荒 鷲 引退 後 は
番付 しこ名 かな読み 部屋; 東幕下五十七枚目: 青狼: せいろう: 錣山部屋: 令和2年6月1日発表. 2020/1/24 20:45 (JST) 1/24 20:55 (JST) updated. ©一般社団法人共同通信社. 大相撲 峰崎部屋・荒鷲 毅の力士情報。本名:エレヘバヤル ドゥルゴゥーン。モンゴル国ウランバートル市出身。昭和61年8月21日生まれ。初土俵からの勝敗などをご紹介。 ラベル黒枠のラベルは、コンテンツホルダー自身が付与したものです。グレー枠のラベルは本文解析で自動付与されたものです。#スポーツ#相撲#文化・芸能#場所#幕内#断髪式#荒鷲新型コロナ特集新型コロナウイルスの感染に関して重要なニュースと各地の動きを掲載 日本相撲協会は大相撲初場所13日目の24日、元幕内で西幕下48枚目の荒鷲(33)=本名エレヘバヤル・ドゥルゴーン、モンゴル出身、峰崎部屋=の現役引退を発表した。荒鷲は両国国技館で記者会見し、左膝のけがを理由に挙げ「日本に来て相撲界に入れて良かった。感謝しかない」としみじみと話した。 2002年九州場所で荒磯部屋から初土俵を踏んだ。17年初場所で白鵬と鶴竜を破るなど金星は計三つ。最高位は東前頭2枚目だった。 思い出の一番は十両で初の勝ち越しを決めた14年初場所14日目の玉飛鳥戦で「泣き崩れて喜んだ思い出がある」と語った。断髪式は5月31日に国技館で行う。powered by閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が「「これは何?」という方は このトピックを見る Follow us on断髪式は5月31日©一般社団法人共同通信社横浜M遠藤「オファーうれしい」ビジャ氏をセクハラで告発ゴルフ鈴木愛はメジャー全英欠場 令和2年7月15日発表令和2年7月13日発表令和2年6月1日発表令和2年4月17日発表令和2年3月26日発表令和2年3月25日発表 最高位: 前頭 2: 本名: エレヘバヤル ドゥルゴゥーン: 生年月日: 昭和61年8月21日: 出身地: モンゴル国ウランバートル市 → モンゴル国ホブド県 番付 しこ名 かな読み 部屋; 西十両二枚目: 栃煌山: とちおうざん: 春日野部屋: 令和2年7月13日発表. 笑顔で記者会見する元幕内の荒鷲=24日午後、東京・両国国技館 日本相撲協会は大相撲初場所13日目の24日、元幕内で西幕下48枚目の荒鷲(33 横綱昇進後は4勝7敗(うち不戦勝が1つある)。2015年5月場所で自身初金星を獲得。2017年11月場所で不戦勝を獲得したが、場所後に引退表明したため、結果的に最後に割が組まれた相手となった(日馬富士の最後の相手は貴景勝)。 Copyright © Nihon Sumo Kyokai all rights reserved. 断髪式は5月31日. 【令和二年七月場所引退】 令和2年7月15日発表. 元幕内の荒鷲引退、感謝しかない .