氷河期 隕石 場所

過去に氷河期が何度かありました。あれの原因は何だったのでしょうか?またなぜ氷河期が終わったのですか。今後も氷河期が来る可能性はありますか?話は変わりますが、nhkテレビでかつて数億年前の地球はアイスボール状態だったという説 これまでに地球で見つかった隕石、または地球に落ちるのが目撃された隕石の数は3万4000個以上あり、そのほとんどが小惑星の欠片とされています。 火星と、その外側の大惑星の間を周回していた小惑星 … 前述したように、恐竜が絶滅した同じタイミングで、地球上のほとんどの生物が絶滅してしまいました。陸上生物だけでなく海洋生物の66%が絶滅しており、いくつもの異なる動物のグループが地球上から姿を消しています。このことから恐竜を絶滅させた原因は、同時に滅んだ様々な生物の絶滅原因と同じである必要があります。つまり、恐竜だけに注目した絶滅説では意味がなく、それが他の動物の絶滅も説明できて初めて有 … オフラインのためランキングが表示できませんオフラインのためランキングが表示できませんオフラインのためランキングが表示できません今から6600万年前。直径10-20km程もある巨大な小惑星が地球に衝突しました。この隕石がこの衝突によって、地球上で最も繁栄を極めた恐竜さん達の時代は、わずか数日で終わりを迎えることとなりました。【恐竜の種類】タイプ別で恐竜一覧70選!巨大・空飛ぶ・海泳ぐ!この『隕石の落下』が恐竜絶滅の引き金となった事は有名なのですが、その時そこで今回は恐竜を絶滅させることとなった小惑星の衝突後、地球に起きた10の出来事を振り返っていきましょう。【絶滅動物一覧】人間のせい!ヒトが滅ぼした野生動物たち!これまで、地球には数え切れないほどの隕石が落下してきました。小さな石ころ程度の隕石であれば、大気圏に突入すると同時に大気との摩擦によって燃え尽きてしまいます。私たちは地球の大気に守られているのです。しかし、隕石があまりに巨大だと燃え尽きることなく地表に届いてしまうこともあります。白亜紀末に地球に落下した小惑星もあまりに巨大なものでした。今から約6600万年前、地球が今よりも暖かく湿潤な気候だった頃。地球上には多種多様な生物たちが過ごしていました。地上を巨大な恐竜が我が物顔で歩き回り、海ではアンモナイトや首長竜が泳ぎ回っています。今のサイズからは考えられないほど巨大な昆虫もたくさん存在していました。きっと彼らは弱肉強食の世界で毎日を懸命に生きていたのでしょう。地球に向かって飛んできた小惑星は、現在のメキシコにあるユカタン半島めがけて、秒速20kmという凄まじい速度で突っ込んで来ました。衝突の際の衝撃によって地表は数kmもえぐり取られ、直径約160Kmのクレーターを作り出したのです。このクレーターはちなみに、このクレーターが発見されたは1970年代のこと。6500万年前から存在するのにも関わらず、近年まで見つけられなかったのだから驚きですね。このクレーターが見つかったことにより、恐竜絶滅の原因は『隕石である』と裏付けられました。実は、現在では確定的とされている地球の直径は約12700km。そこにたった15km程度の岩がぶつかった所で何てことなさそうです。しかし、様々な情報を調べてみると、小惑星が落下によって地球に持ち込んだエネルギーは想像を絶するものだったようです。一説によるとかつて、広島に落とされた原子爆弾(リトルボーイ)は、TNT火薬1万5000トン相当と言われているので、この隕石によって起こった爆発の威力は計りしれません。この爆発によって、半径1000km以内にいた生物は一瞬のうちに燃え尽き、灰になったと考えられています。半径1000kmというと、東京を中心とした場合には鹿児島の種子島まで入ってしまうほどの大きさ。つまり、この隕石が東京に落下したとすると、【世界の危険地帯】絶対行かない方がいい!世界の危険な場所20選では、この隕石が東京に落ちたと仮定して、誰も現場に居合わせたことがないため確認することはできませんが、たとえ落下地点から1000km以上離れていたとしても惑星科学講師であるガレス・コリンズ氏は真っ赤な炎に包まれながら猛スピードて落下してくる小惑星は、遠く離れた地点からもよく見えたことでしょう。恐竜達の中には、空から落ちてくる眩しい光に気がついて、「何事か!?」と見上げていた者もいたかもしれません。きっと、落下の瞬間は何事も無かったように感じるでしょう。しかし、その数秒〜数分後には強烈な熱波が襲いかかるのです。一瞬にして周囲を炎に囲まれ、あたり一面は火の海となります。熱放射によって草木は自然発火し、動物達は全身にひどい火傷を負いました。消火もできるし、喉も潤う。きっと火災が起きた際には、目の前の『水』に感謝してもしきれないでしょう。隕石による熱放射は多くの生物を焼き払いましたが、耐え抜くことに成功したタフな動物達もいたかもしれません。しかし、隕石によって発生した強烈な熱波。それを追いかけるように押し寄せてきたのは世界的に有名な地球物理学者である松井孝典教授の計算によると、この300mといえば東京タワーの展望台よりも高い。タワーのほとんどが水に浸かってしまうレベルです。さらに、松井教授はつまり、強烈な熱波を生き残ったとしても、そこそこの高い山に登っておかなければ溺れてしまうことになるのです。この日、世界各地を襲った巨大津波は、多くの植物を押しつぶし多くの動物を飲み込みました。熱放射からの巨大な津波。強烈な熱と大量の水という度重なる災難によって、多くの生物が死滅しました。しかし、古代の生物たちを襲った災難はこれで終わりでありません。巨大津波が引く間も無く、生き延びた生物を襲ったのは、私たち人類が未だかつて経験したことのない規模の巨大地震。少なくともちなみに、マグニチュードは値が『1』大きくなるだけで地震が持つエネルギーが31.6倍になります。また、マグニチュードが『1』上がるごとに地震によってできる断層の面積がおよそ10倍になるそう。これは例え話の一種ですが、仮にマグニチュード12の地震が起きたとすると長さ1万kmの断層が動くことになります。地球の直径は約1万3000kmなので、理論上は隕石がもたらした大地震は、地球を真っ二つにこそしなかったものの、大規模な地殻変動をもたらしたと考えられています。地震と火山の噴火に関係性があることは周知の事実ですが、この日発生した巨大地震が引き起こしたのは、火山噴火なんて生易しいものではありませんでした。マグニチュード10.1の地震は、地殻を引き裂き、その下にあるマグマを噴出させたのです。溢れ出るマグマによって、大地は燃えたぎる砂と飛び散る灰に覆われます。地球の半径6378.1kmに対して、私たちが立っている小惑星の衝突地点から半径1000kmの範囲は火の海と化していた。もしも奇跡的に生き残っていた生物がいたとしても、逃げ場はなかったでしょう。そんな環境の中、次に襲いかかるのはジャンボ旅客機が飛ぶスピードが時速800-900km程らしいので、この風は飛行機が突っ込んできたくらいの威力というわけです。動物たちや木々はもちろん。巨大な岩も軽々と吹き飛ばされたと考えられています。少し遅れて、ジェット機が通り過ぎるような爆発音が追いかけてきます。あまりにも凄まじい威力だったため、小惑星衝突の音よりも先に爆風が到達したのです。爆風の影響を直接受けなかった遠い場所でも、地球に異変が起こったことはすぐにわかったことでしょう。小惑星の衝突によって大気圏の外にまで巻き上げられた岩屑は太陽の光を遮り、あたり一面が薄暗くなってきます。その後、地球の重力によって引き寄せられた岩屑が流星のように地球に降り注ぎました。普通の隕石であれば、大気圏に向かって猛スピードで突入してくるため、一瞬の光とともに消えてしまう。しかし、大気圏にゆっくりと突入してきた大量の岩屑の場合、すぐに燃え尽きることはなく、いつまでも空に留まりながら真っ赤に輝き続けます。きっと、どこまでも続く真っ赤な夕焼け空のように見えたはず。空を赤く輝かせていた岩屑が燃え尽きると、本格的な暗さがやってきました。岩屑とともに巻き上げられた灰が太陽の光を遮っているからです。ほとんど真っ暗な状態から始まり、徐々に明るくなっていったと考えられていますが、空が明るさを取り戻すまでにどのくらいの時間が必要だったのかはわかっていません。光が届かないことで光合成ができなくなった植物たちは次々と枯れ、大量の灰が溶け込んだ酸性の雨が地表に降り注いだことも生物に大きな影響を及ぼしました。はじめに植物を食べる草食動物たちには飢餓が訪れます。そして、【アノマロカリス】圧倒的大きさ!奇妙な化石と絶滅の謎に迫る!大量絶滅というと、隕石の衝突から数日の間に起きた出来事だと思われがちですが、実際には太陽の光が地表に届かなくなると徐々に気温が下がってきます。小惑星の衝突後、地球は瞬く間に氷河期へと突入しました。容易に想像できる通り、気温が下がったことで大量絶滅は更に加速します。凍った大地での生き残る術を持たない生物は抗う間も無く死んでいきました。そして数ヶ月から数年後ー。光を遮っていた灰が無くなり始めます。長い冬が終わり、一安心できるかと思われましたが、今度は小惑星の衝突によって、大気中に大量の温室効果ガスが巻き上げられていたのです。氷河期を耐え抜けたとしても、この急激な温暖化を耐えれなかった者は生き残ることが出来ませんでした。度重なる災難に見舞われた当時の生物たち。数年-数百年という短い期間のうちに、多くの種が途絶えることとなりました。小惑星落下後の氷河期からの温暖化という嫌がらせのようなハメ技攻撃を耐え抜いた生物たち。彼らは現在の地球に存在する生き物たちのご先祖様という訳です。もちろん、この後人間に進化していく生物もこんな環境を耐え抜いたことになります。そう考えてみると、多少嫌な環境くらいなら乗り越えれる気がしますよね。スポンサーリンクオフラインのためランキングが表示できませんオフラインのためランキングが表示できません 小惑星が地球に衝突する様子の想像図。Shutterstock地球に衝突した隕石は、現在分かっているだけでも7万個に上る。だがその痕跡が衝突クレーターとして確認されているのはわずか190個だけだ。英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載されたその後、浸食や構造プレートの動きにより地形が変化し、現在ではクレーターはその形を留めておらず、ヤラババと呼ばれる赤く、埃っぽい大地が広がっている。「ヤラババでは、鉱物の露頭はほぼ見られない」とNASAの研究者で論文の筆頭著者であるティモンズ・エリクソン(Timmons Erickson)はBusiness Insiderに語った。だが、壊滅的な隕石衝突により生じた鉱物は、今も残っている。ヤラババの中央には、隕石衝突時の激しい熱と圧力の下で形成された鉱物だけでできた小さな丘があり、バーランギ・ロックと呼ばれている。オーストラリア西部、ヤラババのバーランギ・ロック。ここにかつてクレーターがあった。Graeme Churchardエリクソンと論文の共同執筆者らは、これらの鉱物を調査し、ヤラババ・クレーターが形成された年代をかなりの精度で特定することができた。調査の結果、これまで発見されたどのクレーターよりも2億年以上古いことが分った。Advertisementヤラババは、オーストラリア西部の僻地にあり、最寄りの街であるミーカサラとは砂利道でつながっているが40マイル(約64km)離れている。2014年、エリクソンはヤラババから200ポンド(約90kg)の鉱物サンプルを採取した。これらの鉱物が形成された年代を特定するために、サンプルを水に浸し、12万ボルトの電気エネルギーをかける。するとジルコン(ケイ酸塩鉱物)とモナザイト(リン酸塩鉱物)の微細な結晶に分裂する。これらの結晶はウランなどの放射性物質を含有するので、それによって年代測定が可能となる。測定の結果、ヤラババの鉱物は22億2900万年プラスマイナス500万年前に形成されたことが分かった。ヤラババ・クレーターの年代測定のために、ジルコンの結晶が用いられた。NASA/Nicholas E. Timmsヤラババの次に古いのは、20億2000万年前に形成された南アフリカのフレデフォールト・クレーター。その次が18億5000万年前に形成されたカナダのオンタリオ州にあるサドベリー隕石孔だ。興味深いのは、ヤラババ・クレーターが最も古いということだけではないとエリクソンは言う。隕石が衝突したのは「より現在に近い環境へと移り変わった、地球の歴史上極めて重要な時期」でもある。22億年前、地球は氷床などで覆われた「全地球凍結」と呼ばれる氷河期の終わりにあった。論文では、ちょうどその頃に、ヤラババの隕石が巨大な氷床に衝突したのだろうと指摘している。「全地球凍結」の想像図。Gene Kimエリクソンのチームは、巨大な隕石が氷床に衝突すると、1000億トンもの水蒸気が大気圏上層部にまで放出されることを、シミュレーションで明らかにした。その水蒸気が、大気中により多くの熱を閉じ込めて地球を温め、氷河期を終わらせた可能性があるとエリクソンは言う。「水蒸気は、二酸化炭素よりもずっと効率的に温室効果をもたらす」地球の気候を変えたのはヤラババの隕石だけではない。6600万年前、現在のメキシコ、チクシュルーブにガス状のもやが太陽光線を遮断して地球を冷やし、恐竜を絶滅に追い込んだ。さらに酸性雨や衝突に伴う放射性降下物が、現在のユカタン半島近く、硫黄の豊富な熱帯の浅い海に衝突する小惑星の想像図。Donald Davis/NASA論文には、歴史を通して見ても、特定の場所にこのような「地球外からの物体が衝突」したことが、地球の発達に大きな影響を与えた可能性が高いと記されている。「地球の気候が劇変するほどのインパクトは、特別な場所に隕石などが落ちた時に生じるようだ」とエリクソンは言う。「例えば、ユカタン半島のチクシュルーブには膨大な塩と石膏が堆積していた。そこに小惑星が衝突したことで大量の硫黄が大気に放出され、ひどい酸性雨をもたらしたと考えられる」[原文:(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)SponsoredSponsoredSponsoredSponsored 大量絶滅というと、隕石の衝突から数日の間に起きた出来事だと思われがちですが、実際には 数ヶ月から数年という長い時間をかけて多くの生物が絶滅していった そうで … 地球に隕石が衝突した際、1000億トン以上の水蒸気が大気中に放出されたと研究チームは考えている。 水蒸気の放出により、地球が温められ、氷河期は終わりを迎えた。 地球に衝突した隕石は、現在分かっているだけでも7万個に上る。 地球には繰り返し訪れる氷河期が存在しています。 (寒いの嫌です さらに衝撃的な事は、今、この時代は氷河期の真っ只中であるということ。氷河期の原因は複数の要因が重なっています。そして間氷期から次の氷河期はいつ来るか、解説していきます。