赤ちゃん 不慮の事故 ブログ
芸能人ブログ 人気ブログ. 妊娠・出産・子育てを通して感じた個人のブログですので娯楽として楽しんでくださいませ♪ Copyright© 大久保三代 オフィシャルブログ「いつみてもSocial Work」 Powered by Ameba大久保三代 オフィシャルブログ「いつみてもSocial Work」 Powered by Ameba その体験記は「ママが留守の間に赤ちゃんをみていたパパが、オムツ替えの時にベッドから転落させてしまい、ママに知られないよう落下事故を隠した」という内容でした。(元記事の全文はこちらからご覧いただけます) 「妻に知らせないことで、その後万が一子供の状態が悪化した場合に� 大久保三代 オフィシャルブログ「いつみてもSocial Work」 Powered by Ameba.

おはようございます。 Smart dogsです。 初めましての方は→こちら 今日は朝から警報が鳴り響いてるほどの雨ですまた雑草が伸びるスギナ撲滅運動実施中… 妊娠・出産・子育てblog 〜人生いつも初めてばっかりだわブログ〜 , 妊娠・出産・子育てを通して感じた個人のブログですので娯楽として楽しんでくださいませ♪ 生後1ヶ月半位の頃スポンサーリンク赤ちゃんを寝室のベットに置く事に成功して無音の家の中にけたたましくそこで見たのはその頃、私は腱鞘炎が酷かった時期でベビーベッドの柵があるとすぐに赤ちゃんを抱きあげてリビングの携帯電話の元へ走って頭が真っ白になり、119をコールしようかと思った瞬間、震えてなかなか押せない指で何とか病院へ電話しました生後1ヶ月半、5分もたたない内に高さ1m位のベットから落ちました!「現在は泣いてますか?」と聞かれ私はとりあえずパジャマだった服をすぐ着替え初診受付をして脳外科で診察してもらうと私はあまりの衝撃と動揺で赤ちゃんがうつぶせで落ちていたのか「おでこが赤くなっているので多分うつぶせで落ちて小児科にまわされました。小児科では赤ちゃんの服を脱がせて外傷を確認、小児科の先生には先生は事故ではなく、虐待の心配もしていると察しました。「あなたみたいな人一ヶ月に一人はいるのよ。」と言われ帰る頃、私は緊張からやっと意識が戻ってきてこのまま死んでしまったらどうしよう。家へ帰宅して、ネットで調べると頭を打つと容態が後で急変する事もあるという記事をみてそれから3日間、夜中も小さい灯りを付けたまま丁度、その頃Pちゃん(旦那)は出張中で不在でそれから3日ほど病院へ通い、赤みがあったおでこも次の日には赤みも引いてまあ大丈夫だろう。と先生に診断してもらっても、その一件以来赤ちゃんの様子や出来事に関しては、とても過敏になり今でも思い出すだけで胸が苦しくなります。そしてネットで調べると、私と同じ理由でベビーベッドの柵を下ろしたままの方も私も未だに謎ですが、いつも動かない赤ちゃんと思っていても私は無知で考えが甘く、悔やんでも悔やんでも事故は消せません。なので、もし知らないママがベビーベッドの柵を下ろしたままだったらうちのベビーは 朝7時に起床、夜7時くらいに就寝。 朝と夜の区別をつけられるよう … 赤ちゃんあるあるネタ?! 知ってる人は知っている。 生まれたての赤ちゃんは涙がで … 我が息子、ベビーの成長記録メモです! 6月18日 祝!二ヶ月!回るメリーのぷーさ … 我が息子、ベビーの成長記録メモです! 8月18日 祝!4ヶ月!おっぱいのんでゴロ … よく、赤ちゃんは3ヶ月までが大変!と聞きます。 生後1ヶ月の頃に区から派遣されて … 結局入院中は2時間眠れればもう十分という位で 睡眠不足のまま、いよいよ退院の日を … 1ヶ月健診の時、先生に 赤ちゃんはいつから外出できますか? 外出してもいいのは何 … 我が息子、ベビーの成長記録メモ、その後メモを終わりにした理由です。 9月18日  … 産後生活の鍵はベビーがどれだけ寝てくれるかで左右される!(と思う) 赤ちゃんある … 産後の慣れない育児にオロオロしている時 里帰り先の実家にいた甥っ子は4歳で 保育 … 2015 All Rights Reserved. 不慮の事故 生後1ヶ月 入院・手術 二人目の子のお話です。 お宮参りも無事終わり、一ヶ月検診の帰りに事故はおこりました。 上の子は、だんなの実家に預けていたので下の子と二人 帰りにスーパーで買い物して精算を終えて、スーパーの駐車場で このまま死んでしまったらどうしよう。 ”子どもの不慮の事故、溺水に注意” | 大久保三代 オフィシャルブログ「いつみてもSocial Work」 Powered by Ameba. Ameba新規登録(無料) ログイン.
ホーム ピグ アメブロ. 赤ちゃんのベビーベッドからの転落事故が多い事を知りました。 帰る頃、私は緊張からやっと意識が戻ってきて 赤ちゃんを抱っこした瞬間に先生や看護師さんの前で泣いてしまいました. ☆子育ての本をたくさん読んで、気になる情報をメモするブログを始めました☆ 僭越ながら【子育ての本をたくさん読むブログ】 (10/27追記)子どもの死因1位は不慮の事故。命を落とさない為にチェックすべきこと。 - 僭越ながら【1テーマの本を30冊読んで勉強するブログ】 の続きです。