缶コーヒー cm 曲 2020

缶コーヒーのcmではその商品が印象付くような曲が選ばれていて、曲を聞くとその缶コーヒーを思い浮かべてしまいます。ここでは過去の缶コーヒーのcmでどんな曲が使われていたのかをまとめ、懐かしのあの曲を思い出して頂こうと思い、各缶コーヒーのcmをまとめていきます。 x japan の yoshikiさんがきらきら星をアレンジした曲を弾くcmが話題になっていますね。 アサヒ飲料は3月10日、缶コーヒー「ワンダ x-bitter」ブラックを発売し、同日からx-japanのyoshikiさんが登場する新tv-cm「意外な演奏」編(15秒)を放映する。 「先輩と後輩」篇 30秒 「先輩と後輩」篇 15秒 「後ミルク」篇 30秒 「後ミルク」篇 15秒 「プロジェクトリーダー」篇 15秒 【缶コーヒーのCM】ジョージアやBOSSの人気CM曲。歴代CMソング【2020】 ホームにて 中島みゆき; かたちのないもの odol; Haven’t Met You Yet Michael Bublé; A Deeper Black Than Darkness Kaleb James; オリジナル楽曲 酒井義久; Change The World Eric Clapton; 糸 中島みゆき 缶コーヒー「ジョージア」がオリンピック缶を展開、新製品「ジョージア ファイブ」も、「tokyo2020も、誰かの仕事でできている。 発表会には「ジョージア」新CM「TOKYO2020宣言」篇に出演する山田孝之・広瀬アリスらが登場 缶コーヒーはボス ~~~~~ という感じのサントリーボスの2020年最新cmです! 宇宙人ジョーンズさんで好評のあるお馴染みのcmですね! ゆきぽよさん初のcmでの演技。 撮影中、演技について光石さんに相談していたようです。 バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン RAG MUSIC 編集部. 【缶コーヒーのCM】ジョージアやBOSSの人気CM曲。歴代CMソング【2020】 この記事のタイトルとURLをコピーするfile_copy. あなたは缶コーヒーがお好きですか?日常生活に寄り添う人気商品として幅広い層に親しまれている缶コーヒー。きっと特に仕事の合間に一服する人も多いのではないでしょうか?BOSSにジョージア、WONDA色々な人気の銘柄がありますね。この記事では当サイトに寄せられた読者様の確かな声をもとに人気の曲や、今注目されているCMをリサーチ、そのなかでも特にさまざまなメーカーの中から評判のものを厳選しました。お探しのCMソングが見つかると幸いです!もくじ『ホームにて』は1977年に発売された、アルバム『あ・り・が・と・う』に収録されたバラードです。ふるさとに帰る心情を描いた歌詞でサントリー「BOSS」のCMに起用されました。のどかな風景や、地元でのあたたかな人の結びつきを感じさせるCMの情景もホっとした気持ちになれますよ。帰りたい場所があるってとてもいいですよね。それぞれ違う場所で頑張るひとを勇気づけるすてきな1曲です。中島みゆきさんのやさしい歌声にも、また頑張ろうって思えます!サントリーのペットボトル型コーヒー飲料『クラフトボス』のCMとして起用されたマイケル・ブーブレのこの1曲。6thアルバム『Crazy Love』に収録された曲で、2009年にリリースされました。CMではおなじみの堺雅人さんが古市憲寿さんやりんごちゃん、寺田心くんをはじめとした個性的な新入社員に鋭い指摘を受けるも、じょじょにみんなの個性がブレンドされて最高にチームになっていく様を表しています。ポップなサウンドで、それぞれが自分を変えてくれる存在だと思わせてくれる1曲だと思います。可能性は無限大!「この気持ちは無添加です」という思いが表現された1曲。UCC BLACK無糖の缶コーヒーCMソングとして2014年に結成されたバンド、odolが書き下ろしています。CM映像を見て、娘の夢を応援する父親の愛情に思わず感極まりました。そっと背中を押してくれて、静かに火を灯してくれるようなあたたかな気持ちになりますよ。言葉にはならないけど寄りそっていたいとき、誰かの力になりたいときに音楽やコーヒーが力に。YouTube動画の制作者のコメント欄がとてもすてきなので、ぜひそちらも読みながら聴いてみてくださいね。缶コーヒーを世界ではじめて作ったのがUCCだと、このCMを見てはじめて知りました。UCCの「BLACK無糖・進化」編です。コーヒーを一から見なおす、という抽出方法を変えて、もっとおいしい缶コーヒーを、というのがシンプルに伝わってくるCMですね。コーヒー、そして缶コーヒーのみというその他には画面に映らないというのもシンプルさがよりストレートに伝わります。「世界は誰かの仕事でできている」というキャッチコピーで働く人たちの日常を切り取った缶コーヒーGEORGIAのCM「花言葉」編です。麻生久美子が花屋の店員、そして奥さんにありがとうの気持ちを伝えたいという花を買いに来た客を山田孝之が演じています。感謝を伝えたくて「ありがとう」という花言葉の花を送りたいという注文。そしてできあがった豪華な花束。すべての花の花言葉が「ありがとう」というのも驚きですね。アメリカのカントリー歌手であるワイノナ・ジャッドが初めにリリースしたこちらの曲は、エリッククラプトンがのちにカバーしそのバージョンがヒットしたため彼の曲と思っている方も多いのではないでしょうか。彼のバージョンはグラミー賞の最優秀レコード賞・最優秀楽曲賞・最優秀ポップ男性ボーカル賞を受賞しました。地震の被害で石垣などが損傷した熊本城を、ブラタモリでおなじみのタモリと宇宙人ジョーンズ、くまモンが時をこえて見に行く映像も印象的です。ハリウッド俳優のトミー・リー・ジョーンズが、人間の格好にふんした宇宙人という設定でおなじみのこのBOSSのCM。平成の30年間を宇宙人から見た地球、という視点で切り取っているファンタジー?なCM。時代を感じるこのができる見ごたえのあるスペシャルムービーです。地球人を少し小馬鹿にしながらもけっきょくはハマってるよね?という宇宙人がかわいいです。2017年には紅白にも出場を果たした竹原ピストルが出演している缶コーヒーBOSSのCM「ベンダーストーリー」編。竹原ピストルの顔のアップから始まり、ギターの弾き語りでマイ・ウェイを歌い出します。そしてカメラは徐々に引いていき、ナレーションが入ります。ナレーションは誰か、頼りになる人物の話でもしているのかと思いきや、自動販売機のありがたさを語っています。キリンのCMに起用されている、こちらの『To Feel The Fire』。スティービー・ワンダーさんの名曲ですね。彼の表現力とハイレベルなフェイクのテクニックが印象的な作品です。聴いただけで一発でスティービー・ワンダーさんと分かってしまいませんか?それだけ個性がアーティストですよね。CMには工藤阿須加さんとジェラ・マリアーノさんが出演しています。カウボーイの主人公が美しい女性にコーヒーをもらうといったストーリー構成に仕上げられています。吉瀬美智子さんが出演する、UCCの『COFFEE LOVER’s PLANET編』CMソングとして流れたこの楽曲は、ジプシー・キングスが1988年にリリースしました。曲のじょじょにテンポが高まる感じが楽しいですよね。エネルギッシュな雰囲気で南米のコーヒーを焙煎している光景や笑顔あふれる人をさらにかっこよく見せてくれる印象がします。原曲はフランク・シナトラの『My Way』で、数多くのアーティストにカバーされ、ジプシー・キングスはスペイン語で歌っています。この記事は編集部が独自の調査結果を元に作成したものです。掲載順は読者からの「ランキングを上げる」「ランキングを下げる」ボタンなども考慮し毎日更新します。取り上げてほしい曲やおすすめのアーティストがございましたらご紹介の動画はプレイリストになっていますのでノンストップでお楽しみいただけます。さまざまなストーリーを乗り越え表現されたすばらしい音楽を「もっと楽しむためにはどうしたらいい?」と考えながらメディア運営をおこなっており、世界中の音楽を世界中に届けるプラットフォームを築きあげたいとわたくしたちは本気で考えています。ここには、未来の音楽シーンへつながるヒントがたくさんつまっています。そんな景色を、みなさんとともに作り上げる場所なのです。Follow me© 2017 RAG INTERNATIONAL MUSIC あなたは缶コーヒーがお好きですか?日常生活に寄り添う人気商品として幅広い層に親しまれている缶コーヒー。きっと特に仕事の合間に一服する人も多いのではないでしょうか?BOSSにジョージア、WONDA色々な人気の銘柄がありますね。この記事では当サイトに寄せられた読者様の確かな声をもとに人気の曲や、今注目されているCMをリサーチ、そのなかでも特にさまざまなメーカーの中から評判のものを厳選しました。お探しのCMソングが見つかると幸いです!オフィスのデスクが全部「こたつ」に変わっているという異様な光景。「もうすぐ完成です」と説明する杉咲花の後では、施工業者に扮した宇宙人、ジョーンズが忙しく働いています。思い切った模様替えに「こたつか」と衝撃を受ける上司役の堺雅人さん。その瞬間、前方からビューッと突風が吹いて、「新しい風が吹いた」というタイトルが入るという内容。シリーズ通してやっぱりこのCMはシュールですね。楽曲はシンガーソングライター、俳優としても活躍するビッグバンドの男性歌手、Michael Bubleが担当しました。安田顕、井浦新、満島真之介という個性派の俳優が豪華にそろったこのシリーズCM、ダイドーブレンドの「優雅に、いこう」編です。「月面基地地球防衛軍」というチームのこの3人のやりとりがなんとも微笑ましく、宇宙という場所なのになぜかゆるい。このゆるさがいい感じなのです。一瞬、何のCMかわからないのですがちゃんと見ると缶コーヒーを飲んでいますね(笑)。大御所ハリウッド俳優、トミー・リー・ジョーンズそっくりの地球人になりすます、とある惑星からやって来た宇宙人ジョーンズ。おなじみのシリーズですよね?さまざまな職業を転々としながら、未知なる地球を調査する「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ」2019年の第一弾。今回は、長い人生で味わう苦難の日々を旅になぞらえて歌った、中島みゆきさんの名曲「ヘッドライト・テールライト」の世界観をモチーフにしています。Rootsという缶コーヒーをご存じでしょうか?今はなくなってしまったのですが、サントリーが2000年~2015年まで販売していたブランドです。缶コーヒー党に愛されていたブランドでした。CMでは竹野内豊さんが多く出演していました。そんなルーツのCMソングとしてもクイーンの『We Will Rock You』は流れていましたよ。缶コーヒー以外にもさまざまな場面で使われているのでなじみがある方も多いと思います!パワフルさがまさに缶コーヒーを一杯飲んだ後のチャージされる感じにピッタリです!口笛が印象的なこの1曲。聴いた瞬間、鮮烈に記憶がよみがえってきます。スウェーデンの3人組、ピーター・ビヨーン・アンド・ジョンのヒットした2006年の楽曲です。気の抜けた雰囲気とコーラスが絶妙に心地いいですね。石坂浩二さんがナレーションをつとめる、サントリー「BOSS」の『コーヒー発祥の地から』編CMソングとしても流れていました。まさにコーヒーを飲んだときの癒やしのシーンにピッタリではないでしょうか。力を抜いてリラックスしたい時のおともにぜひ聴いてみてくださいね。キリンのCMに起用されている、こちらの『YMCA』。非常に有名な曲なので、ご存じの方も多いと思います。西城秀樹さんがカバーしたことで、日本では一気に有名になりました。原曲もカバーも、どっちも底抜けに明るくて、聴いていると元気が湧いてきますよね~。実は「YMCA」とはゲイをさすスラングなんです。ヴィレッジ・ピープルのメンバーはゲイを集めて結成されているのですが、スラングを逆手に取った手法で人気を獲得しました。八代亜紀さんを代表する『舟唄』。日本人の心にしみる情緒的なメロディーでグッときますよね。そんな雰囲気たっぷりなこの曲はサントリーの「BOSS」のCMソングとしても流れました。うーん、渋い。CMではトミー・リー・ジョーンズ演じる宇宙人ジョーンズも「しみじみ」と缶コーヒーを味わっています。外で飲むときや休憩中、仕事終わりなど、歌詞に出てくるように少しぬるめにした缶コーヒーで一杯楽しむのも乙かもしれませんね。世界的なアーティストYOSHIKIさんが出演するコマーシャルです。他にも近年CM出演が目立っているYOSHIKさんですが、この曲でも劇中でピアノを演奏しながら商品を宣伝するというような内容です。最近のCMではそんな豪華な演出も目立っていますね。YOSHIKアレンジという表記を見るだけでもスペシャルな雰囲気を感じますし、何よりピアノを弾く姿が美しく、神々しい雰囲気すら感じます。CMとのギャップもすごく、どの映像を見てもシュールに仕上がっています。フォークソングの名曲、財津和夫の『サボテンの花』が使用された缶コーヒーBOSSのCM曲。この曲が流れればグッと下町感が出てドラマチックになりますね。新進気鋭のミュージシャンの岡崎体育が起用されており、この昭和感と見事な世界観ができあがっていますね。BOSSのCMソングとして長年に渡り愛された「BOSSへのラブソング」は、アメリカの人気ジャズシンガー、ナット・キング・コールさんの代表曲「L-O-V-E」の替え歌です。この曲はジャズの有名な曲で多くのミュージシャンが演奏している、いわゆる「ジャズスタンダード」と呼ばれる楽曲のひとつ。男性女性問わず、多くのジャズシンガーがこの曲を歌っているので、きっとお気に入りのバージョンが見つかりますよ!これをきっかけにジャズを聴いてみるのもいいかもしれませんね。この記事は編集部が独自の調査結果を元に作成したものです。掲載順は読者からの「ランキングを上げる」「ランキングを下げる」ボタンなども考慮し毎日更新します。取り上げてほしい曲やおすすめのアーティストがございましたらご紹介の動画はプレイリストになっていますのでノンストップでお楽しみいただけます。さまざまなストーリーを乗り越え表現されたすばらしい音楽を「もっと楽しむためにはどうしたらいい?」と考えながらメディア運営をおこなっており、世界中の音楽を世界中に届けるプラットフォームを築きあげたいとわたくしたちは本気で考えています。ここには、未来の音楽シーンへつながるヒントがたくさんつまっています。そんな景色を、みなさんとともに作り上げる場所なのです。Follow me© 2017 RAG INTERNATIONAL MUSIC