美女と野獣 あらすじ 一言

みなさんこんにちは。ディズニー映画で好きな作品はありますか?私もいろいろと好きな映画はあるのですが…その中でも『美女と野獣』はとっても感動したのを覚えています🌹そこで、今回は『美女と野獣』のストーリーをご紹介しちゃいたいと思 Copyright © 2020 Cinemarche ディズニー版 美女と野獣 あらすじ Wikipediaより 森の奥にある城に、若く美しいがとても我儘で傲慢な王子が住んでいた。 ある日の夜、醜い老女が城を訪ね、一輪のバラをあげるかわりに城に一晩泊めてほ … 映画感想レビュー&考察サイト

魔女の呪いにより王子は野獣に、召使いたちは家具に姿を変えられている。城は怪物をかたどった彫刻物などまるで悪魔城のようなおどろおどろしい雰囲気だが、これも呪いによるもの。城内には調度品も数多く、元は相当裕福で名城だったことが伺える。またバロック調の装飾品があることから、恐らく時代は19世紀ごろ。フランスの民話が元となっているため、それに準じた世界観となっている。 エマ・ワトソン主演の映画『美女と野獣』は、ディズニーが実写化作品として、初めて制作配給を担った作品。 実写ならではの迫力ある映像や華やかな装飾、野獣のふとした人間味溢れる表情が見どころになっています。 映画『美女と野獣』の作品情報 (C)2017 Disney. みなさんこんにちは。ディズニー映画で好きな作品はありますか?私もいろいろと好きな映画はあるのですが…その中でも『美女と野獣』はとっても感動したのを覚えていますそこで、今回は『美女と野獣』のストーリーをご紹介しちゃいたいと思います!!※ネタバレが含まれますので、これから映画を見る方などご注意ください(+_+) 昔々の話のことです。村から少し離れた森の奥に1つのお城がありました。そこには若い王子様が住んでいましたが、なんでも想いのままになるために、とてもわがままな王子様でした。そんな時、1人の醜い老女が1本のバラと引き換えに一晩泊めてほしいとやってきます。王子様は、その姿を見て老婆を追い返そうとしました。すると、醜い老女は美しい魔女へと姿を変えて「優しい心を持たずに人を見た目で判断する」王子様を醜い さらに綺麗だったお城も、廃城のような恐ろしいお城に変え、このような王子へと育ててしまった召使たちも人間から姿を変えられてしましました。そして、魔女は1本のバラを置いていきバラの花びらが全て落ちてしまうまでに「それから月日は流れ、お城の近くの町には発明家のベルはとても美しく、読書が大好き、父親想いの優しい性格の女性です。しかし、町では“読書が好きな変わり者”として噂され、ベル自身も町に馴染むことができずにいました。また、町一番の人気者・ガストンは狩人で人気者ではあるものの、うぬぼれ屋で下品、ベルは好いていませんでした。そんなある日、自信作の発明品ができたためモールスは発明大会へと向かうことになりました。ベルは笑顔で見送ります。しかし、大会へと向かう途中モーリスは道に迷い、愛馬・フィリップに置いていかれてしまいます。終いには狼たちに襲われそうになり、とうとう野獣のいるお城へと逃げることになりました。 フィリップが慌てた様子で森から帰ってきたことから、父に何かあったのかもしれないとベルは急いで追いかけました。そしてたどり着いたのは野獣のお城です。 父はお城の牢獄に閉じ込められていました。ベルは野獣の正体を知りながらも、父を助けるためお城に残る決断をします。ベルに助けてもらったモーリスは、酒場で盛り上がっているガストンの元に助けを求めに行きました。しかし、野獣がいるというモーリスの言葉を信じる者は誰もいなく、助けてくれる人はいませんでした。その頃、お城に残ったベルは牢獄から綺麗な部屋へ案内され涙していました。そんな彼女の元に、家財道具に変えられてしまったポットとカップ、タンスまでもが動き、喋ることに驚いたもののベルを受け入れてくれる姿にベルも次第に心を開き始めます。そして、置時計に変えられた野獣とは顔を合わせていないものの、食事を済ませお城の生活に馴染もうと、2人に案内も頼みました。  案内をしてもらうものの、ベルは立ち入り禁止と言われた部屋のことが気になってしまい、ルミエール達の隙を見て部屋へと入ってしまいます。その部屋はとても荒れていて、とても住めるような場所ではありませんでした。…が、部屋の奥には光輝く1本のバラが大切そうに置いてあります。ベルがバラを触ろうとすると、突然野獣が現れベルに威嚇してしまいました。 驚いたベルは、フィリップを連れお城を飛び出していきます。父の待つ家へ帰ろうとしたものの、狼の縄張りへと入ってしまい襲われてしまいます。絶体絶命のピンチになったとき、己を犠牲にしてまでも助けてくれたのは野獣でした。身を挺してまで助けてくれた野獣に、ベルは初めてお礼を言いました。お互い正直にぶつかり合うことで、少しずつ距離が縮まっていきます。ベルのことを考えると、胸が苦しくなる野獣。ルミエール達に相談すると、”贈り物”をしたらどうかと提案されます。そして、野獣がベルに贈ったものは…お城にある『図書室』でした。本が大好きなベルはとても喜び、2人の距離はさらに縮まりました。 距離が縮まってきたころ、魔女が置いていったバラはかれ始めていました。花びらも1枚、また1枚と落ちていき魔法が永遠のものになってしまうまで、時間がありません。 そこで、召使たちが準備した2人だけの晩餐会が開催されることになりました。ベルも素敵なドレスに着替え、野獣も正装に着替えダンスや食事を楽しみます。素敵な時間を過ごし、野獣がベルに気持ちを打ち明けようとすると…ベルはなぜだか悲しそうな表情をしていました。 「父に会いたい。」 そういうベルに、野獣は魔法の鏡で今の父の様子を見せることにしました。そこに映し出されたのは、たった一人でベルを助けようと城に向かっている父の姿でした。 野獣は、魔法の鏡をベルに渡し父の所に返してやることにしました。召使たちは、本当の愛を学んだ王子様(野獣)のことをよく思うとともに、魔法が解けないと嘆きました。雪の中、倒れている父を見つけるとベルは家へと向かいました。モーリスは、ベルが戻ってきたことに驚き、喜びます。そしてベルは、野獣が今では心優しい人になったと伝えます。 そんな親子の再会も束の間。 2人の元に悪だくみをしたガストンたちが現れます。野獣のことを信じず、モーリスを連れていこうとする人々に、ベルは魔法の鏡で野獣の姿を見せました。 人々はその姿に恐れ、倒しに行こうと決意します。ガストンを先頭に人々は勇気を出し城へと向かってしまいました。阻止しようとしたベルは、モーリスとともに倉庫へ閉じ込められています。その頃、お城では召使たちが侵入者が来たと野獣に報告し対策を練っていました。ですが、野獣は戦おうとはしませんでした。 なんとか脱出したベルは急いで野獣の元に向かいます。お城についた時には、すでに野獣とガストンが対峙しています。ベルが戻ってきたことを知ると野獣は、ガストンと戦うことを決意します。ガストンとの戦いには決着がついたものの、野獣は虫の息です。それでも、野獣はベルに愛の言葉をとぎれとぎれ伝えます。 その言葉にベルも「愛してる。」と伝えるものの、野獣は息を引き取ってしました。野獣の亡骸を抱きながら泣くベルをみて、召使たちも泣いてしまいます。 最後の1枚のバラの花びらも落ちてしまいました。と、その時です!空から流れ星が降り注ぎ、野獣が人間の姿に戻ったのです!! 「 お城も本来の素敵な姿を取り戻し、たくさんの人々がベルと王子様を祝福しました。 長年に渡り、かけられていた魔法は解かれベルと王子様は末永く幸せに暮らすことになりました。 父親を大切に思うベルの姿がいつ見ても健気で、素敵だな…と思います。 そして、なんといってもミュージカルのように音楽に乗せて進んでいくストーリーがとても素晴らしい!  曲が覚えやすくてついつい口ずさんでしまうのも、ディズニー映画のいいところだと思いますし、美女と野獣に関しては、それが一段と際立っていると思います。 また、名シーンであるダンス。このシーンには胸がいっぱいになってしまいます♡2人の心が通い、気持ちが通じ合った証と言ってもいいのではないでしょうか?私もこのシーンは憧れです。みなさんも憧れてしまいませんか?このシーンを再現?するために、結婚式で黄色いドレスを着る方も少なくないそうです!また、ディズニーで結婚式を挙げる際、様々なプリンセスをイメージしたドレスが用意されており、もちろんのことながらベルのドレスも用意されています。(ホテルによって用意してあるドレスは違いますので注意が必要です(+_+)確か、アンバサダーホテルにはベルドレスが用意してあったと思います!) 話がそれてしまいましたが、ディズニー映画の中でも私の心に深く残り何回でも見たくなる作品です。皆さんも同じ気持ちだと嬉しいな…そして最後に、この記事を書きながらDVDを2回も見てしまった私なのですが…これだけはどうしても伝えたいので聞いてください!!  私だけが思っていることではないのは分かっています。ですが、再確認として書かせてもらいました。ディズニー映画のほとんどが飽きることなく何度も見ることができます。それでも“美女と野獣”は別格だと思っています。なにせ、2歳(もうすぐ3歳になりますが)の息子も、一緒になって夢中になれるほどですから。 今回の記事を読んで、さらに作品を好きになってくれたり、見てみようという気持ちになってくれたら嬉しいです(*^_^*) ちなみに、今回使った画像のほとんどがディズニーランドホテルの美女と野獣ルームに飾られていたものです。お値段は高くなることと、予約が取りにくいことがありますが、とっても素敵なお部屋で素敵な時間を過ごせること間違いなしですので、美女と野獣が大好きな方は一度泊まってみてくださいね*。 最後までお読みいただきありがとうございました! また、どこかの記事で会うかもしれませんので、暖かい目で読んでやってください(*_*; この記事をお気に入りに登録しますか? 韓国ドラマ「野獣の美女コンシム」のあらすじ全話一覧&放送情報です。 各話あらすじで、感想やネタバレに視聴率もお伝えしています。 韓国ドラマ「野獣の美女コンシム」全体のあらすじ概要 「 … エマ・ワトソン主演の映画『美女と野獣』は、ディズニーが実写化作品として、初めて制作配給を担った作品。実写ならではの迫力ある映像や華やかな装飾、野獣のふとした人間味溢れる表情が見どころになっています。スポンサーリンクCONTENTS『ドリームガールズ』のビル・コンドンがメガホンを取り、王子役をテレビシリーズ「ダウントン・アビー」のダン・スティーブンス、町一番のハンサム男ガストン役を「ホビット」シリーズのルーク・エバンスがそれぞれ演じるほか、燭台のルミエール役でユアン・マクレガー、時計のコグスワース役でイアン・マッケラン、ポット夫人役でエマ・トンプソンが出演。呪いで野獣の姿に変えられた王子と、美しく聡明なヒロインのベルが惹かれあっていく姿を描いています。昔、フランスの美しい城に、若く麗しい王子が住んでいましたが、その王子は身勝手で薄情。村々から美しいものを集めては、宴を行っていました。ところが、ある嵐の晩に寒さをしのがせてほしいと一人の老婆がやって来ます。その老婆を見た王子は、その醜さを嘲笑い、お礼にと差し出された一輪のバラとともに彼女を冷たく突き放します。老婆は「外見にだまされるな。美は内側に宿るのだから」と忠告すると美しい魔女に姿を変え、王子は謝るものの醜い野獣に、家来たちも家具に姿を変えられました。魔女が差し出したバラは魔法のバラで、「最後の花びらが散るまでに本当の愛を知ることができれば呪いは解ける」と伝えると消え去っていきました。かつて王子だった野獣は希望を失い、魔法により、世間から王子たちは忘れ去られました。歳月が経ち、ある小さな村。村に住むベルは、本が大好きで冒険を夢見る教養ある女性ですが、村の人々は彼女を理解せず、変わり者だと噂しています。ベルに一目ぼれしたガストンは、村の英雄。村の女たちがガストンに夢中でも、ガストンは目もくれません。ベルはガストンの乱暴さや無教養を嫌っていて、彼が誘ってもちっともなびきません。ガストンは村の物乞いのアガットを指差し「未婚のまま父親が死んだら、物乞いになるしかなくなるぞ」とベルを脅します。仕事で村を離れていたベルの父モーリスは、山道で狼に襲われ逃げ回っているうち、大きな城に辿り着きました。城の中へ入ったモーリスに、ティーカップが近づいてきてしゃべりかけます。驚いたモーリスは急いで馬を走らせ帰ろうとしました。その時、ベルがバラの花をお土産に欲しいと言っていた事を思い出します。城の庭からバラの花を一輪とった瞬間、モーリスは何者かに襲われ、その音に驚いた馬は逃げ去ってしまいました。帰ってきた馬を見て、ベルはモーリスが一緒ではないことを心配し、馬に乗り父のいる城へ向かいます。城の中へ入ったベルは「呪いを解くのはあの子かも」と言う誰かの声を聞き、声のほうへ向かいますが、そこには時計と燭台があるだけ。燭台を手に城を探索するベル。牢獄に捕らえられていたモーリスと再会したものの、モーリスは城を離れろと言います。暗闇から「そいつがバラを盗んだから投獄した」と言う声が聞こえてきたので、ベルは父ではなく、バラを頼んだ自分を罰してと頼みます。向かってきた声の主に、持っていた燭台の明かりを近づけたベル。照らされたのは恐ろしい野獣の顔。一瞬たじろいだベルですが、父親の身代わりとなり囚われの身となるのでした。野獣の家来、燭台のルミエールは、ベルが“呪いを解くための女性”と考え、時計コグスワースが引き留めるのを無視して彼女を牢獄から出してあげます。スポンサーリンクベルとの結婚を認めさせる絶好のチャンスと考えたガストンは、相棒のル・フウを連れてモーリスと共に城に向かいます。一方城では、ルミエールが食卓にベルの席を準備し、野獣は仕方なくベルを晩餐に誘いますが、彼女に断られ、怒って心を閉ざしてしまいます。バラの花びらがまた一枚落ち、城の一部が崩れ落ちます。ベルは家来たちとの夕食に同席し、皆の優しさに心打たれ、楽しい時間を過ごします。夕食後、立ち入りを禁じられている西の塔に忍び込むベル。そこにはガラスの容器で守られた、枯れかけの一輪のバラの花が。近くで見ようとしたその時、野獣が現れ「我々を地獄に落とす気か!失せろ!」と怒鳴りつけます。そう言われたベルは、ルミエールやコグスワースが止めるのも聞かず、馬に乗って城を出て行ってしまいました。しかし城の外には狼。足元は氷に取られどうしようもありません。そこへ野獣が駆けつけて狼と戦い、負傷しながらもベルを助けてくれました。その頃モーリスは、ガストンとル・フウとともに城を目指していました。城への入り口が見付からずに右往左往するモーリスに対して怒りをぶつけるガストン。モーリスはガストンの横暴な人柄を知り、「娘との結婚は絶対に認めない」と言い放ちます。さらに怒ったガストンは、彼を置きざりにして村へ帰って行ってしまいました。モーリスはアガットに助け出され村に戻り、ガストンを責め立てますが、誰も信じてくれません。傷を負った野獣を介抱するベル。ポット夫人から「ご主人様は心優しい人だったけれど、母親の死後、厳格な父親に育てられて傲慢になってしまった」と野獣の生い立ちを聞かされ、自分の身の上に通じるものを感じます。実はベルも幼い頃に母親を亡くしていたのです。野獣も聡明で優しいベルに少しずつ心を開いて行きます。次第に心惹かれあう二人。野獣が自分の思いをベルに打ち明けようとしたその時、魔法の鏡の力で、モーリスが大変な目にあっていることがわかります。野獣は父親思いのベルを気遣い、魔法の鏡を持たせて彼女を送り出しました。急いで村へ帰ったベル。村人は誰もモーリスの言う野獣の話を信じず、彼を精神病院に送ろうとしていました。ベルは魔法の鏡を取り出して野獣の姿を見せ、モーリスが嘘をついていないことを証明しました。嫉妬に狂ったガストンは野獣を殺そうと、村人を連れて城へ向かいました。ベルが去り、生きる希望を失った野獣。襲撃してきたガストンに殺されそうになりますが、駆け付けたベルを見て気力を取り戻し、ガストンを倒します。ところが崩れ行く城からベルを救おうとしたところを、ガストンに銃で撃たれてしまいます。瀕死の野獣に駆け寄り、2度と離れないと永遠の愛を誓うベル。ですが野獣は息絶え、花弁の最後の一枚が落ち、ルミエールはただの燭台に、コグスワースはただの時計になってしまいます。そこへ現れたのはベルの村にいた物乞いアガット。彼女は、王子や城に魔法をかけた魔女だったのです。全てを見ていた魔女は、本当の愛を知った野獣の呪いを解き、元の王子の姿に戻しました。家来たちも元の姿に、村の人々も記憶を取り戻し、それぞれの伴侶との再会を喜びました。スポンサーリンク最初は傲慢で自分勝手だった野獣が、ベルとの交流により、不器用ながらとても人間的な存在に成長していきます。演じたまたベルを演じたアニメの実写版ということで話題になった本作。アニメに忠実に作ってある美術は素晴らしく、アニメ版から見た方は、そのただ、ルミエールやポット夫人、チップなどの変身させられた家来たちの表情がリアルに寄せてあるため、分かりづらいのが玉に瑕。アニメ版では生き生きした表情を見せている分、こちらでももう少し戯画化して欲しかったというファンもいるかもしれません。しかし、ラストの野獣が息を吹き返して王子に戻るシーンは、うまく伏線を回収していました。まさかアガットが魔女だったとは…。見ていたこちらも魔法にかけられたようですよ。吹き替え版と字幕版の両方見たのですが、どちらのキャストの歌声も美しく、物語の中へ誘ってくれました。ディズニーの名作アニメーション映画『美女と野獣』のリメイクである本作。外見の“美しさ”に囚われ野獣に変えられた王子と、自分の価値観を信じて突き進むベル。細部まで描かれたお城全体の迫力や、ドレスの美しさ、装飾品ぜひを堪能して下さい。Category : Tags : 2017年12月9日より公開の『DESTINY 鎌倉ものがたり』は、黄泉の国に連れられてしまった妻を取り戻しにいく…。 『ALLWAYS 三丁目の夕日』『ドラえもん STAND BY ME』などの山崎 … 映画『ボーダー 二つの世界』は第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門でグランプリを受賞した北欧ミステリー! 『ボーダー 二つの世界』は、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作『Border』を基に映画化 … 『ハリーポッター』を生んだJ・K・ローリングが新たにスタートしたスピンオフ的前日談シリーズの第2弾。 主人公のニュート・スキャマンダーはホグワーツ魔法学校の卒業生であり、少し間抜けな愛すべき魔法動物学 … 鬼才・深田晃司監督の映画『海を駆ける』は、インドネシアで海からやって来た謎の男が起こす奇跡と、不可解な現象を描きます。 バンダアチェの風景の映像美とディーン・フジオカをはじめとする若手俳優たちのみずみ … 『君の名は。』の大ヒットの要因となった重要なモチーフは、「男女の入れ替わり」。 その1つに挙げられる映画『転校生』が注目をあびています。 今回は、思春期の性への興味と不安を切なくも爽快に描いた青春映画 … Today's RankingCategory

映画感想レビュー&考察サイト