新聞記者 映画 相関 図

映画「新聞記者」は2019年6月28日に公開された日本映画です。原案は東京新聞記者・望月衣塑子による同名ベストセラーで、上映された本作もまた新藤兼人賞や第11回TAMA映画賞を受賞し大ヒット映画となりました。社会派サスペンスという重いテーマながら、ダブル主演を務めた韓国の実力派女優・シム・ウンギョンさんと人気実力共に国内トップクラスの若手俳優・松坂桃李さんお二人の演技が素晴らしく、また脇を固める俳優陣も流石の一言に尽きます。真実を追い求める新聞記者と葛藤を抱えるエリート官僚の二人が出会い、現代社会に隠された深い闇を知った時、何が起こるのか…。そんな映画「新聞記者」の魅力を今回は掘り下げたいと思います!ラストセリフの意味やあらすじとネタバレ感想もご紹介しますので最後までご覧ください(^-^)Contents物語は東都新聞あてに届いた一通のFAXから始まります。目を黒く塗りつぶした羊の絵と共に送られてきたのは、ある大学の新設計画の極秘情報。その内容は、本来なら文部科学省の管轄である筈の大学新設を内閣府が主導し、更には民間へ運営を任せるというものでした。一般的な流れとは異なるこの新設計画の真相を探るべく、若手女性記者の吉岡エリカは編集長の陣野からFAXの送り主を探すよう命じられます。同じ頃、内閣府では内閣情報調査室(内調)に移動した官僚・杉原が自身の仕事に葛藤を抱いていました。移動前に勤めていた外務省で「誠心誠意、国民に尽くす」という信念を上司の神崎から学んだ杉原でしたが、内調での仕事は現政権に都合の悪い人物の悪評を探し、時には捏造し世間に拡散するというものでした。そんな時、元上司の神崎が飛び降り自殺したという一報が届き杉原は愕然とします。つい先日、久しぶりに会って酒を飲み交わし「俺のようにはなるなよ」と語った神埼。彼は5年前にある事件の責任を一人で背負い外務省を辞職していました。「責任をとったらこれからも面倒をみてやる」と、その言葉に従って。この神埼の死をきっかけに杉原と吉岡は出会います。神埼の葬儀に赴いた杉原。そして吉岡もまた、取材を重ねるにつれてあのFAXを送ったのは神埼だったのではと突き止め、葬儀の場へ向かうのでした。新聞記者と内閣の官僚。まるで立場の違う二人ですが、真実を知りたいという共通の意思により徐々に信頼関係が生まれ、そして真相に近づいていきます。神埼は何故自殺したのか。そして大学の新設計画には何が隠されているのか…。現実社会を髣髴とさせるリアリティの重さは物語ラストの際の際まで続き、観た人に強いメッセージを投げかける作品です。 映画は大学新設計画に隠された謎を中心に、一般市民さえ陥れる内調の隠蔽工作や吉岡の父の自殺など数多くの「闇」が散見されます。昨今の日本映画には珍しい鋭い社会風刺を盛り込んだ作品だからか、上演する映画館も限られていました。しかし衝撃的な内容に果敢に挑んだ甲斐もあり、視聴後の感想では「良作」「絶対に見るべき」との声も多いです。リアリティに富んだ社会派映画であるために、いわゆる娯楽映画としてのエンターテインメント的な爽快感は得にくいかもしれませんが、社会とは何か、正義とは何かなど、民主国家で生きる私達にとって思い思いの答えを考えさせてくれる作品だと思います。また、俳優さん達の演技も必見です。難しい役どころ故に中々決まらなかったヒロイン、吉岡を演じたシム・ウンギョンさんの緩急ある表現力。内調での杉原の上司・多田を演じる田中哲司さんの怪演も素晴らしく、終盤で「この国は見せかけの民主主義で良いんだ」と語る様は背筋が凍ります。そして自身の正義と、現実の圧力に苦しむ杉原役の松坂桃李さん。愛する家族と共にいる時の穏やかさと、官僚としての誇りと葛藤を見事に演じきってくれました。物語ラストの憔悴しきった顔と「あのセリフ」に、胸を掻き毟る想いを味わった観客もいるのではないでしょうか。上記でも少し触れました「あのセリフ」。つまり映画のラストで杉原が語った言葉ですが、厳密には小さく呟くだけで何と言ったかは定かではありません。ただし、方々の感想を見てみると「ごめん」と呟いたのではないかという意見が多いようです。確かにあのラストならこのセリフが妥当のような気がします。とはいえほぼ口パクなので断言も出来ませんが…。ただ、あえて聞き取りにくい演出にすることで見る者の想像力を掻き立てる。そして何より、ラストのあの杉原の心情をこれ以上なく表しているのではないでしょうか。 (引用:https://mondo-libre.com/shinbunkisha-last/)映画『新聞記者』はその暗く重いテーマ故に、視聴後の爽快感や娯楽的要素をお求めの方にはお勧めし難い面もあります。しかしその分、「現実でこんなことが行われているのかも…」と考えさせられるところは多く、間違いなく観て損の無い作品です。もしご覧になる場合は物語は勿論のこと、役者さん達の繊細な演技にも是非注目していただきたいですね。話題の新作もたくさん配信されています→©Copyright2020 映画「新聞記者」--そのあらすじ 深夜の東都新聞社会部にFAXが送られてきた。 サングラスをした「ヒツジ」のイラストで始まるその文書は、ある医療系大学の新設に関わる極秘情報を暴露するもので … 2019年の人気映画『新聞記者』は日本アカデミー賞で優秀作品賞となりましたが、実際のところ「あらすじっておもしろいの?」「新聞記者視点の映画って今さらどうなの?」などの疑問がありますよね。 私も観るまで判断できませんでしたが、とても面白かったです。 新聞記者の紹介:2019年日本映画。東京新聞で働く女性記者・望月衣塑子の著書を原案とするサスペンス。国家の闇を追う新聞記者と、エリート官僚が、それぞれの立場で正義を貫く。映画やテレビドラマでの主演作が続き、今ノリに乗っている松坂桃李。そして彼とW主演を務めるのは韓国の実力派女優シム・ウンギョン。この春、日本で舞台にも挑戦した彼女は、日本人の父と韓国人の母の間に生まれ、アメリカで育ったというヒロインの役に見事にハマっている。衝撃的な内容ゆえに、日本国内の女優はみな出演を見送ったというこの役は、彼女によってよりリアルなものとなった。また、悪役として不気味な存在感を放つ田中哲司の怪演も見どころのひとつだ。ここからは映画「新聞記者」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。目次深夜の東都新聞社会部にFAXが送られてきました。サングラスをした羊のイラストで始まるその文書は、ある大学の新設に関わる極秘情報を暴露するものでした。夜が明けて社会部は、上からの圧力で差し替えられたと思われる一面記事の話題で持ち切りです。その記事は、文部科学省の大学教育局長が、大学の不正入学に関与していたというものでした。社会部記者の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)は、上司の陣野(北村有起哉)に呼ばれ、FAXの調査を任されます。その情報によると、通常文部科学省が管轄する大学の新設を、なぜか内閣府が主導していて、しかも経営を民間に委託するというのです。同じ日、内閣府の中にある内閣情報調査室(通称:内調)。杉原拓海(松坂桃李)は、公安が深夜につかんだ大学教育局長のスキャンダルをマスコミに流し、あっという間に局長は世間の批判にさらされることに。杉原たちは、現政権に都合の悪い人物に対して、マイナスのイメージがつく情報を探し出し(捏造し)、広く世間に拡散させているのです。外務省からの出向である杉原は、上司の多田(田中哲司)に呼び止められ、「外務省時代の知人から連絡があったら報告するように」と言われました。ある日、レイプ被害の会見を開いた女性に対し、ハニートラップだったことを裏付ける相関図をつくるように指示された杉原は、自分たちのしている仕事に迷いを感じ始めます。そんなとき、外務省時代の尊敬する上司、神崎(宮野陽名)から食事の誘いの電話が入ります。日を改めて会食する二人。『国民に尽くすこと』がモットーの神崎は、実は杉原と一緒に働いていた北京大使館時代、無実であるにも関わらず、不正の責任をひとりで被った過去があったのです。“国のため、家族のため”と自分に言い聞かせたと遠い目をする神崎は、「俺みたいになるなよ」と杉原に言います。記者の吉岡は、大学教育局長を取材しています。大学新設の件は、目的が不明だったため断ったと言いますが、それ以上を聞き出すことはできませんでした。杉原は、かつての同僚・都築(高橋努)に偶然会いますが、彼が神崎の後任であること、その仕事が大学新設関連だったこと、そして自分の部署内調が神崎を追い詰めていたことを初めて知ります。神崎を心配し電話するも通じず、自宅にも誰もいません。すると神崎から電話が…。その電話を最後に、神崎はビルの屋上から身を投じてしまいました。杉原は上司の多田に詰め寄りますが、逆に、「お前、子供が生まれるそうじゃないか」と切り返されてしまいます。神崎の通夜の日、杉原は残された妻と娘に寄り添い、群がるマスコミから守ろうとします。その様子を見ていた吉岡は、不躾な質問をした記者に対して「自分がその質問をされたらどう思いますか?」とマスコミ側を止めに入りました。妻子を乗せたタクシーが去り、立ち去る吉岡を杉原が呼び止めます。「そっち(マスコミ)側だろ」。吉岡が「本当のことが知りたい」と言うと杉原は一言、「君には関係のないことだ」と言います。杉原の妻(本田翼)は自宅で破水し危険な状態に。杉原が病院に駆けつけると、緊急で帝王切開し出産が終わったあとでした。妻と赤ちゃんが無事で、杉原はほっとするのでした。内閣府付近に取材に来ていた吉岡は、杉原を見かけ声をかけます。例のFAXの羊を見せますが反応はなし。吉岡は無理矢理名刺を渡しました。後日、帰宅する杉原を追っている吉岡。地下鉄を下り、周囲を警戒し顔を向けないまま杉原は話しかけます。神崎の自殺を止めたかったと言う杉原。吉岡は、新聞記者だった自分の父が、スクープを誤報とされ、失意のまま自死したことを語ります。その誤報が真実だったのか、そして今回のことも、なぜ神崎が家族を残して死ななければならなかったのか、それを明らかにしたいと伝えるのでした。吉岡は神崎の自宅を訪れます。取材は断っている神崎の妻でしたが、吉岡が羊の絵を見せたことで家に入れてくれました。そして、娘が幼い頃に神崎が描いたという羊の絵を見せてくれました。サングラスはしていませんが、それはまさしくあのFAXに書かれていた羊と同じものでした。神崎の妻は吉岡に、書斎の机の引き出しの鍵を託します。「家族には見られたくないと思う」と席をはずし、吉岡はひとりで引き出しを開けると、そこにはあのFAXの原本がありました。吉岡は杉原を呼び出し、ついに新設大学が生物兵器の研究施設を兼ねているという事実を突き止めます。そこに置かれていた『DUGWAY INCIDENT』という本には、アメリカの軍事施設ダグウェイで生物兵器が開発されており、周辺で羊の大量死があったという内容が書かれていました。翌日、吉岡は、上司の陣野をホテルの一室に呼び出します。そこには杉原の姿がありました。大学新設が生物兵器研究のためだとする事実を記事にしたいと二人は言います。そのためには根拠となる資料が必要だと陣野は言い、杉原は証拠を手に入れると約束し、必要なら自分の実名を出してもかまわない、と決意を語りました。杉原は妻子のいる病院へ向かい、二人を抱きしめ、「ごめん、ごめん」とただ涙を流すのでした。杉原は、都築の事務室に忍び込み、引き出しにあった大学新設に関するファイルを写真におさめます。それを吉岡に渡すと、彼女は「ありがとうございます!絶対にムダにしません」と感謝してもしきれない様子で応えるのでした。ついにその記事が一面に載った新聞が世にでました。その日、杉原は妻子の退院に付き添っていました。彼のスマホには上司多田からの着信が…。そのころ東都新聞社会部には、この記事を捏造だとする週刊誌のゲラが早くも届けられていました。が、他の一般紙もこの報道に追随するという報告もあり、続報に向けて吉岡は動き始めます。杉原に電話をかける吉岡。でも杉原は電話に出ません。すると吉岡に、知らない番号から電話がかかってきました。電話の主は名乗らずに、吉岡の父親の記事は誤報じゃありませんでしたよ、とだけ告げ切れました。長年の疑問にひとつの答えが得られた満足感を感じながらも、得体の知れない不気味さをおぼえる吉岡は、その後も杉原に電話をかけ続けます。杉原はそのとき、多田の前にいました。吉岡に電話をかけたのは多田でした。それを聞かせた上で、多田は「お前じゃないよな」と言ってきました。そして「外務省に戻してやる」という条件を出してきたのです。杉原は無言で部屋を出ました。放心状態で廊下を歩く杉原。そのまま建物を出ると、道の向こうに電話をかけ続けている吉岡の姿がありました。ただならぬ杉原の様子に不安顔の吉岡。放心とも苦悩ともとれる表情の杉原。やがて杉原は、ひとり言のように小さく言葉を発するのでした。以上、映画「新聞記者」のあらすじと結末でした。etchanさんの感想この話は決して権力とジャーナリズムの対立を描いているのではなく、政府サイドの若き官僚が日々の業務の中で沸き起こった疑問や、俺のようになるなよ、という言葉を残した元上司神崎の謎の死を経て、せめて自分は矜恃を保ちたいと願った所が1つのポイント。