にはザ・ドリフターズによって『ドリフのズンドコ節』としてカバーされ、100万枚を越える大ヒットを記録した。ちなみにドリフはオリジナル版の『海軍小唄』も歌っており、ドリフの軍歌集「ドリフの軍歌だよ 全員集合! ドリフのズンドコ節. 新ドリフのズンドコ節. 「汽車の窓から手をにぎり」の歌い出しで知られる『海軍小唄(ズンドコ節)』は、作詞・作曲者不詳の日本の流行歌。福岡の学生を作曲者に挙げる説もあるようだが詳細は不明。親しみやすいメロディで替え歌もしやすく作曲者も分からない。となれば、後世の音楽家たちがこれを放っておくはずはない。『海軍小唄(ズンドコ節)』は終戦直後から平成の現代まで、様々なメディアやジャンルで替え歌・カバーが生み出されている(後述)。写真:海上自衛隊が運用する「たかなみ型護衛艦」汽車の窓から手をにぎり花は桜木(さくらぎ)人は武士元気でいるかと言う便り終戦直後から様々なアーティストがカバーした『海軍小唄(ズンドコ節)』。主な楽曲について時系列にまとめてみた。1947年に田端義夫のギター演奏で『ズンドコ節(街の伊達男)』としてカバーされヒットすると、1960年に小林旭が映画挿入歌として『アキラのズンドコ節』をリリース。1969年にはザ・ドリフターズによって『ドリフのズンドコ節』としてカバーされ、100万枚を越える大ヒットを記録した。ちなみにドリフはオリジナル版の『海軍小唄』も歌っており、ジャケット写真:ドリフの軍歌集「ドリフの軍歌だよ 全員集合! レコチョクでご利用できる商品の詳細です。1曲まるごと収録されたファイルです。<フォーマット>1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。<フォーマット>詳しくは シングルもしくはハイレゾシングルが1曲以上内包された商品です。ダウンロードされるファイルはシングル、もしくはハイレゾシングルとなります。<フォーマット>640×480サイズの高画質ミュージックビデオファイルです。※パソコンでは、端末の仕様上、着うた®・着信ボイス・呼出音を販売しておりません。この商品はスマートフォンでご購入いただけます。レコチョクでご利用できる商品の詳細です。1曲まるごと収録されたファイルです。<フォーマット>1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。<フォーマット>詳しくは シングルもしくはハイレゾシングルが1曲以上内包された商品です。ダウンロードされるファイルはシングル、もしくはハイレゾシングルとなります。<フォーマット>640×480サイズの高画質ミュージックビデオファイルです。※パソコンでは、端末の仕様上、着うた®・着信ボイス・呼出音を販売しておりません。

「ズンドコ節」(ズンドコぶし)は、囃子詞に「ズンドコ」が使用される楽曲の総称である。 大別して、ルーツを『 海軍小唄 』とするものと、 田端義夫 『 街の伊達男 』とするものの2つの系譜がある。 「ドリフのズンドコ節」は、ザ・ドリフターズの楽曲で、3枚目のシングル。 1969年 11月1日にリリースされた。.