映画 関ヶ原 朝鮮人

映画「関ヶ原」では、1600年の関ヶ原の戦いを描いています。 西軍の大将である石田三成を主人公としており、歴史上勝利した東軍・徳川家康を相対する敵としてストーリーが進みます。 クライマックスの関ヶ原の戦いを前に、石田三成(役:岡田准一)の家来が朝鮮人の兵を紹介するシーンがあります。 朝鮮人は日本に捕虜されている設定ですが、「フランキ砲」(↓)と呼ばれる大砲の使い手揃いという話でしたね。 フランキ … 2019-05-29 【映画】関ヶ原でセリフが聞き取れない?ひどい・駄作と言われる理由と評判について . 2017年8月26日に公開された映画「関ヶ原」。主人公を石田三成として、1600年の関ヶ原の戦いをモチーフに描かれています。石田三成率いる西軍、徳川家康率いる東軍と2つの軍の合戦は迫力がありましたね。ただ、合戦の際、西軍の石田三成がなぜか朝鮮人を仲間にするシーンがありました。日本の歴史上ではありないことだと思います、なぜ映画「関ヶ原」で朝鮮人が登場したのでしょうか。今回はその理由について考察していきたいと思います。 この記事の目次岡田准一が『白い巨塔』と2週に渡って登場! 映画『関ヶ原』が地上波放送 — music.jp (@musicjp_mti) 映画「関ヶ原」では、1600年の関ヶ原の戦いを描いています。西軍の大将である石田三成を主人公としており、歴史上勝利した東軍・徳川家康を相対する敵としてストーリーが進みます。クライマックスの関ヶ原の戦いを前に、石田三成(役:岡田准一)の家来が朝鮮人の兵を紹介するシーンがあります。朝鮮人は日本に捕虜されている設定ですが、「フランキ砲」(↓)と呼ばれる大砲の使い手揃いという話でしたね。フランキ砲は別名、石火矢とも呼ばれています。フランキ砲(国崩)くん — えい( ˘ω˘ ) さん (@lunaselise) 石田三成はフランキ砲を使えるという朝鮮人に魅力を感じ、大砲を使用して西軍に加わることを許可します。日本で大砲が普及したのは1550年ごろといわれており、当時はフランキ砲以外にも、「大筒」や「大鉄砲」も使われていたそうです。フランキ砲は弾と火薬を一体とするカートリッジを子砲に詰めて使用します。歴史上は重さと形態から移動が不向きといわれていましたが、石田三成は朝鮮人の力と戦闘への意志を信じたのでしょう。以上のように、映画「関ヶ原」ではしっかりと朝鮮人の描写が描かれており、天下分け目の戦いにも参加しています。映画「関ヶ原」で登場する朝鮮人。そもそも、実在した関ヶ原の戦いでは西軍に参戦していたのでしょうか。結論からいうと、朝鮮人が参戦していたかどうかは不明です。歴史上の書物をあさっても、明確に「朝鮮人が参戦した」という記録は残っていませんでした。しかし、記録がない=存在しない、という判断するのは早計です、当時の日本では、朝鮮出兵に伴い、捕虜として捉えられていた朝鮮人が西日本に住んでいたという記録はあります。特に福岡県の唐人町は、多くの朝鮮人が住み、暮らしていた町です(↓)そして、朝鮮人は陶器などの工芸技術を国内に広めており、こちらも正確に記録にされている事実なのです。また、徳川家康はかなり慎重な将軍であったことは有名であり、石田三成の「大一大万大吉」の旗印を全て焼き払ったなど負けた西軍の痕跡を消そうと必死だったといわれています。おそらく、謀反を恐れて、排除していったのでしょう。このつながりから、徳川家康が「朝鮮人が西軍に協力した事実を消した」という可能性はゼロではありません。関ヶ原の戦いに勝利したとはいえ、西日本では徳川家康に対する反感は相当なものであったため、政治的な側面は詳細な記録を全て消し去ったという説も残されています。 歴史上は曖昧な「朝鮮人による西軍のへ加勢」ですが、なぜ、映画では描かれていたのでしょうか。下記のように違和感を唱える人もいらっしゃるようです。「関ヶ原」エンターテイメントに徹していておもしろかったなあ。石田三成、島左近かっこよすぎ。— ☆キンクマはやし☆(謹慎中) (@TomoTomo1030) 正確な理由は公表されていませんが、下記3つの理由があるといわれていますが、どうなのでしょうか。一つ目の理由として、ありきたりな戦国時代を描きたくなかったというのがあるのでしょう。これまでも映画・ドラマで戦国時代、とりわけ関ヶ原の戦いが映像化されてきました。歴史の結論は曲げることができないため、差別化を図るために過去にない演出をしたのでしょう。捕虜として捉えられている朝鮮人が西軍に加勢するとは鑑賞者は誰も考えていないため、予想をしないストーリーを盛り込むことでさらに物語を深めたかったのではないでしょうか。「関ヶ原」はまた例によって監督が朝鮮系らしいですから、反日映画か洗脳映画でなければそれだけでめっけ物ですね。スカスカくらいしょうがないのでは。ちなみに黒・・・(以下略)— kodama (@kodama7574) これは噂の範囲ですが、上記のような話が出ています。つまり、監督の趣向により、朝鮮人も戦いに参加させたというわけです。個人的にはこれは完全なデマだと考えています。映画は脚本家やプロデューサーなど多くの関係者が密に連携をして、ストーリー、キャスティグ、構成を練っており、監督の独断でここまで演出をすることが難しいでしょう。残すは反日企業がスポンサーという説です。これについては、映画に出資した製作委員会の企業をみれば明らかになるでしょう。このラインナップを見る限りだと、一概にスポンサーからの圧力でもなさそうですね。しかし、こればっかりは内部情報のため、もしかしたら、あった・・・という可能性もあrます。朝鮮人が最後の登場したといわれるのは、以上3つの理由のどれかだと思います。このような情報はあくまでも噂であるため、映画では純粋に作品を楽しみましょう。映画「関ヶ原」では戦いの最後に、朝鮮人が「わが同志!」と叫ぶシーンがありましたね。島左近(役:平岳大)ら西軍が、東軍に取り囲まれるシーンですね。そこで、中心付近にいた朝鮮人兵が火薬を集めて「わが同志!」という言葉とともに突進。最後は、火薬に火をつけて東軍を巻き込む自爆をするのです。このシーンの意味は、でしょう。「わが同志!」とは、ともに関ヶ原の戦いをした西軍の兵士たちに対してのお別れの言葉だったのでしょう。今回は、●歴史上の「関ヶ原の戦い」で朝鮮人は登場した?●映画「関ヶ原」で朝鮮人が登場した理由は?●映画「関ヶ原」で朝鮮人の「わが同志」の意味は?これらについてまとめました。以上となります。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 Twitterでフォローしよう動画配信.com 2019-05-28.

【映画】関ヶ原朝鮮人の大砲使いは実在した?韓国人や武器の威力についても . 【監督】原田眞人(「金融腐食列島呪縛」「日本の一番長い日」他)【配給】東宝【時間】149分【原作】司馬遼太郎「関ヶ原」本作で監督を務めたのは史実モノをベースとしたドキュメンタリータッチの群像劇を得意とする原田眞人監督。今回が時代劇初挑戦となりますが、なんと映画化が実現するまで、本作の構想に25年をかけたそうです。その間、脚本も何度も変わりました。想定していた主人公も、構想当初の徳川家康から、小早川秀秋に変わり、最終的には本作の通り石田三成に変わったそうです。 … 『関ヶ原』(せきがはら)は、2017年制作の日本映画。石田三成と徳川家康を主人公に、豊臣秀吉の死から天下分け目の関ヶ原の戦いに至るまでの過程を描いた司馬遼太郎原作の歴史小説『関ヶ原』の映画化作品。 司馬遼太郎の小説の映画化は、1999年公開の『梟の城』以来18年振りとなる 。 映画「関ヶ原」ではタイトル通り、関ヶ原の戦いを西軍大将である石田三成(岡田准一)を主人公として描いた作品です。関ヶ原の戦いがはじまる直前に石田三成(岡田准一)の家来のものが大砲に火薬を詰める準備をさせているところに石田三成(岡田准一)が現れ、家来から朝鮮人兵について紹介があります。それによると朝鮮人兵らは捕虜として日本におり、フランキ砲という種類の大砲を使うことには長けているそうです。その紹介を … 映画「関ヶ原」は木村拓哉×二宮和也主演で話題にもなった「検察側の罪人」の原田眞人監督が司馬遼太郎原作の歴史小説「関ヶ原」を映画化した作品です。あまりにも難解で歴史が頭に入っていない人には何を話しているのかも聞き取りづらい初見殺しな作品ですが、噛み砕いていけば楽しめる作品になっています。今回はクライマックスの関ヶ原の戦いで活躍する朝鮮人兵士の大砲集団は本当に実在し、史実にも書かれているのか?また大砲の威力は演出なのかについてご紹介します。目次映画「関ヶ原」朝鮮人兵士の大砲集団は事実なのか見ていきましょう。映画「関ヶ原」ではタイトル通り、関ヶ原の戦いを西軍大将である石田三成(岡田准一)を主人公として描いた作品です。関ヶ原の戦いがはじまる直前に石田三成(岡田准一)の家来のものが大砲に火薬を詰める準備をさせているところに石田三成(岡田准一)が現れ、家来から朝鮮人兵について紹介があります。それによると朝鮮人兵らは捕虜として日本におり、フランキ砲という種類の大砲を使うことには長けているそうです。その紹介を受けて石田三成(岡田准一)は朝鮮人兵による大砲集団の使用を了承します。実際に関ヶ原の戦いに朝鮮人が兵士として参加して大砲を撃っていたという事実は調べた限りでは見つけることができませんでした。しかし必ずしもありえないという根拠はなく、朝鮮出兵において捕虜として捕らえられた朝鮮人が西日本に住んでおり陶器などの工芸技術を日本に広めたということは広く知られています。同じく捕虜の中に大砲に精通していた朝鮮人がいたとしてもおかしくはないので、史実と異なるとは言い切ることはできません。捕虜として捕らえられておきながら日本のために戦って死ぬところまでするのか?と思ってしまいますが、助けに来た朝鮮人が連れ帰ろうとすると帰りたくないと嫌がったという逸話もあるので、「仕えている」という意識は育まれていたのかもしれません。この映画「関ヶ原」における突然の朝鮮人の登場と活躍にはネット上で否定的な声も出ています。「関ヶ原」エンターテイメントに徹していておもしろかったなあ。石田三成、島左近かっこよすぎ。— ☆キンクマはやし☆(謹慎中) (@TomoTomo1030) また、映画「関ヶ原」の原田眞人監督によれば、徳川家康(役所広司)はこの時代にしては女性に優しい一面を持ち、石田三成(岡田准一)はそれよりももっと寛容な心の持ち主だったことを表す表現としても朝鮮人が大砲集団を演じるということにしたそうです。映画「関ヶ原」韓国人兵士の大砲の威力は演出か事実だったのでしょうか?関ヶ原の戦いは1600年と戦国時代の終焉にあります。日本における大砲は1550年ごろから普及し始めたとされています。関ヶ原の戦いのあった戦国時代の末期に日本で使用されていた大砲には大きく3種類あります。銃口が大きいが全長の短い大砲です。射程距離が短いですが銃口が大きいので至近距離の敵には威力を発揮しました。前装式で点火させる方式で、着弾しても飛び散ったりしない金属の塊の弾を発射していました。映画「関ヶ原」で使用されており、「石火矢」と呼ばれることもあったそうです。フランキー砲は砲身と子砲という2つの部分に分けられており、砲弾と火薬を一体とするカートリッジを子砲に詰めて使用します。みつニャり殿、さっそく「— コーエーテクモ (@koeitecmogames) 映画「関ヶ原」でも青銅色のカートリッジを装填している様子があります。カートリッジさえ用意しておけば、それを取り替えることで繰り返し発射することができる点がメリットですが、青銅を用いており高価であったことなどから大筒や大鉄砲が日本国内では主流になっていきます。名前の通りで火縄銃を大きくした携帯できる大砲です。小型化されているため砲弾も小さく、飛距離も1kmほど飛ばすこともできたようです。映画「関ヶ原」で石田三成(岡田准一)の軍が朝鮮人兵によって発射されているフランキ砲は金属の塊の弾を発射しているのではないようです。フランキ砲の発射後には周囲に金属片が飛び散っている様子や、金属片が物に当たる音が収められています。演出として過激にしているというわけではなさそうです。このことから、映画「関ヶ原」で使用されている大砲の弾は榴弾ではないかと思われます。ヨーロッパで榴弾が普及したのが1550年ごろとのことなので、1600年の関ヶ原の戦いで朝鮮人兵が榴弾を用いたフランキ砲の使用に精通していてもおかしくはないでしょう。関ヶ原の戦いも敗戦が決まり、石田三成(岡田准一)を逃した島左近(平岳大)は西軍兵士とともに東軍に取り囲まれます。槍で少しずつ外側の者から殺されていく中、中心付近にいた朝鮮人兵が火薬を集めて「わが同志!」という言葉をもって着火して取り囲む東軍もろとも爆死します。この戦術が本当に行われたかについては知る由もありませんが、おそらくは島左近(平岳大)の首は見つからずじまいだったということの理由づけとして選択された演出でしょう。朝鮮人兵が放った「わが同志!」についてはそのときの目線からしても共に戦った島左近(平岳大)をはじめとした西軍の兵士達に向けての覚悟を決めた最後の叫びと言えます。朝鮮人兵らは捕虜として日本におり、フランキ砲という種類の大砲を使うことには長けているそうです。その紹介を受けて石田三成(岡田准一)は朝鮮人兵による大砲集団の使用を了承します。実際に関ヶ原の戦いに朝鮮人が兵士として参加して大砲を撃っっていたという事実は調べた限りでは見つけることができませんでした。しかし朝鮮出兵において捕虜として捕らえられた朝鮮人が西日本に住んでおり陶器などの工芸技術を日本に広めたということは広く知られており、捕虜の中に大砲に精通していた朝鮮人がいたとしてもおかしくはありません。原田眞人監督によれば、石田三成(岡田准一)が寛容な心の持ち主だったことを表す表現としても朝鮮人が大砲集団を演じるということにしたそうです。映画「関ヶ原」にはフランキ砲の発射後には周囲に金属片が飛び散っている様子や、金属片が物に当たる音が収められています。このことから、映画「関ヶ原」で使用されている大砲の弾は榴弾ではないかと思われます。共に戦った島左近(平岳大)をはじめとした西軍の兵士達に向けての覚悟を決めた最後の叫びと言えます。 いつもたくさんのコメントありがとうございます。他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。